離婚する時、結納金は返さないといけないの?

結納金というのは欠かせないもので、日本の慣習でもありました。今回はその結納金について調べてみましょう。

タグ: ,

 

最近の結婚事情というのは、昔と比べると大きく違ってきているように思えます。大昔にさかのぼると、顔も分からない相手と結婚の承諾をし、式で初めて相手の顔が分かるなんてことも…。今では考えられませんね。次第にお見合いと言うのが主流になってきて、仲人さんという人が活躍した時代もありました。男性と女性が釣書というものを交わしてお見合いをするのですが、全て仲人さんが取り仕切っていました。

 

その頃は恋愛なんてまだまだ許される時代ではなかったようで、結婚は家と家との結びつきという感があって、政略結婚というのも結構あったようです。そんな中結納金というのは欠かせないもので、日本の慣習でもありました。今回はその結納金について調べてみましょう。

 

■結納とは?結納金って何?

 

結納は婚約が成立したことを示すもので、古くから日本の慣習として受け継がれています。元は男性側が酒肴を持参して相手の家を訪れ、飲食を共にする儀式のようなものでした。それが何時しか「結いの物」を納めるということから、結納と呼ばれるようになったそうです。

 

結納金というのは結納品にプラスされたもので、結婚の準備金として贈られるようになりました。結納品というのは地域によって差があり、品目も地域性があるようです。昆布やスルメなどの縁起物を中心に、結納金も一緒に交わすことで結納が成り立ちます。

 

贈られた女性側はそのお金でお嫁入り道具を買ったりし、使い道は任されていました。金額も地域によって異なりますが、男性の月収の2~3倍だと言われています。偶数は割れるということから別れのイメージがあり、30万、50万というふうに奇数にするのがしきたりとなっていました。100万というのが定番であって、それ以上でも以下でも特に外れているわけではなく、100万が目安になっていました。

 

現代ではこの結納の儀式を省くという傾向があり、結婚式自体も簡素化となっています。少人数制や家族婚のような形式が好まれるようになり、昔のような派手婚と言われるような式は少なくなっています。お金を新婚旅行や住居に当てた方が合理的だという考えがあるからでしょう。大勢のゲストを招待する式は、もう過去のものなのかもしれません。

 

■離婚によって結納金は返還?

 

◆婚約破棄の場合は倍返し!

婚約が破棄された場合、倍返しをするというのを聞いたことがありませんか?結納金は、結婚を前提にした贈与とみなされます。ですが婚約がなければなかったものですよね。その婚約が無くなってしまった場合はどうなるのでしょうか?

 

この場合結納を贈った男性側から破棄をされたなら、結納金は返還する必要はありません。けれど女性側が破棄をしたなら返還する義務が生じます。一般的な事例としても倍返しは行われています。昔の風習のように感じますが、今でも違約金のような扱いで倍返しは成立しています。

 

◆離婚した場合の結納金の扱いは?

それでは離婚後も、結納金は返還しなければならないのでしょうか?答えとしては返還する義務はありません。たとえ短期間でも婚姻期間があるのなら、返還しなくてもよいのです。あくまで結納金は贈与とみなされ、結婚の準備金としての扱いだからです。

 

男性の中には短期間の結婚生活であるのだからと、結納金や婚約指輪などの返還を求めてくるケースがあります。女性側が拒否をすると裁判になることもあります。

 

判例としては結婚して数日というのなら返還を認められるケースもありますが、どんなに短くても婚姻期間があったという事実があるなら返還義務はありません。結婚の期間が問題ではなくて、結婚をしたかどうかというのがポイントですね。

 

■まとめ

 

実際倍返しをした知り合いがいますが、周りに迷惑を掛けるのを分かった上での行動だったようです。親族からはかなり責められ、後に身勝手だったと言っていました。それでも今の夫の強引とも言えるアプローチに負けたというか、情熱に惹かれてしまったというのが真実だそうです。

 

子供にも恵まれ幸せそうな彼女を見ていると、これも運命?とか思ってしまいますが、婚約を破棄された婚約者がいたことは事実なのです。彼女と同じように幸せになっていることを願うばかりです。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら