ライフスタイル

離婚するとビザはどうなる?これが申請手続きの全て

シンママStyle編集部

 

近年は外国人と結婚する日本人を増えています。その反面、離婚も増加傾向にあります。日本人と離婚をした場合、外国人はそのまま日本に定住できるのでしょうか?

 

何か必要な手続きがあるのか見てみましょう。重要なのは入国管理局に審査をパスすることです。

 

■離婚後、外国人は日本で定住できるのか?

 

日本人の配偶者との間に子供がいる場合に外国人の方に親権があれば定住ビザが発行される可能性があります。あくまでも子供を養育することが前提条件であり、養育するだけの収入があるかどうかが審査の条件になります。

 

日本では離婚後の養育も含め入国管理局へ説明する義務があり、取り扱いは個別対応になります。

 

次に日本人との婚姻期間が3年以上ある場合です。この場合も定住ビザになる可能性があります。ただし法律で明記されているわけではないので、期間も含めて最終的には入国管理局の判断に委ねられます。

 

■入国管理局

 

入国管理局への説明はどこまでする必要があるのでしょうか? 離婚に至る理由は様々です。金銭問題・DV・浮気・性格の不一致など詳しく説明をする必要があります。

 

また申請書類に今後どうして日本で暮らしたいのか、どうやって暮らして行くのか仕事や収入などを書くことになります。この理由書を記入して審査を受けて認められれば定住が認められることになります。

 

審査は約1ヶ月程度かかります。特に離婚をした後なぜ日本に残りたいのか、母国に帰って生活ができないのか、日本で暮らして行くあてがあるのかが重要な審査基準になります。

 

ちなみに離婚係争中の場には正当な理由があるので配偶者ビザが取り消されることはありません。

 

■定住者ビザ

 

離婚後のビザ変更は一度でも不許可になると挽回は厳しくなります。そもそも日本人と結婚をすることで手に入れた在留資格です。不許可の理由で多いのが事実確認の段階で嘘がバレることです。

 

日本で暮らす在留資格がなくなれば出国に必要な準備期間30日以内に出国しなければなりません。在留資格を得るためには1回の申請で許可が下りる可能性が高い書類を揃えることが重要になります。

 

離婚後、配偶者ビザから変更する際に、定住者ビザの他に就労ビザもあります。

 

このように一定の要件さえ満たせば離婚をしたところで日本に住み続けることは可能です。

 

■代行業務

 

こうした日本人の配偶者ビザから定住者ビザへの変更にかかる手続きは、自分でやると負荷が大きくなります。今後日本で安心して働いて暮らせる重要な局面です。そこでできれば専門の行政書士や弁護士などに相談をしてサポートしてもらうことをおすすめします。

 

配偶者ビザからの切り替えは全て書類審査で決まってしまいます。在留外国人が増える中で不法滞在者も同じように増えています。入国管理局の審査もさらに厳しくなることも予想されます。

 

重要なことは離婚後6ヶ月を経過すれば、ビザが取り課される可能性が出てくるので何らかの対応策は考える必要があります。

 

☆まとめ

 

離婚と配偶者ビザの関わりについてお話をいたしました。

 

  • 離婚後の外国人の居住要件は一定の条件をクリアすれば定住可能
  • 入国管理局での書類審査が全てなので、嘘は書かない
  • 審査書類は1回で許可がおりやすい書類を揃える
  • 申請代行を依頼すれば面倒な手続きも楽々

 

外国人と日本人の離婚は、付随する在留資格の変更も伴う問題です。

 

せっかく書類を揃えても不備でダメになったり、一人で手続きを行い許可が下りないリスクを避けるために、専門知識のある行政書士や弁護士にサポートしてもらうことも大切です。

 

依頼をすれば見積もりを出してくれるので内容を確認して任せるかどうかを決めても良いでしょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!