ライフスタイル

離婚後ぽっかり心に空いた穴を埋めるために

シンママStyle編集部

 

離婚後に訪れる心にぽっかりと空いたような虚しさを感じたことがありませんか? なんだかやる気が起きないし、体もだるい、一日中ぼーっと過ごしている人は少なくありません。それは多くの人が感じる喪失感です。でもいつまでもこのままじゃいけませんよね!

 

そこで喪失感の原因とその克服方法について解説をします。

 

■喪失感の原因

 

これまでは夫や子供と一緒に家族と過ごしていたのに、離婚をしていきなり一人別の世界に追いやられた状態になれば誰でも孤独感に苛まれ、生きる希望すらなくしてしまいます。また子供と一緒にいてもこれまでにはなかった漠然と将来の不安を感じ始めるとどうしようもなく虚しくなるのです。

 

女性にとっては離婚によってこれまでの生活と一転して質素な生活。欲しいものが買えない、仕事もなかなか見つからない不安な毎日。こうした見えない不安や自分が子供を養って行く不安も無気力になる原因です。

 

人によっては別れた夫への恋慕を感じる女性も。そした女性は後悔ばかりして1日を過ごすことになります。夫だった人との楽しい生活を思い出し、失ったものの大きさを感じるのです。

 

でもこうした感情はごく自然なことなんです。そうした虚しいと感じる時間もある程度は必要なこと。なぜなら過ちを見つめ、二度と同じことを繰り返さないようにするためには大切な時間だからです。

 

■ぽっかり空いた心から立ち直る方法

 

離婚原因は様々ですが、立ち直りが早いのは夫の理不尽な行いが原因で離婚することになったケースです。こうした場合は女性の方が早く別れて、新しい生活に前向きなタイプが多いので喪失感はほとんど感じないのです。

 

一方で離婚後は喪失感に押しつぶされそうになる人も時間の経過とともに気持ちが落ち着いて来ます。

 

また生活環境を変えるのもいいでしょう。例えば持ち物を変えたり、部屋の模様替えをしたり、いつもと違う環境にすれば気持ちも落ち着きます。一人で悩んでいないで友達に相談するとか、専門のカウンセリングを受けることで改善する人もいます。

 

■これで孤独感から解放された

 

失ったものはもう戻りませんが、その代わり時間と自由を手に入れたと考えたら気が楽になったという人がいます。結婚している時は相手のためと自分を抑えて欲しいものや自分の意思で何かをすることがなかったから、ようやく自分の好きなことができる時間ができたと喜んでいます。

 

気持ちをうまく切り替えられない時は体を動かして立ち直れた人もいます。ウオーキングやジムで汗をかくだけでも充実感が味わえます。自律神経が整えられれば次第に気持ちも落ち着いて、孤独感から解放されます。

 

■子供がいるから頑張れる

 

離婚は子供にも大きな影響を与えますが、喪失感の中にいる母親に対して子供はいつも笑顔で接してくれます。この笑顔を守れるのはもう母親だけです。前向きな気持ちになって子供との先の人生を少しずつ考えてみませんか?

 

子供もいずれ独り立ちすれば、それこそ一人ぼっちになるかもしれません。パートナーを見つけるのもいいでしょうし、何か趣味を見つけると明るい日々が過ごせますよ。

 

☆まとめ

 

離婚後に湧き上がる喪失感は自然な感情です。でも離婚を決めた以上、覚悟を決めて前に進んでいくしかありません。この喪失感と向き合い乗り越えるためには、あなたがこれからどう生きたいのかを描くことから始まります。

 

子供がいれば子供との未来を考えてみましょう。子供を守り育てて行くのはあなたしかいません。子供の成長が生きがいでもいいじゃないですか? あなたが思い描く未来に向かって、まずはできることから無理せずに行動を起こしてみませんか?

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!