ライフスタイル

夫のプライドと妻のプライド、離婚するかしないかの線引きは?

シンママStyle編集部

 

男女が結婚して、妻は夫に対して「なんで?」と思うことがあるし、夫も妻に「どうして?」と思うことがあるでしょう。これは、男女の考え方やプライドの性質が違うからです。最悪の場合は、お互いのプライドが離婚に発展してしまうことがあります。どういったケースがあるのか、その線引きや離婚を回避できるポイントについてみてみましょう。

 

■夫のプライド

 

夫は妻に依存している場合が多いかも知れません。家庭内での問題はすべて自分がやったかのように見せることがありますが、半分はプライドあるいは見栄をはってそうしているところがあります。妻に依存しているのに、それを隠そうとしているのが、男のプライドともいえるでしょう。

 

周りからかっこよく思われたい、見せたいと思うのが夫のプライドです。また、フルタイムで働く夫なら、働いていることそのものや経済力がプライドを支えていることがあります。

 

男の本質として、本当は弱くて子どもっぽいところがあるのですが、「女性に強く見られたい。」とか「主導権を握りたい。」とか思うところがあります。そのため、男っぽくあるためにこれぐらい怒っても許されるだろうと甘えてしまう傾向があります。そこで、妻に色々と文句を言われると、自尊心が傷つけられたような気がするのです。

 

■妻のプライド

 

女性はライバル意識が強く、ライバル視する女性に負けたくないという意識があります。職場の部下と浮気した夫が許せずに離婚した人がいます。一時は子どものためにと踏みとどまりましたが、女性としてのプライドが許せず、離婚を選択したといいます。

 

女性の本質に、「愛されたい」「認められたい」と思うところがあります。愛されていないように感じると、言葉や態度でそれを確認しようとします。たとえば、夕食をせっかく作ったのに夫が仕事のために帰宅が遅くて食べられなかった場合、夫は原因を説明してそれで解決したと思います。しかし、妻の方は気持ちがすっきり晴れていません。しかし、プライドが邪魔してその本心を隠してしまうことがあります。

 

■プライドのために離婚するケース

 

男には男の、女には女のプライドがあります。それを傷つけられると不満がたまり、離婚に至るケースがあります。どんなパターンがあるのでしょうか、一部を紹介します。

 

  • 男女の考え方の違いから離婚に発展するケース

最初は性格が好きで結婚した相手のはずが、考え方の違いから嫌いになってしまうパターンです。考え方の違いから、相手を責めたり認めなかったりすることが回数を重ねると、ついに夫婦関係に亀裂が入ってしまう可能性があります。

 

  • プライドの高い夫が妻に自分の考えを押し付けるケース

度を過ぎるとDVやモラハラ(モラルハラスメント)になってしまい、離婚するケースもあります。男は子どもっぽいところがあると言いますよね。しかし、子どもっぽいとはいっても、全て自分の意のままではないと暴れるような、精神的に未熟な夫の場合は、プライドが高いというよりは、単純にモワハラ夫と理解しても良いでしょう。モワハラ夫に我慢する必要はないのです。

 

  • 他人の収入と比較されてプライドを傷つけられるケース

妻から、「○○さんのだんなさんは、収入が良くてうらやましいわ。」とか「隣の家の方は、あなたより稼いでいるから立派な車を持っている。」とか他人の収入と比較するのは、夫としてのプライドをずたずたに切り裂いているようなものです。夫は仕事が自分の役割をほぼ占めているようなものなので、自分の役割を全否定されたような気持ちになります。妻は、こういう時、割と冷静で正論を言っていることがあるので、言い返せず我慢の限界に達してしまうことがあります。

 

■プライドの高い夫のせいで離婚を避けるためにできること

 

男性はよく、本質的に単純な生き物だと言われていますよね。ほめたりおだてたりすれば調子に乗り、さげすんだり否定したりすればへそを曲げます。この法則を活用すれば夫婦関係を円満に保つことができます。

 

  • 「面と向かっては夫を立てて、裏では操る気持ちでいる」

うまく夫をおだてながら、裏では妻が思うように動かす、これが賢い方法です。夫の言動一つにいらいらして怒りたくなることもありますよね。我慢できるところは我慢して、なるべく夫を立てるようにする努力が必要です。男はプライドが高い生き物だと理解して、最終的に自分の思う通りに動かすことができれば妻の勝ちなのです。

 

  • 「妻も同等に働く」

妻が専業主婦である場合、夫は自分が働いているから、自分のおかげで生活ができている、とえらそうにすることがあります。主に家計を支えている大黒柱が自分であるという古いプライドです。妻としては、主婦として母親としてのプライドがあるでしょう。自分は家事もして育児もして、あなたは仕事だけじゃない、と言いたくなりますよね。そこをぐっと我慢するか、知人などにぶちまけてストレスを発散するという方法もあるでしょう。あるいは、自分も働くという方法もあります。自分が働いてしまえば、夫はその点に関してえらそうには言えなくなるでしょう。

 

  • 「意思の疎通を図る努力を」

言わなくてもわかるでしょう、というのは夫婦の幻想です。言わなければわからないのが夫婦です。男性は特にそういうものです。はっきり言わないとわからないし、妻が期待することを口にしてくれない傾向があります。愛情表現などがその例です。具体的にできることからどうしてほしいかを言葉にしましょう。夫婦でまじめに話し合いの場を持つことが離婚回避のステップです。

 

☆まとめ

 

単純な男のプライドでいらいらすることもあるでしょう。そのストレスをどう発散するかということも大切です。それ以外に、夫婦関係を円満にするためには、お互いの考え方が理解できなくても容認し、プライドを守ってあげるくらいの気持ちの余裕が必要かもしれません。もちろん、我慢の限界というものもありますし、離婚になることもあるかもしれません。そうなる前に、男女の本質の根本的な違いを理解してみることから始めてみませんか。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!