• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚後の生活をまとめました! 後悔しない離婚後の人生設計とは?

ライフスタイル

離婚後の生活をまとめました! 後悔しない離婚後の人生設計とは?

シンママStyle編集部

 

離婚を考える時に若い人と熟年では明らかに離婚後の生活には違いがあることです。離婚をする上で経済的な自立ができるかどうかは大きな問題です。若ければ貯金も少ないでしょうし、シングルマザーには国や自治体などから生活支援がありますが、十分な生活を送れるだけの金額ではありません。

 

もちろん慰謝料や養育費は必ずもらえるように手続きをしておくことは忘れずに! 離婚後の生活はいかにして安定した収入を得るかがポイントです。それでは離婚後の生活で押さえておくポイントについて解説します。

 

■離婚後に後悔したこと

 

後悔その1は「金銭面の妥協」ではないでしょうか? 早く離婚をしたいために安易な妥協をして離婚後の生活設計を考えていなかったために貧困の生活を送ることに。

 

やはり離婚後の収入源を考慮して離婚条件を主張する必要があります。特に専業主婦だったシングルマザーは仕事を見つけるだけでも一苦労。子供の預け先を早く決めて仕事を探さないと貧困は続きます。後悔その2は「孤独」です。

 

確かに結婚している時は悩みを抱え、喧嘩をしたり、ストレスを感じながら生活をしていました。離婚してやっと自由になれると思っていたのに、虚しい、やる気が起きない、寂しいという感情が湧き上がる人も少なくありません。

 

結婚している時は夫が聞いていなくても愚痴ることでストレスは解消できました。モヤモヤしながらも規則正しく生活も送れていました。特に将来への不安もなく夫の収入でやりくりすればそれなりの生活をできました。しかし、収入源がなくなりわずかな生活支援と給料(就労できれば)だけ。将来への言いようのない不安に押しつぶされそうになるのです。

 

■離婚後に後悔しない方法

 

離婚して後悔しないように、離婚前から綿密に計画を立てましょう。金銭面については専門の弁護士に相談をすれば財産分与も含めて簡単にシミュレーションができます。そして婚姻後、夫婦でどれだけ蓄財したかしっかり把握しましょう。

 

何よりも大切なのは離婚したから仕事を探すのではなく、早く就労をすることです。仕事が決まっていれば離婚後の生活設計が立てられますし、子供を預けるのも有利になります。離婚したから孤独を感じないためにも、仕事に精進できるのは大切です。

 

新しい生活を生き生きと送るためにも地域社会で人間関係を築いておくことをおすすめします。

 

■生きがい

 

シングルマザーの生きがいは子供の成長ではないでしょうか? 離婚後の生きる支えになるのが子供ですが、いずれ子供も大人になり社会へ飛び立つと、シングルマザーも一人になります。

 

再婚という選択肢もありますが、子育を必死にやってきて恋愛する時間もなかった人もいるでしょう。子供が自立したらまた孤独感に苛まれないように、趣味や新しい生きがいを見つけておきましょう。

 

地域社会の人間関係はどんな時でもあなたを支えてくれるはすです。また子供に迷惑をかけないように日頃から節約をして一人でも生きていけるように準備をしておきましょう。

 

☆まとめ

 

離婚してから感じるのは生活設計を綿密に立てて、金銭的な準備が必要だということです。何も考えずになんとかなるだろうと安易な条件で夫と離婚することだけはやめましょう。しかし、早く離婚して良かったと感じる人もいますが、そういう人は離婚後の生活をあらかじめシミュレーションできた人です。

 

専業主婦は離婚してから仕事を探すには不利です。小さな子供がいればなおさらです。その点も踏まえて離婚前から仕事を見つける、自己啓発で資格を取得するなど準備をしておきましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!