ライフスタイル

離婚原因の配偶者に復讐したい! 効果的な復讐方法とは?

 

夫の浮気が発覚して離婚をする妻はなんとは夫に復讐してやりたい、懲らしめてやりたいと思うでしょう。効果的な復讐方法は自分にとって有利な離婚条件を引き出すことです。

 

いかに冷静に着々と離婚準備を進めた者だけが復讐を果たせた人になれるのです。具体的に「復讐方法」についてみて行きましょう。

 

■賢い復讐方法

 

相手の浮気が発覚しても感情的になったりすることが復讐ではありません。復讐にもいろいろあるのです。それは自分が幸せになることで成就されます。どうせなら、相手が大きな痛手と感じるくらいの慰謝料を請求しましょう。

 

離婚後の生活は特に子供を抱えて女性が生きて行くには厳しいのが現状です。その為、慰謝料で取れるだけ取ることで少しでも生活が安定する方が大切です。証拠を集めて慰謝料請求に大いに有利になるように作戦を立てましょう。

 

■作戦を練る

 

闇雲に相手を責め立てても証拠がなければ、シラを切るだけです。冷静に証拠を集めるには自分で動くことも必要ですが探偵を雇うことも効果があります。探偵に依頼すれば夫数日調査をすれば浮気はすぐにバレてしまいます。密会する現場を撮影したりしますから動かぬ証拠になります。

 

さらに証拠を固めるために夫のメールや領収書、写メなどもおさえてくことをおすすめします。意外と無頓着な男性は証拠品を家庭に持ち込んだりするものです。

 

なお、いきなり探偵を雇うのは不安だと思う方は離婚問題を得意とする弁護士を通じて紹介してもらう方法もあります。この料金なら良心的で、高額な請求をされる心配はないと思います。

 

■慰謝料で償わせる復讐

 

夫婦の話し合いだけでは解決しない場合は、婚姻関係が継続し難いと家庭裁判所で判断してもらい離婚はできます。慰謝料も夫だけではなく、その相手にも請求ができます。家庭ある男性と不倫関係になるとどれほど痛い目に会うか教えてあげましょう。

 

慰謝料の取り決めで大切なのは公正証書として残すことです。あとで言い逃れたり、未払いになって争う際に公正証書が強力な効果を発揮します。給与の差し押さえや財産没収など裁判所の強制執行に必要なのが公正証書です。

 

■離婚前におさえてくポイント

 

今後の生活は離婚をする際に大切なポイントです。

 

・生活費

・住まい

・子供の養育費

・扶助的財産分与

 

離婚時には婚姻費用が請求できます。これには居住費、食費、交通費、医療費、交際費、教育費など生活を維持する上で必要な経費として離婚原因を作った配偶者に請求ができます。

 

特に引越しする場合に住宅を借りるのにまとまったお金が必要になります。また保証人や収入証明書も必要になります。その点も話し合いで離婚前に決めておきたいものです。

 

もちろん配偶者の収入により金額はばらばらですが、当面の生活費として必要なものです。扶助的財産分与は子供の養育費以外の、あなたの生活費ですから仕事が見つかり安定した生活が送れるまでおよそ3年間程度は前夫から支払われます。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!