ライフスタイル

離婚後、年金も財産分与の対象になる!?

シンママStyle編集部

 

婚姻中の厚生年金や共済年金は分割して自分の年金にできることを知っていましたか? 婚姻中、特に産前産後は仕事を辞め、夫の扶養に入っているママも少なくないと思いますが、離婚をすると扶養に入っていた期間の厚生年金はもらえないということになってしまします。

 

そこで、離婚した次の日から2年以内に請求すれば年金も分割できるという制度があるのです。今回はその年金分割について紹介します。

 

■年金分割の種類

 

年金分割には2種類に請求方法があります。以前は離婚後の夫の年金は全て夫がもらっていましたが、年金法が改正され、H19年4月1日以降の離婚は合意分割、H20年4月1日以降の離婚は3号分割ができるようになりました。

 

〇合意分割制度

夫婦2人の合意のもと請求するのが合意分割制度です。

 

条件

・H19年4月1日以後に離婚、または事実婚関係を解消している。

・夫婦間での合意や裁判手続きによって年金分割の割合を定めている。

・離婚した次の日から2年を過ぎていない。

 

〇3号分割制度

合意分割政度に対して3号分割制度は合意がなくても、被保険者だった一方からの請求のみで分割できる制度です。ただし、年金分割の通知書が相手にも届きますので、完全にばれずに請求できるわけではありません。

 

条件

・H20年5月1日以後に離婚、またが事実婚関係を解消している。

・H20年4月1日以後に夫婦のどちらかに国民年金の第3号被保険者期間がある。

・離婚した次の日から2年を過ぎていない。

 

■金額の分割ではない!

 

年金分割請求をしたからと言って、単純に半分の金額をもらえるというわけではありません。夫の年金を分割請求した場合、夫側の保険料納付記録から分割分を引いた記録で金額が計算されます。

 

請求した妻の分は、妻の保険料納付記録へ夫からの分割分を足して金額が計算されるということです。

 

そして、当然のことながら、年金の支給が開始にならなければ年金はもらえません。年金の分割請求をしたからと言って、すぐに手元に現金が入るというわけではありません。

 

また、年金支給のためには国民年金に10年の加入期間が必要です。妻の加入期間が10年に満たない場合、分割請求をしても記録に基づいた支給を受けることができません。

 

■年金分割の手続き方法

 

〇合意分割制度

 

合意分割制度においてはどんな割合で分割するかを二人で決めることができますが、法律で定める範囲内になるように決めなければいけません。これを按分割合と言います。

 

その範囲や分割の対象となる期間などを知って分割の割合を決めるため、情報通知書を請求し、情報を得ることが必要です。

 

情報通知書を取得するためには

・年金分割のための情報提供請求書

・請求者の国民年金手帳または基礎年金番号通知書

・戸籍謄本

・婚姻関係にあった時期を証明する資料

・国民年金第3号被保険者加入期間証明書

を準備し、年金事務所や年金相談センターで請求することができます。

 

〇3号分割制度

 

3号分割制度は相手の合意が必要ないので請求者が一人で請求することができます。

請求に必要なものは

・戸籍謄本

・請求者の国民年金手帳または基礎年金番号通知書

・婚姻関係にあった時期を証明する資料

 

その他に、離婚していない時に事実上離婚しているのと同じである、別居状態であるなどを理由に3号分割を請求する場合には住所が別であることを証明するために住民票などが必要です。

 

これらの書類をもって、同じく年金事務所や年金相談センターで請求することができます。

 

☆まとめ☆

 

年金分割は離婚と同時に自然にできるものではなく、請求して初めてできるものなのできちんと理解しておくことが大切です。また年金分割の対象に国民年金は含まれません。夫が自営業で厚生年金に加入していない場合にも年金分割を請求することができませんので注意が必要です。

 

離婚を考える際には、年金分割という制度があるということも覚えておくといいと思います。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!