離婚してから名前を戻す方法とは?

離婚時までに氏や戸籍をどうするのか決めておけばいいのですが、後からやはり変更したい場合はどうすればいいのでしょうか?

タグ: ,

 

離婚後、子供のことを考えて婚姻時の氏をそのまま使う人は多いですよね。名字が変わらないので各種変更手続きもしなくて済むので楽でもあります。

 

しかし、社会生活をしていく中で支障が出てきてやはり旧姓に戻したいと思う人もいることでしょう。

 

離婚時までに氏や戸籍をどうするのか決めておけばいいのですが、後からやはり変更したい場合はどうすればいいのでしょうか?

 

そした場合、簡単に旧姓に戻すことができるのでしょうか? その手順や考え方を見て行きましょう。

 

■離婚から3ヶ月以内の原則

 

民法では婚姻によって氏を変更した者が離婚を契機に、婚姻前の氏(旧姓)に戻るのが原則ですが、離婚から3ヶ月以内であれば「婚氏続称届」を提出すれば婚氏のままでいることができます。

 

ではなぜ3ヶ月なのでしょうか? これは3ヶ月もあれば慎重に氏をどうするのか考える時間があると考えられているからです。

 

しかし、やはり不便を感じて3ヶ月経ってしばらくして、やはり旧姓に戻そうと思う場合は、家庭裁判所の許可審判が必要になります。これが「氏の変更許可審判申立て」です。

 

ただ婚姻前の旧姓に戻るのは比較的早いのですが、旧姓から婚姻時に戻す場合は要件が厳しくなっています。なりすましなど社会的な問題が起こっているからだと言えます。

 

■やむをえない事情がなることが条件

 

後になって氏の変更を申請する場合は、家庭裁判所に「氏の変更許可の申立」をするのですが、申立は社会生活を送る上で著しく支障をきたしているといった、「やむをえない事情がある」場合に限られています。

 

離婚後、年月が経っている場合は、特に社会的に現在の氏が定着しているので差し迫った支障はないと考えられます。そのため、気に入らないからなどの理由では変更は認められません。

 

■子供の氏はどうなる?

 

離婚後、婚姻を契機に氏が変更になった母親は旧姓に戻るわけですが、そのままでは子供は前夫の氏のままで、戸籍も夫の戸籍に入ったままです。

 

そこで母子の氏が異なると不便なので、「子の氏の変更許可申立」をする必要があります。次に氏の変更許可を受けたら市役所に入籍届を出します。

 

これにより母親と同じ氏になり、戸籍にも入れます。でも戸籍の筆頭者が母親の両親のどちらかの場合は、母親を筆頭者とする新しい戸籍を作ることになります。これを戸籍の編製と言います。

 

戸籍は筆頭者を中心にその子供までを1つの戸籍のグループと考えています。筆頭者から見て、孫はその戸籍には入ることができないのです。

 

ちなみに、母親は「婚氏続称届」を提出して婚姻時の氏を名乗っても、戸籍は前夫の戸籍から抜けなければなりません。

 

つまり、母親が筆頭者の戸籍を作ることになります。氏は前夫とは同じでも全く別の戸籍になるわけです。

 

ここでも母親の戸籍に子供を移動させたい場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更」手続きを行います。許可が下りれば、入籍届となります。

 

■子供が15歳以上なら子供自ら手続き可能

 

子供が15歳になれば子供自身、家庭裁判所で氏の変更手続きができます。例えば、母親の戸籍に入った後になって、子供の意思で父親の戸籍に戻すことも家庭裁判所の許可があれば可能になります。

 

☆まとめ

 

婚姻する時に姓が変わった者は、離婚後、旧姓に戻すか婚氏続称を行うか選べる期間が3ヶ月あります。

 

その間なら比較的簡単に申請すれば許可がおりますが、この期間を過ぎてしまうと手続きが面倒になるだけでなく、時間もかかります。離婚後の姓と戸籍をどうするのか、特に子供がいる場合は慎重に考えて決めなければなりません。

 

離婚する時は、子供の戸籍を変更する手続きを理解しておきましょう。離婚後の生活に支障がないように速やかに手続きができるようにしておくことをおすすめします。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

タグ: ,