• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚する場合弁護士さんにお願いする時の流れとは?まずは何をするの?

ライフスタイル

離婚する場合弁護士さんにお願いする時の流れとは?まずは何をするの?

シンママStyle編集部

 

弁護士さんにお願いするとなると少し緊張してしまいますよね。なんにも悪い事をしていないのに警察の方に話かけられると緊張してしまうのと同じで、普段の日常生活ではあまり関わる事のない方達ですので、緊張してしまって当然です。

 

ですが、今現在の弁護士依頼は行いやすく無料で行っている相談会や法テラスといった制度も存在しており、少し前より相談しやすい環境になっています。そこで今回は、弁護士さんに依頼するときの流れをお話したいと思います。

 

■まずは無料の相談会へ参加してみましょう、弁護士さんとの相性も大切です

 

最近では法律相談所のCM等も増え目に触れる機会も多く、気軽に相談できる環境ですよね。無料の弁護士相談会や出張相談会など様々な取り組みを始めています。

 

離婚問題というのは、親族や親しい間柄でもあまり知られたくないですし、揉めたりせずに穏便に済ませたいですよね。

 

そんな離婚問題を当事者間で行えればいいのですが、男女の問題は深刻で浮気や不倫などの不貞行為で、話し合いの余地がない場合やどちらか一方が話し合いを行う気がない場合、またDVなど家庭内暴力で当事者同士での話し合いが難しい場合などに法律のプロの方に任せる事で安心感と早期解決が見込めます。

 

母子に対する弁護士相談などは、お住いの市町村の役所や役場で斡旋や仲介を行っている場合もありそのほとんどが格安か無料で利用できます。

 

弁護士事務所さんの初回無料相談などに足を運ぶのもいいですが、母子の場合DVや養育費の件での相談の場合は一度お住いの市役所、役場に問い合わせてみると良いアドバイスがいただけるかもしれません。

 

■依頼する弁護士さんを決めたら相談料の出る本格的な相談を行いましょう

 

上記では無料の相談会や、市町村が斡旋している相談会のお話をさせて頂きましたが、初回相談を終えると次は相談料がでる本格的な相談に進んでいきます。相談料の相場は30分5千円~1万円程となっており、依頼する内容や複雑さで金額も変わってきます。

 

弁護士さんに依頼する流れとしては、無料相談→本格的な相談→着手金支払い→依頼遂行→報酬金+利益の10%支払いとなります。

 

相談っていったい何を話したらいい?と不安になるかと思います。ですがその不安をそのまま弁護士さんにお話してくださるだけで十分です。

 

パートナーに何をされたのか(浮気や不倫、DVなど)、またそれらの証拠があるのか無いのか、ある場合はその提出などを求められます。

 

そして、自分自身がこれからどうしていきたいのか等、慰謝料や養育費の額から受け取り方、期限まで詳しくお話するといいかもしれません。

 

現時点では相談を行っているだけですので、これで話がまとまれば着手金を支払い本格的に依頼がスタートします。

 

■相談を終えたら次は着手金の支払いです!いよいよ依頼スタートになります

 

着手金の相場ですが、離婚問題だと大体30万~50万と言えるでしょう。その他にも調停には持ち込まずに弁護士さんを入れての話し合いのみの場合や、浮気や不倫相手への慰謝料請求など依頼する内容や複雑さで金額は変わります。

 

実際、不倫が原因でその夫婦が離婚する場合になった場合と、夫婦関係は修復するが不倫相手に慰謝料を請求する場合でも変わってきますので料金はピンキリと言えるでしょう。

 

依頼をスタートするにあたり、事前の相談で提出している証拠や依頼者本人の証言をもとに遂行する場合がありますので弁護士さんに丸投げ!とはいきませんが、確実に自分自身で行うよりも精神的な面で安心感が得られる事でしょう。

 

そして、依頼が遂行され終了すると報酬金+利益の10%を支払って依頼終了となります。

 

以上を踏まえて弁護士さんにお願いするべきかしないべきかの判断材料になればと思います。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!