• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚したくないときだけじゃない?“離婚不受理”の届け出をするべき場合とは

ライフスタイル

離婚したくないときだけじゃない?“離婚不受理”の届け出をするべき場合とは

シンママStyle編集部

 

「離婚不受理届け」とは、役所に事前に提出しておくことで不本意な離婚を避ける効力を持ちます。取り下げるまでは、たとえ相手が夫婦の署名押印がされた離婚届を提出したとしても受理されません。

 

このため、役所に離婚不受理の申し出をしておくことは、相手が何らかの理由で夫婦の署名押印がされた離婚届を持っているものの、こちらはまだ離婚をしたくないときに有効な手段です。ですが、すでに離婚を決めている夫婦でも「離婚不受理届け」を出しておいたほうが良い場合があります。

 

今回は、離婚不受理届けを出しておくべき4つの事例と、その理由についてご説明します。

 

■慰謝料を請求したい場合

 

離婚の理由が夫の浮気や不倫である場合、きちんと慰謝料を請求して責任を取らせたいところです。慰謝料自体は離婚後でも、時効が成立しない限りは請求が可能ですが、離婚して別々に暮らした後で、裁判で提示できるようなしっかりとした証拠を掴むのは難しくなります。勝手に離婚届を提出して逃げられないように、証拠を見定めるまでは離婚不受理届けを出しておくのも手です。

 

また、すでに証拠を持っていたとしても慰謝料の支払いに関する取り決めをきちんと定めておかないと、未払いのまま逃げられてしまう可能性もあります。未払いがあった場合は強制執行できるようにしっかり書面で支払い条件などを取り決めておきましょう。

 

一刻も早く離れて暮らしたい気持ちもあるかもしれませんが、確実に慰謝料を請求するために打算的に考えてみてはいかがでしょうか。

 

■離婚協議書の作成が完了していない場合

 

協議離婚の場合は必ずしも作成が必要なものではありませんが、財産分与や慰謝料、子供の養育費や面会交流など、離婚条件や権利義務関係は、今後のトラブル防止のためにもしっかりと書面に起こして残しておきたいところ。

 

こちらも慰謝料と同様に離婚後でも作成はできますが、離婚協議書には細かい打ち合わせが必要。離婚後は作成が滞りやすくなる恐れがあります。離婚協議書は、なるべく離婚成立前に完成させておくことをオススメします。

 

このため、話し合いもそこそこな状態で離婚届を勝手に提出されないために、協議内容が固まるまでは離婚不受理届けを出しておくことをオススメします。

 

■婚姻費用の支払いを止めたくない場合

 

婚姻中は、たとえ別居していたとしてもお互いの生活を扶助する義務を負います。つまり、離婚に向けて別居していたも、その間の生活費などは収入の多い夫に対して請求することができます。

 

夫が離婚届を持っている場合、婚姻費用の支払い義務から逃れるために役所に勝手に提出してしまうことも考えられます。

 

そのような事態を防ぐため、別居中の婚姻費用を請求したい場合は、あらかじめ役所に離婚不受理届けを提出しておきましょう。

 

■財産分与を見積もりきれていない場合

 

世の中には、離婚が決まると財産分与に向けて所得隠しを始める夫がいるのも事実。隠し財産は、発覚すれば離婚後でも請求が可能ですが、時効があるので気づいたときには手遅れになる恐れもあります。

 

財産分与の目的は夫婦で築き上げた財産を、家庭への貢献度に応じて平等に分けること。もらうべきものはもらえるよう、財産分与の対象になりうるものはしっかりと確認しておきたいところです。

 

隠し口座や株式など、そうしたものがないか時間をかけて見定めましょう。ある程度の見積もりができるまでは、離婚不受理届けを出しておくのがオススメです。

 

☆まとめ

 

このように離婚不受理届けは、離婚のタイミングを相手のペースに乱されないためにも有効な手段です。

 

離婚に伴う様々な取り決めがきちんとなされ、お互いが納得する条件がまとまるまでは、離婚不受理届けを出しておいたほうが安心して話を進められます。手続き自体も簡単なものなので、離婚することは決まっていても、十分条件を固められていない方は離婚不受理届けの提出を検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!