ライフスタイル

離婚したい、夫から逃げたい人へ

シンママStyle編集部

 

結婚後に優しかった夫が豹変して乱暴な口調で責めたり、嫌味を言ったり、挙句は暴力…。こんなことが原因で離婚をする人が増えています。そした際の妻の気持ちはとにかく夫から逃げたい、怖い。子供に手を上げられたら困るので早く離婚したいではないでしょうか?

 

ただこうした場合でも将来を見据えてどうすれば有利な条件で離婚ができるのか考える必要があります。今回はそれを解説していきましょう。

 

  1. 実はDVよりタチが悪いモラハラ

 

外傷を伴う暴力とは違い暴言を吐く行為を言います。自分の置かれた立場や収入などを盾に相手に言葉の暴力を浴びせる卑劣な行為です。エスカレートすれば、DVよりも精神的疾患に陥りやすく、立ち直れなくなり、心身の健康を破壊していくのです。これはまさに暴力だと言えます。

 

モラハラは相手の言葉に洗脳されることで自分が悪いんだと思い込んでしまうので表面化しにくいのです。

 

  1. モラハラ夫から逃げ出す

 

厄介なのはモラハラは周囲からは夫婦喧嘩に見られてしまう点です。そういう夫は周囲にはいい顔をする二面性を持っています。こうしたモラハラを理由に離婚するのは、DVに比べて難しい面があります。

 

ではどうすれば夫から逃げ出せるのでしょうか?

 

まずは証拠集めです。外傷などがないだけに見た目からは分かりにくく、夫も世間体もあるので離婚に応じないケースもあります。そのため、日頃から暴言を録音・録画するとか、その時の気持ちを書き綴るなどしましょう。

 

有効な方法の1つとして、精神科医に行き、モラハラによる精神的障害になった診断書などがもらえれば証拠になります。

 

こうした日頃から集めた証拠は調停や裁判では大きな力になります。外ズラのいい夫が実はとんでもないモラハラ夫だということが明かされるのです。

 

また、これ以上一緒に生活できないという場合はカウンセラーや自治体に設置されている女性相談窓口に行き、相談してみるのもいいでしょう。

 

  1. 離婚協議は弁護士に依頼する

 

こうした夫と離婚の条件について話し合うのは精神的にも肉体的にも辛いものがあります。また長年受けてきた行為で恐怖感も芽生えているかもしれません。

 

こうした場合は、弁護士に相談してみましょう。あなたに変わって慰謝料請求、財産分与、養育費など協議の段階から最終的に裁判まで全過程においてあなたの代理をやってくれます。

 

こうした過程で、やはり身の安全を確保するためには別居をおすすめします。

同じ生活空間で離婚協議を進めているもの同士が顔を見ながら生活するのはある意味、地獄です。

 

注意点として、子供がもし夫と居たいという場合は、無理に連れ出すのはやめましょう。

 

親権を争う段階になってその行為が親権者として相応しくないと判断される恐れがあるからです。子供が残るなら、まずは自分の身の安全は確保しましょう。

 

☆まとめ

 

離婚原因にDV、モラハラをよく聞きます。モラハラはDVと異なり、周囲からは見た目では分かりません。しかし、精神的に追い詰められて鬱になったり、自暴自棄になってしまったりと重症化する傾向があります。

 

早めに専門医に相談することが大切ですが、離婚を考えるなら証拠をしっかり収集しましょう。夫の暴言を録音し、日記にその時の気持ちを詳しく書きしるすのです。専門医の診断書も強力な証拠物件になりますからもらっておきましょう。

 

このようにDVにしろ、モラハラにしろ、夫から一刻も早く逃げ出したいと思うなら弁護士に相談をして、今後の善後策を立てましょう。離婚協議は自分が出て行かなくても弁護士が代理でやってくれますから、精神的な負担もありません。

 

子供がいる場合は子供の意志を尊重して、子供が残りたいと言うなら、一旦別居して離婚成立までの間、将来のことなどをゆっくり考えてみてはいかがですか?

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!