離婚ランキング世界でワースト1位はどこ!?その原因とは?

今回は世界規模で【離婚】というテーマについてお話したいと思います。

タグ: , ,

 

その国の特色や国民性などで離婚件数が変わると言うと少し驚いてしまいますよね。日本の結婚制度は一夫一妻ですが海外には一夫多妻の制度を設けている国もありますよね。日本の常識と世界の常識が違うように、海外から見ると日本の風習も少し変わっていると思われているのかもしれません。

 

まず、日本と海外での結婚に対する価値観の違いや離婚制度の違い、また離婚後の親権制度の違いや行政的支援など挙げだしたらキリがないほどに違いが出てきます。そこで今回は世界規模で【離婚】というテーマについてお話したいと思います。

 

■離婚が最も多い国はどこ?!日本は離婚率が高い?高くない?!

 

まず、離婚の多い国ランキングをお話させて頂きたいのですが、皆さんは最も離婚が多い国と聞くと離婚大国のアメリカを想像しませんか? 日本と比べるとアメリカの面積は約25.5倍、世界で第3位の広さをもちますので、もちろんその分人口も多いわけですから離婚件数が多くても仕方がありません。

 

そして実際のところ、総務省統計局2018世界の統計によるとまず世界での婚姻率がコスタリカ5.5、アメリカ6.9、キューバ5.5、ポルトガル3.1、日本5.0となっています。

 

次に離婚率を見てみるとコスタリカ2.7、アメリカ2.5、キューバ2.8、ポルトガル2.1、日本1.7となっています。

 

この調査から見ても分かる様に、日本の離婚率は世界で見え見るとそう高くはないように思えますが昔の日本と比べると、確かに増えたという事になります。

 

■国際結婚は離婚率が高い…というのは本当?その真相とは

 

厚生労働省の【平成28年度 人口動態統計調査】の婚姻に関する統計によると、平成27年度中に結婚したカップルは63万5156組でその内2万976組が国際結婚でした。

 

そして、結婚の離婚率が高いと言われている原因として挙げられているのはやはり文化の違いが大きいのではないでしょうか?

 

同じ日本人同士でも、育ってきた環境の違いら価値観の違い性格の不一致が挙げられ離婚するケースが多い中、お互いが異国の文化に馴染むのは相当な努力が必要と言えるでしょう。

 

そして、日本で結婚するのか海外で結婚するのかでも大きく変わってきますよね。それは国自体で結婚という制度そのものが違うからです。皆さんも知っていると通り、日本は一夫一妻制ですよね、ですが海外では一夫多妻制を採用している制度もありますし、日本では結婚式などを開くにしても開かないにしても婚姻届けを役所へ提出すれば結婚できます。

 

ですが海外では結婚する事自体に金銭が発生する場合があり、正式に籍をいれず事実婚を選択する…なんてこともあるんです。また、結婚式の際のご祝儀ですがこれは日本独特の文化でして、海外ではこの文化がありません。その為、結婚式自体が当事者たちに相当な負担になる場合もあります。

 

こんな風にお話してしまうと、結婚自体を否定している様に思えてしまいますが皆さんは結婚=幸せ とハッキリ答え事ができますか?

 

人は幸せには鈍感な生き物とされていますが、QOM【Quality Of Marriage】という結婚の幸福度指数を図るシステムが存在します。

 

質問は性別・年齢・既婚か未婚か・理想の子供の人数等という簡単なものから始まり、パートナーとあなたの性格は似ていますか? あなた方夫婦の間にはきちんとしたプロポーズの言葉や行為はありましたか? などからなる80問の質問形式になります。

 

これは既婚者のみならず、未婚でパートナーのいる方も対象となりますので興味のある方は是非一度診断してみてはいかがでしょうか? もしかすると、自分でも気付かなかったことに気づけるかもしれませんよ。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

タグ: , ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら