離婚後待ったなし! 保育園の手続きとは?

今回は離婚後待ったなし! 保育園の手続きについてご紹介いたします。

タグ: ,

 

シングルマザーは夫婦で離婚協議などをして精神的にも参っている状態でも、離婚後すぐに着手しなければならないことがあります。それは住所変更や健康保険、年金といった変更手続き、さらに急いでやらないといけないのは未就学の子供がいれば保育園の入園手続きです。子供の預け先が決まらないと仕事もできませんから。

 

今回は離婚後待ったなし! 保育園の手続きについてご紹介いたします。

 

■保育園選び

 

シングルマザーが悩むのはひとり親の状況で小さな子供を保育園に預ける不安でしょう。シングルマザーは正規社員・パート・アルバイトと様々な仕事に従事しています。特に正規社員は子供を預ける時間が長くなりがち。

 

職場の近く?家の近く?実家が近いのならやはり実家近く?保育料は?など条件を考えると悩みはつきません。

 

保育園には認可保育園と認可外保育園があります。

 

  • 認可保育園

 

保育士の人数、資格の有無、設備内容、保育内容等が国の基準を満たした保育園で、保育料が比較的安いのがメリットです。しかし、人気が高く、なかなか入ることが難しい面があります。保育時間は7時半から16時で、地域によっては19時まで延長も可能です。

 

  • 認可外保育園

 

都道府県の認可を受けずに運営している保育所です。直接入園申し込みをします。比較的入園のハードルは低いのはいいのですが、保育料は割高になります。また、認可外ということで運営に問題がある保育園もあります。

 

施設により24時間保育可能なところもあり、院児保育も併設したところもありシンママには大変便利だと言えます。

 

特に24時間保育なら夜間の仕事でも安心して預けられるというメリットはあります。

 

■入園前にチェックすべき点

 

子供を預けるにあたり目的を持って下見をすることが重要です。

 

例えば、

保育延長は対応してくれるのか?

急な残業でも大丈夫か?

連休や年始年末の預かりは可能か?

子供が安心して過ごせる生活環境か?

食物アレルギーをもつ子供でも対応してくれるのか?

子供が病気になった時の対応は?

 

こうしたことを見逃してあとで問題が起こったら、保育園とトラブルになるケースが大変多いからです。特に園長先生がどういった人物で、どのような理念で保育園を経営しているのかは重要です。

 

子供を安心して預けることができなければ仕事だって落ち着いてできませんから。ましてやひとり親ならなおさらです。

 

■認可保育園に入園手続き

 

認可保育園への入園手続きは、市町村の役所の子ども課や希望する保育園で必要な書類手続きを行います。内定が出たら、面談や入園前の健康診断等があります。仕事に就いている場合は就労証明書、勤務時間、会社名、所在地等の書類も提出します。

 

もちろん求職中でも問題ありませんが、2~3ヶ月以内に就労証明書が提出できといった条件と求職活動申立書、ハローワークカードなどを提出する必要があります。

 

つまり、定められた期間内に仕事が見つからない場合は、最悪保育所を退所することになるのです。求職中は優先順位も低くなるため保育園が少なめの地域では入園が厳しくなる傾向があります。

 

■保育所にスムーズに入園させるには

 

日本では保育所が足りず、一方で保育士も足りないという悪循環が続きています。離婚することが決まったら、仕事よりも先に保育所を探しておく方がいいでしょう。仮に空きがなくても待機児童になるので、仕事が決まるまでには入園が可能になることもあります。

 

保育園にスムーズに入れるかどうは地域によっても差があります。人によっては離れた保育園まで子供を預けるシンママもいます。引っ越しもそういったことを考慮する必要がありそうです。

 

もし保育園に入れなかったら、いったんは認可外保育所に入園させて働き始める選択肢もあります。

 

☆まとめ

 

  1. 保育園選びは仕事とのバランスを考える
  2. 入園前にチェックすべき点とは?
  3. 認可保育園入園に必要な書類とは?
  4. 保育所にスムーズに入園させるには?

 

シンママが仕事を探しながら子供を保育園に預けるのは大変です。仕事の見通しも立って認可保育園に入れればラッキーですが、ダメでもがっかりしないで認可外保育園をうまく利用しながら、また認可保育園を狙ってみましょう。

 

そのためには仕事を早めに見つけて、入園申し込みのタイミングを逃さず、保育園の下見をしっかり行うことです。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: ,