離婚話を無視する夫の心理は?どう対処するべき?

今回は、夫が離婚話を無視する理由として考えられるものと対処方法についてまとめました。

タグ: , ,

 

離婚話を切り出すのには勇気が入ります。にも関わらず夫から承諾も拒否もなく無視をされると、ショックとともに何を考えているか分からないため、どうするべきか困ってしまいますよね。

 

今回は、夫が離婚話を無視する理由として考えられるものと対処方法についてまとめました。

 

■夫が離婚話を無視する理由

 

  • 離婚したくないと思っている

 

可能性の一つは、夫は離婚をしたくないと考えていることです。拒否したいものの、なんと言えば良いのか分からなかったり、口下手なので何か言えば妻に言いくるめられてしまう気がしているのかもしれません。

 

また、離婚話の原因が夫の不倫などにある場合、離婚したくないものの自分が悪いと分かっているからこそ何も言えなくなっていることも考えられます。

 

  • 実は大きなショックを受けている

 

他に考えられる理由としては、こちらが思っている以上に妻から離婚を切り出されたことにショックを受けているのかもしれません。夫にとっては離婚話は全くの予想外のことであり、単純に気持ちの整理がついていないことも考えられます。

 

または精神的に不安定になってしまっているかもしれません。何もしゃべらない以上判断するのは難しいですが、この場合は問い詰めるほど心を閉ざしし、最悪の場合は精神疾患を患ってしまうことも考えられます。ますます話し合いが難航する恐れがあるので注意しましょう。

 

  • 離婚協議が面倒

 

離婚となると、財産分与など様々な手続きを行うことになります。子供がいれば、親権の決定、養育費や面会交流の取り決めなども行わなければなりません。

 

離婚してもいいという気持ちはあるものの、こうした様々な手続きや話し合いのことを考えて億劫になり、ずるずると先延ばしにしているのかもしれません。

 

また、普段から妻の主張が強い場合は、夫は「話し合ってもどうせ自分の言い分は聞いてもらえない」と諦め、ますます話し合いから遠ざかっている可能性もあります。

 

  • こっそり弁護士に相談している

 

抜け駆けでもありタチが悪く感じられるかもしれませんが、実はこっそり弁護士などに相談している可能性もあります。「離婚をしたくない」という相談ならまだしも、財産分与や養育費の支払い、慰謝料の支払いなどをより自分に有利に進めるために、妻に言わずに先立って作戦を練ろうとしている場合もあります。

 

■離婚話を無視する夫への対処法

 

  • シンプルに「思っていることを話してほしい」と伝えてみる

 

無視を決め込む相手にしつこく怒りをぶつけるのはNGです。相手に対抗するほどの意見もしくは熱量がないことが無視という行動につながっているとすると逆効果になる恐れがあります。長文のメールを受け取ると返す気が失せてしまうのと同じです。

 

責め立てるのではなく、とにかく今の考えをなんでも良いから話してもらうように問いかけましょう。こちらの期待する答えではなくても、発せられた言葉の中から何かヒントが見つかるかもしれません。

 

  • 共通の知人づてに聞いてもらう

 

共通の知人がいれば協力してもらうのも手です。飲みに連れ出してもらい、いまどう思っているのかを聞いてもらいましょう。離婚したいのか、したくないのか、迷っているのかなど、少なくとも夫が今考えているのことが分かるかもしれません。

 

  • 離婚調停に進む

 

何をしても解決の糸口が見えなければ離婚調停に進みましょう。第三者を介した公の場であれば、少なくともだんまりという状態は避けられるかと思います。

 

この際、婚姻関係が破綻していることや、無視され続けた証拠、無視によって精神的苦痛を被ったのであれば診断書などを用意しておくと話を進めやすくなります。

 

☆まとめ

 

こちらからのアクションに対して何もかえってこないのは、思っている以上に傷つくもの。相手が何を考えているのかわからないという恐怖心も相まって、この状態が続くほど精神的にも悪影響を及ぼしかねません。早いうちに対策をして、解決の糸口を見つけてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

 

タグ: , ,