ライフスタイル

備えあれば憂いなし!離婚を切り出す前にやること4選

シンママStyle編集部

Divorce.

 

離婚を決意していよいよ夫に切り出す…その前にやっておくべき準備は済ませましたか? この準備をしておくのとしておかないのでは、もらえる財産に差が出たり、離婚後の生活をスムーズにスタートできるかどうかにも影響してきます。

 

また、準備をしっかりとしておくことで、自分自身の気持ちも整理できます。離婚に向けて前向きに動いていくためには、必要な用意を事前に済ませておきましょう。今回は、離婚話を夫に持ちかける前に行っておきたい準備を4つにまとめました。

 

■離婚後の経済的自立に向けた準備

 

特に、現在専業主婦の方やパートの方は、離婚後の生活を見据えて金銭の準備をしておきましょう。新しい住居に入る際には、敷金や礼金、引越し費用や家具の購入などでまとまったお金が必要になります。

 

離婚を切り出した後、相手の合意がスムーズに得られれば離婚成立までそう時間がかからない場合もあります。そのため、金銭的目処は離婚を切り出す前につけておきたいところです。

 

貯金や職探しなどは早めに始めておくに越したことはありません。今すぐ職に就くことが状況的に難しいようなら、資格などのスキルを取っておくのも一つの手です。

 

■夫婦の共有資産のリストアップ

 

離婚の際の財産分与は、夫婦が婚姻中に築き上げた資産であれば名義にかかわらず分割することができます。割合は、共働きではなかったとしても原則1/2。専業主婦やパート勤務だった場合は、基本的に夫から資産を譲り受ける側になります。

 

だからこそ、離婚を切り出した時点で所得隠しをされてしまうケースもあるようです。例えば、知らないうちにどこかの銀行で隠し口座を作られ、そちらに財産をこっそり移されてしまうことも。通帳などの残高はなるべく先にコピーを取って証拠として押えておきましょう。

 

また、不動産や車、保険なども分与の対象になります。ただ、同じようにローンや借金なども分与の対象となってしまうので、財産分与でもらえそうな資産を見積もる際は注意してくださいね。

 

■慰謝料の請求に向けた証拠集め

 

相手からDVやモラハラ、不貞などがあった場合は、慰謝料を請求できる可能性があります。DVやモラハラなど危険な状態にあるときはできる限り早く離れることが最優先ですが、不貞行為などは、できれば離婚話をする前の、まだ相手に油断や隙があるうちに証拠を掴んでおくのがおすすめです。

 

証拠になるのは、メールや電話履歴、写真や不倫を認める言動の録音データなどです。全て自分で掴むのはなかなか難しいので、場合によっては探偵などのプロに依頼するのがおすすめです。

 

■離婚後の生活をイメトレする

 

離婚した後は、どんな生活をしてどんな家庭を築いていきたいかをイメージしておきましょう。特に子供がいる方は、離婚後の生活を安定してスタートさせることがとても大切です。離婚を切り出してから成立までが思いのほかスムーズに行ってしまうと、意外と心の切り替えが追いつかないことがあります。

 

シングルマザーとして、どうやって子供と暮らしていくかは先にイメージしておきましょう。しっかりと思い描けていれば、環境の大きな変化の中でも落ち着いて新生活を始められるはずですよ。

 

☆まとめ

 

子供がいる夫婦にとっては特に、勢いで離婚を切り出してしまうのはご法度です。離婚は子供に少なからず影響を及ぼしますが、できる限り傷つけないためにはしっかりと事前準備をしてスムーズに離婚手続きを進めたいところ。

 

これらの準備をしておかないと、離婚協議が泥沼化したり、離婚後にも尾を引いて揉めたりする原因になることがあります。あとあと離婚協議の結果に後悔しないためにも、今回ご紹介した離婚話の前の準備を参考にしてみてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!