ライフスタイル

離婚をする時、退職金は財産分与として認められるか?

シンママStyle編集部

A broken origami dollar heart, on red

 

離婚時には夫婦の共有財産は財産分与として一部をもらうことができます。預金・株・不動産・給与など、名義は相手のものでも対象になります。夫婦で築いた財産は基本的に財産分与の対象となり分与されるのです。

 

ところで「退職金」はどうなのでしょうか? 「退職金」の取り扱いについて述べていきたいと思います。ご参考になれば幸いです。

 

■退職金の意義

 

離婚する際には退職金はまだ支払われていません。また退職金は勤続年数に応じて金額が計算されるので、実際にどれくらい払われるかわかりません。仕事を転職することもありますし、早期退職することだってないとは言い切れません。

 

一般的に婚姻期間と勤続年数は異なる場合、退職金は夫婦で築き上げた財産と結婚前及び離婚後の労働した対価に対して支払われる部分に厳密には分かれます。そのため財産分与といってもどの部分が該当するのかが問題になるのです。

 

離婚するまでに退職金が支払われている場合と、離婚後に支払われる場合とに分けて考える必要があります。

 

■退職金がまだ支払われていない場合

 

不確実性のある退職金ですが、離婚から退職までが期間が短かければ、ほぼ社内規定に基づいて財産分与の対象となると考えていいでしょう。

 

反対に、離婚から退職まで期間が長く、退職金が支給されるかどうか不確定な場合は、財産分与の対象にはならないと考えるべきです。

 

それでも財産分与として請求をするなら、退職金が支払われる確実性を証明する必要があります。退職金は単に勤続年数だけだなく勤務態度や資格なども大きな影響を及ぼします。役職についているかなども加味する必要があります。中小企業だと倒産するリスクもないとは言い切れません。

 

一方で、公務員なら倒産のリスクはないので確実性は高くなります。

 

■退職金が離婚前に支払われている場合

 

離婚前に退職金が支払われているなら、預貯金や不動産などの財産に財産分与として加えましょう。

 

婚姻期間と勤続年数が異なる場合

  • 結婚が先の場合 (結婚->就職->退職->離婚)
  • 就職が先の場合 (就職->結婚->)退職->離婚

 

検証

①の場合は、就職から退職までが婚姻期間と重なりますので全ての期間が財産分与の対象期間になります。同居期間中の夫婦の寄与度は2分の1が原則なので、分割割合も2分の1になります。

 

②の場合は、就職が先で、その後婚姻始期間まっているので、婚姻前の期間に相当する退職金は財産分与対象外となります。退職金の算定基礎となる勤続期間に占める婚姻期間の割合を計算して、財産分与に含まれる金額を計算します。

 

■財産分与の請求方法

 

同居していれば、話しづらいかもしれませんが退職金を財産分与として請求したいことを伝えて、支払いに応じるのか確認しましょう。

 

すでに別居中で直接会って話しが難しい場合は、内容証明郵便で財産分与の請求を起こすことを知らせ、話し合いに応じるよう要求しましょう。内容証明郵便では後々裁判などでは重要な証拠になるので有効な手立てです。

 

いずれも退職金に対してどれくらいを請求するのか金額を伝えることが大切です。財産分与請求をする段階では弁護士に仲介してもらい手順を踏んで粛々と進めていくことが重要になります。

 

■協議で決着できなければ離婚調停

 

話し合いに応じる気配がなければ調停で争うことになります。それでも話し合いがまとま

らない場合は、家庭裁判所で離婚裁判に出ます。

 

ここでは離婚問題を追求して、財産分与問題を解決することに重点が置かれます。裁判ではそれまでの話し合いや調停などと大きく異なり、証拠がポイントになります。退職金の明細や財産目録などを事前に揃えておくことが必要になります。

 

退職金の財産分与が認められれば、相手が支払いに応じない場合は、裁判所の強制執行で勤務先の退職金の支給を一時的に押さえることができます。

 

☆まとめ

 

いかがでしたでしょうか? 退職金も財産分与の対象になるということがお分かりいただけましたでしょうか? ただし注意したいのは対象期間は婚姻中に勤務していた期間だということです。婚姻前に遡ることはできません。

 

また退職金がまだ支払われない場合は、様々なケースを想定して退職金額をはじき出し請求をすることになります。退職金を財産分与だと主張するなら、弁護士に相談してみましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!