離婚協議中に新たにパートナーを作るのはあり?

今回は、離婚協議中に恋人を作るとどんな影響があるのかについてまとめました。

タグ: , ,

 

もしも、夫と離婚協議中を進めている最中に素敵な出会いがあったらどうしますか? 恋愛はタイミングが重要。もう夫への愛情はなく、離婚に向かって動き出しているのに新たな恋を見逃してしまうのはもったいないように感じますよね。ただ、戸籍上ではまだ婚姻中。このタイミングで恋人を作るのは不貞行為とみなされてしまうのでしょうか?

 

今回は、離婚協議中に恋人を作るとどんな影響があるのかについてまとめました。

 

■必ずしも不貞になるとは限らない

 

離婚協議中に恋人の存在が夫に知られた場合、相手によってはそれを理由に慰謝料を請求しようとしてくる可能性が考えられます。ですがこのような場合、慰謝料を請求される根拠となる「不倫」に当たるかどうかは一概には言えません。

 

この場合、重要になるのは交際を開始したタイミングです。婚姻中とはいえ、すでに夫婦関係が破綻した後にできた恋人であれば、不倫とはみなされません。つまり、夫が慰謝料を請求してきたとしても、婚姻関係破綻後に交際を開始したことが客観的事実として調停や裁判で認められれば、慰謝料の支払い義務は生じません。

 

■婚姻関係が破綻していると証明することが必要

 

夫婦双方で話がまとまらなければ、慰謝料については調停もしくは裁判にて争われます。この際こちら側は、調停委員または裁判官に対して、婚姻関係が破綻していたことを証明する必要があります。

 

離婚調停中や離婚裁判中などであれば婚姻関係が破綻しているという証明の一つになりますが、基本的にはあらゆる事実をもって総合的に判断されます。つまり、こちらが交際開始時期にすでに婚姻関係は破綻していたと主張しても、夫と認識や意見が食い違うような場合は、客観的事実をもって主張を裏付けられなければ不貞行為とみなされる恐れがあるのです。そうなると、慰謝料問題に恋人まで巻き込む自体に発展しかねません。

 

少なくとも、離婚協議中に恋人を作る場合は離婚に合意している旨を書面に残すか、離婚調停に進むのであればその後にする方が良さそうです。確実ではありませんが、別居状態も婚姻関係が破綻しているとみなされる要素の一つになりやすいようです。

 

■調停委員や裁判官の心証に影響する可能性あり

 

離婚調停中や離婚裁判中に恋人作ったことが明らかになると、調停委員や裁判官の心証にあまり良くない影響を与える恐れがあります。ここでは、親権、財産、養育費、離婚成立の可否など、今後の人生に影響を及ぼしうる重要なことが決定されます。

 

恋人の存在がこうした話し合いにどの程度影響を及ぼすかは計りかねますが、基本的には調停委員・裁判官に知らせないに越したことはありません。

 

■離婚協議中に恋人を作ると話がややこしくなる恐れあり

 

総括すると、すでに離婚調停や離婚裁判に進んでいる場合を除いては、離婚協議中に恋人を作ると不貞とみなされるリスクがあるのは否めません。

 

せっかく離婚成立に向けて動き出したのに、わずかにタイミングが早かったために慰謝料を支払う義務を負ったり、恋人まで巻き込む自体になるのはもったいないですよね。不貞にならなかったとしても恋人の存在が夫に知られれば、離婚協議をこじれさせ、離婚成立が遠のいてしまう恐れがあります。きちんと成立するまでの間は、恋人を作るのは控えた方がベターです。

 

☆まとめ

 

離婚に向けて動き出したとき、自分の中ではすでに結婚生活への区切りはついているような気がしてしまいます。そんなときに素敵な出会いがあったら、すぐにでも次の恋へ動き出したいのが本音です。

 

でも、今の関係をきちんと清算しておいた方が次の恋もきっと幸せなものになるはず。ほんの少しのタイミングで、その恋が泥沼となるか、幸せな次の人生のスタートとなるかが変わってきます。交際開始のタイミングは慎重に見極めてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

タグ: , ,