ライフスタイル

離婚で分籍!後悔しないための分籍方法とは

シンママStyle編集部

 

戸籍を分ける時に提出するのが「分籍届」です。分籍届を出すと、届出人の戸籍が元あった戸籍から分けられ、届出人を筆頭者にした新たな戸籍が作られます。

 

ではどういった時に「分籍届」が提出されるのでしょうか? 離婚後の戸籍の取り扱い方がよく分からない方に解説していきます。

 

■分籍届が用いられる場合

 

1離婚を契機に分籍

 

一番用いられるのが離婚時の時です。婚姻時に姓が変わった人(妻)は離婚時に旧姓に戻りますが、子供がいれば子供は夫の姓を名乗ることになります。

 

そこで子供も母親の旧姓にしようとしても戸籍の筆頭者が母親の両親(父か母)の場合は、孫である子供はそのまま母親と一緒の籍には入れません。そのため母親が「分籍届」を提出して新しい戸籍を作り、そこに子供の籍を移すことになります。

 

一方で、就学している子供の姓を変更すれば支障があると思う時は母親が婚姻時の姓を名乗ったままで「分籍届」を提出して新しい戸籍に子供の籍を移すことになります。この場合、元夫と同じ姓になりますが完全に別の新しい戸籍になりますので社会的に不都合は生じません。

 

2遠隔地に本籍があり戸籍の証明を取得しやすくする

 

戸籍が本籍地にあり、遠方である場合に戸籍謄本などを毎回取り寄せるのは手間です。こうした場合、親の戸籍を分けて自分の戸籍を新たに作る方法があります。ちなみに親との戸籍の関係は変わることはありません。

 

3親が再婚をして子供が戸籍から抜ける

 

親が再婚をする際に、子供が成人になっていれば親の再婚に配慮して戸籍を分けておくこともあります。

 

4実家から出て一人暮らしを始める

 

戸籍は親と子供の2世代で作られますが、子供が家を出て一人暮らしを始める際に住民票と戸籍を分けることもあります。分割したからといって特にメリットはありませんが、独り立ちできたという意味合いで用いるケースもあります。

 

■戸籍から婚姻歴を消す

 

分籍届を出すことで今までの戸籍から分離して新しい戸籍が作られます。女性の場合、離婚をして分籍をすれば離婚した履歴が消えることになります。こうして書類上の記録が消えることで新しい気持ちで出発ができると感じる人も少なくありません。

 

一方、男性の場合ですが、婚姻時は戸籍筆頭者になっているため、別れる戸籍がないことになります。そのため男性は分籍の必要はありませんが、離婚歴は残ることになります。それを消すには転籍しか方法がありません。

 

■分籍手続き

 

分籍届ができる人は成人に達している人で、筆頭者でないこと。未成年者(子供)の場合は代理人(母親)でも可能です。

 

●分籍のメリットとデメリット

 

メリット

分籍届を出せば届出人を筆頭者に新たな戸籍が作られ、本籍地は国内ならどこでも自由に選べます。分籍届を出しても法律上の親子関係が無くなるわけではありません。

相続や扶養義務にも支障はありません。

 

デメリット

 

一度分籍してしまうと後から元に戻すことはできません。分籍届によって戸籍の本籍地が変わると戸籍の存在していた市区町村が増えることになります。

 

特に相続の際には相続人の有無を確認する必要から15歳頃から死亡時までの戸籍を遡って調べる必要があります。分籍届で市区町村が多岐に渡るとそれだけ調べるのに時間がかかる事態になります。

 

☆まとめ

 

シングルマザーの多くが離婚を契機に分籍届の手続きを行います。分籍は届出人を筆頭者とする新しい戸籍を作ることになり、元夫の戸籍から子供の戸籍を移すことができます。

 

しかし、分籍した戸籍を元の籍に戻すことはできないので運用する際は十分考えてからにしましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!