ライフスタイル

離婚問題の解決方法!特に妊娠中ここに気をつけよう

シンママStyle編集部

 

妊娠中に離婚をすることは決して珍しいことではありません。妊娠をして精神的にイライラして夫婦関係がうまくいかない、また妊娠中に夫が浮気をしてしまうケースもあります。

 

妊娠中は精神バランスも崩れがちであり、ちょっとしたことで精神的なダメージになり、それが元で最悪離婚をすることが多いのです。

 

では妊娠中の離婚、特に親権や養育費などのお金に関する問題などはどうなるのか見てきましょう。

 

■妊娠中に離婚したら親権は?

 

妻が妊娠中に離婚した場合、お腹の子供の親権は妻側に行きます。親権を持つということは生まれてくる子供の監護・養育をすること意味します。これは出産後、子供には授乳など母親がいなければならないからです。つまり出産前なら問題なく母親に親権が行くことになります。

 

注意点としては親権を確保したいなら妊娠中に離婚を成立させられなければ、夫側に行く可能性も否定できません。離婚問題が長引いて先に出産してしまうことだってあり得ます。

 

また、親権を失った方には子供との面会交渉権が発生します。離婚する間柄になればもう会いたくないが本音かもしれませんが、子供が会いたい場合、それを阻止するべきではないと考えます。

 

■戸籍問題

 

親権問題とは別に戸籍はややこしいい問題です。離婚成立後300日以内の出産の場合、子供の戸籍は元夫の戸籍に入ります。300日以降であれば非嫡出子として母親の戸籍に入ります。

 

一度、元夫の戸籍に入った子供の籍を母親の戸籍に入れるには、「子の氏の変更許可申請書」を家庭裁判所に提出する必要があります。その際には離婚後親権を持つ親の戸籍謄本も一緒に出さなくてはなりません。

 

家庭裁判所の審判を受けてから変更手続きを開始します。戸籍を動かすには、「子の氏の変更許可申請書」と「入籍届」を市町村役場に申請を出します。

 

■養育費は請求できるのか?

 

養育費は当然請求可能です。養育費は子供と一緒に住んでいない親に対して、同等の生活を送ることを要求する権利です。

 

一般には子供が成人するまで請求ができますが、話し合いによって大学卒業まで支払い期間を延長することもできます。

 

ただし、離婚成立後300日以降に生まれた子は非嫡出子として母親の戸籍に入ります。つまりこの場合は養育費を請求する権利が発生しないことになります。

 

元夫が子供を認知するか、あらかじめ養育費の支払いに関して文書で取り交わしをしていれば別です。

 

■その他の請求権

 

慰謝料は夫のDVや浮気であれば正当な金額を請求する権利があります。逆に妻が原因で離婚に至る際は、妻側が慰謝料を支払う義務があります。

 

生活費はどうでしょうか? 生活費は婚姻中の費用なら請求できますが、離婚後はもらえません。仮に婚姻中に別居して生活が別々になった場合の生活費は請求できます。

 

離婚後の生活が不安な場合は、財産分与や慰謝料、養育費の請求に生活費分を補填することになります。

 

出産後は子供の世話で働くことはできません。生活を支えるものは離婚の際に受け取る、慰謝料や財産分与だけですから、よく考えて請求する必要があります。

 

■妊娠中の離婚問題の相談は弁護士へ

 

妊娠中は体調もすぐれないことがあります。自ら動くのが辛いこともありますので弁護士に相談をすれば面倒な手続きも代行してくれますし、最善のアドバイスもしてくれます。それだけでも精神的負担は軽くなります。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!