• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚した後の年金分割はどうなる?再婚した場合の年金分割は?ズバリお答えします!

離婚した後の年金分割はどうなる?再婚した場合の年金分割は?ズバリお答えします!

年金分割の内容や疑問点、注意点、再婚後の年金分割についてわかりやすく説明をしたいと思います。

タグ: ,

 

年金は老後を支える大事な収入源になります。離婚した後に夫の年金がもらえるのか、気になりますよね。また、離婚をしてもし再婚をしても、年金分割の制度を利用して決まったお金をもらうことができるのかも知りたいですね。

 

そもそも、年金分割について知らない方も、知っていてもどのように手続きをするのか、また再婚してももらえるか、など疑問に思う方もおられるでしょう。そこで、年金分割の内容や疑問点、注意点、再婚後の年金分割についてわかりやすく説明をしたいと思います。

 

♦「年金分割」って何?

 

年金分割という制度は、平成19年4月にスタートした制度です。離婚した夫婦のみが利用できます。離婚をした場合に、夫婦どちらか一方の請求により、婚姻期間中の厚生年金保険料の支払い記録(保険料納付記録)から、相当する金額を夫婦で分割できるのです。離婚後、年金分割の制度を利用した後は、分割後の記録に基づいて計算されていきます。

 

ここで気を付けておくことは、年金分割によって年金の半分がもらえるわけではない、ということです。この制度が対象となるのは、婚姻期間中だけに限られます。また、分割によって婚姻中の支払い記録について夫と妻が等しくなるということになります。

 

また、年金分割の手続きをしても、夫と妻のどちらかが受給条件を満たさなければ、年金は支給されません。

 

♦「年金分割」の対象となる年金とは?

 

年金分割の対象になる年金は、厚生年金と旧共済年金(2015年10月より厚生年金に一元化)に限られます。そのため、夫がサラリーマンなどで企業に勤めているか、公務員(教員も含む)として働いているかのどちらかが対象条件となります。

 

つまり、夫が自営業などで厚生年金に加入していない場合は、支給対象とはなりません。

 

♦年金分割の種類

 

年金分割の方法は、2種類あります。その種類について説明します。

 

  • 合意分割

話し合いでの合意あるいは裁判をした上で、元夫婦が妻の分割後の持ち分割合を定めて、婚姻期間中の厚生年金保険料の支払い記録の分割をすることができる方法です。

 

  • 3号分割

年収130万円未満で夫の扶養に入っていた妻は、国民年金の第三号被保険者に当たります。この夫婦が離婚する場合、妻は国民年金を支払う必要はなく、元夫からの請求により、夫の厚生年金記録の半分を分割してもらえることになります。ただし、平成20年4月1日以降の婚姻期間中の記録が対象となります。

 

また、合意分割の請求をした後で、妻が3号分割の対象となっている期間が含まれている場合は、合意分割の対象額+3号分割の対象額をもらえることになります。

 

♦年金分割の手続きの方法について

 

  • 必要な書類
  • 国民年金手帳など夫婦の基礎年金番号がわかる書類
  • 戸籍謄本
  • 運転免許証などの身分証明

 

  • 手続きの流れ
  • 合意分割の場合

必要書類を持って、近くの年金事務所に行き、「年金分割のための情報提供請求書」を提出し、「年金分割のための情報通知書」を発行してもらいます。

 

約1~2週間くらいで、「年金分割のための情報通知書」が郵送されてきます。50歳以上の方は、「年金分割を行った場合の年金見込み額のお知らせ」も同封されているため、年金分割の額を知ることができます。

申請に行くのは、基本的に夫婦そろって、というのが原則ですが、委任状を書けば代理人でも可能です。

 

  • 3号分割の場合

必要書類を持って、近くの年金事務所に行き、「年金分割の標準改訂請求」を提出します。分割を求める方が行けば手続きをすることができます。申請後、合意分割と同様に通知書が送付されてきます。

 

♦年金分割には期限がある

 

ほとんどの夫婦が離婚前に、年金分割や相続などについて話し合い、合意を得た上で離婚になりますので、期限についてはあまり問題にはなりません。しかし、離婚後に年金分割について決める必要がある場合には、年金分割の申請期限に注意をしましょう。

 

分割請求期限は、離婚をした日の翌日から数えて2年以内です。ただし、調停や裁判などでこの期間を経過した場合は、1ヵ月延長が可能です。

 

♦再婚したら年金分割はどうなる?

 

離婚した夫婦のどちらも、またどちらかが再婚した場合に、年金分割はどうなるでしょうか。答えは、一度決まった年金分割に変更はありません。

 

たとえ、再婚と離婚を繰り返したとしても、そのたびに年金分割を利用したなら、受給額はそのたびごとに増えていくことになります。

 

♦年金分割の相場は?

 

だいたい、半分ずつになります。夫0.5妻0.5で分割します。特に裁判になった場合は、ほとんどの場合が半分ずつとなることが多いようです。話し合いでもめることがあったら、この話を出してみると相手を説得しやすいでしょう。

 

~まとめ~

 

離婚後はもらえるものはもらっておくと得ですね。ただ、年金分割によって夫の全ての年金の半分がもらえるわけではありません。あくまでも、婚姻中の厚生年金の部分のみが対象となるので、思っていたのと違う、思っていたよりかなり少ないという声を耳にします。

 

老後資金をこの年金分割でまかなおうとすることは現実的ではありませんが、こういった制度を有効活用して、損をしないようにしたいものですね。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,
シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら