ライフスタイル

離婚の判例集に見る様々な行方

シンママStyle編集部

 

離婚をする時、話し合いをしてすんなり協議離婚するのが望ましい離婚方法でしょう。自分達にとっても周りの人達にとっても、特に子供にとっては、穏便に事を進めるのが一番です。ですが離婚とはそう簡単にはいかなくて、ずっと平行線のままで、法的な判断を仰ぐ結果になることが少なくありません。

 

離婚は、誰もが納得できるものから理解しがたいものまで様々です。熟年離婚などは何故?今?というケースも多く見られます。ほとんど妻側からの要求であって、夫はそれこそ、何故?なのでしょう。ですが妻は周到に計画をし、時期を待って決断します。

 

このようなケースでは、聞く耳持たず状態で、周りの意見などは耳には入りません。長年の恨みと言えば恐ろしい気もしますが、妻にすればずっと耐え忍んできたのでしょう。このように離婚には、裁判によって成立する色々な判例があります。

 

どのような場合に離婚は認められるのでしょうか? また離婚によって負わなければならない責務とは?少しのぞいてみましょう。

 

■離婚届が受理される背景

 

お互い離婚に合意していて離婚届を出した場合は、無効にすることはできません。ですが、夫婦間の合意がない離婚届は無効とされます。つまり無理やり書かされたり、相手が知らないうちに出されたものは無効と判断されるのです。あくまで二人の合意が焦点なので、それが上手くいかない場合に法的な手続きを取ります。

 

■離婚における判例色々

 

◆夫の借金で離婚のケース(養育費)

夫には多額の借金があり、離婚が成立しました。ですが子供の養育費をめぐって折り合いがつかず、法的な見解を求めることになったケースです。

 

そしてたとえ多額の借金を抱えていたとしても、生活は維持できていて、借金の返済も行っていることを踏まえ、扶養義務は免れることはできないという見解になりました。

仕事をしていなくても、健康上問題がなければ就職することも可能であり、子供の養育の責任を負っていかなければならないということです。

 

この養育費に関しては問題点があり、離婚の条件に入っていても、守られないケースが多くみられます。いつの間にか滞ってしまって、泣き寝入りするシンママも少なくありません。その場逃れの承諾が多いのも問題です。

 

◆財産で揉めるケース(財産分与)

子供と生きていく為には、経済面を安定させなければなりません。けれど離婚によって収入は絶たれるのですから、妻にとっては財産分与が要となります。

 

財産に関しては法的に定められていますが、納得がいかず揉める判例は多くあります。財産分与には種類があって、そのことも理解しておかなければなりません。

 

◇清算的財産分与

清算的財産とは、婚姻中に二人で協力して築いた財産のことです。預貯金や不動産、生命保険、貴金属、家財道具など、様々な資産内容があります。夫からすれば、専業主婦であった妻への財産分与は許しがたいものかもしれません。けれど婚姻中に成し得た財産は二人の財産とみなされるのです。元々お互い結婚前に持っていた財産は、特有財産と言って財産分与の対象ではありません。

 

◇扶養的財産分与

離婚することで生活が苦しくなる場合は、生活能力のある方が援助する形を取ります。相手が高齢であったり、病気で働くことが困難な場合などが当てはまります。

 

ですがほとんど受けるのは妻側で、子供を引き取る場合、仕事面でも難しい状況となり生活を安定させるには時間が掛かるとみなされるからです。仕事にしても正規雇用は望めず、非正規で働かざるを得なくなるというようなことも要因です。

 

けれどこの財産分与は夫側の気持ちが大きく影響する為、思ったような財産を得られない場合もあります。ですから扶養的財産分与の金額は、法的に定められていません。

 

只養育費と同じように、途中で滞る可能性もありますから、金額を定めて一括で受け取る方が賢明です。それから一概に妻の生活水準が低いとも言えませんから、やはりケースバイケースでしょう。

 

◆相手の不貞行為やDVなどでの離婚(慰謝料)

相手の不貞行為やDVがあった場合は、離婚が成立するケースは少なくありません。判例も数多くあり、慰謝料も発生します。請求額も幅が広いですが、事案によって考慮されます。ですが相場というものを基準にしますから、思っていた金額とかけ離れているという場合もあります。

 

不貞にしろDVにしろ、証拠というものが重要なポイントとなります。DVの場合では診断書などが決め手となり、浮気の場合は、探偵を雇って写真を残すことや、探偵による証拠固めで状況は大きく変わります。けれど費用が掛かる上に、行動を起こすには勇気が必要となります。

 

専門家である弁護士の意見を聞いて、何がベストなのか見極めることが大事です。このような要因の離婚は成立し易いですが、憎しみを生むという判例が多いのも確かです。

 

■まとめ

 

離婚の判例は色々あって、ドラマ顔負けというケースもあるようです。話し合いをしても埒が明かないのですから、解決は困難でしょうし、お互いが納得するのも難しいです。

それでも結論を出さなければいけないのですから、経験を積んだ専門家のアドバイスを受け入れ、妥協点を見つけることが解決の糸口となります。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!