• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚に伴う別居のメリット・デメリット!別居を考えている方は必見です

離婚に伴う別居のメリット・デメリット!別居を考えている方は必見です

今回は離婚に伴う別居のメリット・デメリットをお話したいと思います。

タグ: ,

 

離婚を考えている方はすぐにでも行動を起こそうとしますよね。ですが、その行動は本当に正しいのでしょうか?離婚理由も様々ですし、その家庭により問題も様々だと思います。ですが、離婚をする前に本当にやっておいた方がいい事、また確認しておいた方がいいこと、そして離婚後の生活や別居も視野に入れた計画が大切になってきます。

 

そこで今回は離婚に伴う別居のメリット・デメリットをお話したいと思います。

 

■別居とは離婚前提で行うもの!?まずは離婚に伴うメリットをお話します!

 

家庭内別居や別居婚、別居というだけでも色々な意味合いがある現代ですが、ウィキペディアによると別居とは夫婦や親子などの家族が別々に住んでいる状態とされています。また、夫婦関係の悪化による別居は離婚への道とされており、同じ家庭内で暮らしてはいるものの、不和な家族には家庭内別居という言葉が使われているようです。

 

一番最近のニュースで言えばユースケ・サンタマリアさんが実は離婚をしていたという事を発表しましたよね。婚姻期間中の別居期間はおよそ10年間と言われており、長い間悩んだという事が見受けられます。ではなぜすぐに離婚せずに別居という形をとっていたんだと思いますか?

 

芸能人、俳優というとても忙しい職業柄ですしただ単に忙しかったという事も考えられますが10年という月日はあまりにも長すぎてどちらかに情があったと考えるのが一般的ですよね。一度は愛し合い夫婦になったのですから、あり得ない話でもありません。芸能関係者の話によると、調停離婚など揉めていた訳ではなく話し合いの末の離婚だったと報じられていましたよね。この様に、別居=離婚というのが一般的で自然な流れになっているのでは?と感じました。

 

そして、別居をする事で起こるメリットですが、やはり一番のメリットとして相手と同じ空間にいないで済むという事や、お子さんがいる場合は次の生活の準備が始められること、パートナーがいない環境での生活リズムを作れることなどが挙げられます。

 

また、別居中でも婚姻中に変わりはありませんので婚姻費用の請求も可能です。生活費の足しにしつつ新しい生活に向けて確実に行動する事ができますよね。ですが逆に考えてみると、離婚を迫られているが離婚をしたくない!という場合には別居をしない事で道が開かれるのかもしれません。

 

■別居をすると起こる面倒な事とは?経験者の感想も含めてお話します

 

別居をする事でのメリットは次の生活へ向けて準備が出来る点が大きいとお話ししましたが、別居のデメリットとしてはやはり別居をすると後戻りが出来なくなるという点です。

 

別居期間が長ければ長い程(5年~10年)この別居期間を理由に離婚出来る事をご存知でしょうか? もし、離婚したくはないけれど気持ちの折り合いがつかないまま月日だけが流れてしまい逆に相手方に愛想を尽かされ離婚を請求されてしまった!なんて話もよくあるものです。

 

また、財産分与の件でも別居をしている、していないは大きく関わってきます。財産分与とは夫婦が共同生活を行う上で築いたものが対象となる訳ですが、別居期間に築いた財産は完全に単独財産になり、財産分与の対象からは外れてしまいます。

 

ですが、だからと言って家庭内別居をしているとお子さんにとって家庭内が不和な状態を見せ続けるのは悪環境ですし、なにより家庭内別居では裁判時などに離婚をする材料にならない場合があるんです。どちらか一方が家庭内別居を否定してしまえばそれはなかった事になるので物理的に離れる事が大切です。

 

別居のデメリットとして大まかに挙げてしまうと、別居をすると離婚に向けて着々と進んでしまい後戻りが出来なくなる、別居期間中の財産は財産分与の対象にならないという点です。

 

以上を踏まえて今一度考えてみるといいかもしれません。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

 

タグ: ,