離婚で悩ましい名前変更手続きについて

離婚後に名字(氏)、戸籍をどうするのかは、婚姻で氏を変更した者にとっては大変重要なことです。離婚後の氏と戸籍の関係について理解をしておきましょう。

タグ: ,

 

離婚後に名字(氏)、戸籍をどうするのかは、婚姻で氏を変更した者にとっては大変重要なことです。離婚後の氏と戸籍の関係について理解をしておきましょう。

 

  1. 婚姻で氏を改めた人

 

通常、離婚すれば婚姻前の旧姓に戻ることになります。ただ、離婚しても婚姻時の氏を名乗ることも可能です。そのためには離婚後3ヶ月以内に、戸籍法上の「離婚のときに称していた氏を称する旨の届」を出せば婚姻時の名を名乗ることができます(婚氏続称制度)。

 

離婚届を出す際に氏をどうするのか決めておけば、同時に手続きができますから便利ですね。届出は夫婦の本籍地か届出人の所在地の役所になります。

 

注意したいのは「離婚後3ヶ月以内」という点です。何があってもそれ以上は延長されないと覚えておいてください。それほど離婚後の氏については厳しい制約があるのです。

 

もし3ヶ月過ぎた場合は「氏の変更許可の申立て」を家庭裁判所に対して行えば変更は可能になります。ただし時間がかかることもあれば、許可が下りないこともあるので、離婚時に速やかに手続きをしておくのがベストです。

 

  1. 戸籍の取り扱い

 

旧姓に戻ったら、戸籍も婚姻前の戸籍に戻ります。これを復籍と言います。父母が戸籍を別戸籍に転籍していれば、転籍後の戸籍に入ることになるわけです。

 

ただし次の場合は例外となり新戸籍を作ることになります。

・婚姻前の戸籍が除籍されている場合

・婚姻前の氏に戻った人が新戸籍編製の申し出をする場合

・婚姻時の氏を名乗りたいとして婚氏続称の届出を行った場合

 

ここで注意したいのは婚氏続称の届出を行なっている場合、表面的には元夫の氏を名乗るわけですが、戸籍は全く新しい戸籍が作られることです。そして、一度、新戸籍を作ってしまったら、やはり婚姻前の戸籍に戻りたいといってもできません。そのため新戸籍を作る際は十分考えてから届出を出しましょう。

 

  1. 子供の氏と戸籍

 

父母が離婚しても子供の氏は変わりません。母親が親権者になり旧姓に戻っても子供の氏(婚姻時のまま)は変わらないのです。母親が「婚氏続称」を届出ても表面は子供と同じ氏になりますが、法律上は別の氏とされ、呼び名は同じでも親と子の氏は異なることになります。

 

では戸籍はどうでしょうか? 子供の戸籍も手続きをしなければ婚姻時のままであり、母親の戸籍に移動はできません。母親が親権者となり、その子供を自分の戸籍に入れたい場合は、家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可(民法791条)」を申し立てて、子供の氏と自分の氏を同じにする必要があります。

 

母親が旧姓に戻っても戸籍の筆頭者でない限り、子供が氏を変えてもその戸籍には入れられません。そのため、子供の親を筆頭者とする新たな戸籍を作ることになります。

 

理由は戸籍法6条にあるように戸籍とは夫婦とその子供を一括りにして作られているからです。

 

母親が復籍しても筆頭者は母親の両親になります。そこに子供の戸籍を入れることは親、子供、孫の三世代になり戸籍法に反する事態になります。

 

家庭裁判所では、子供の氏の変更のみでは氏の変更はできません。子供の戸籍が親の戸籍に入籍する旨の届出をすることが必要になります。これで子供の氏の変更も可能になります。

 

☆まとめ

 

自分の名字だけでなく、子供の戸籍や氏をどうするのかは離婚前に話し合っておくことが大切です。戸籍法では「夫婦および、夫婦と氏を同じにする子供の戸籍が作られる」と定められています。

 

戸籍法をよく理解して、反することがないように手続きを行って下さい。そのためには弁護士に相談をしておけば間違いをせずにスムーズに子供の入籍手続きが行えます。

 

夫婦だけなら氏の変更は簡単です。しかし、子供がいると氏の変更手続き、さらには新しい戸籍の考え方が複雑になりますね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: ,