離婚で悩む人必見!離婚の悩みについて詳しく見てみよう

果たして離婚後、本当に幸せな生活を送れているのか、離婚を後悔していないのか気になりますよね。3組の内1組が離婚をすると言われる日本で実際にどういった悩みを抱えている人がいるのか見て行きましょう。

タグ: , ,

 

我慢しながら夫婦生活を送るより、出直して新しい人生を始めた方が良いと考える人は意外と多くいます。しかし、実際に離婚となるとかなりハードルは高くなるものです。それは離婚後の生活に不安があるからです。

 

果たして離婚後、本当に幸せな生活を送れているのか、離婚を後悔していないのか気になりますよね。3組の内1組が離婚をすると言われる日本で実際にどういった悩みを抱えている人がいるのか見て行きましょう。

 

  1. 離婚後は悩み多い?

 

離婚はしてみたものの本当に良かったのか悪かったのか調べたところ、五分五分という結果があります。離婚を切り出す方も、切り出された方もこんなに離婚って疲れるものなのか改めてわかったとういう人が多いのには驚きます。

 

離婚原因で一番大きな悩みだったのは性格の不一致、不倫、借金、DVの順です。特に精神的に疲れる原因は、離婚に際して財産分与・親権・養育費・慰謝料に絡む手続きだったようです。

 

  1. 離婚後の苦労

 

離婚後は8割近くが苦労だと感じているとういう数字も出ています。ほとんどは生活費が原因です。婚姻時にはなかったお金の苦労が精神的にも辛いのが伺えます。

 

さらに、専業主婦だった頃はなんで女性ばかりが家事と子育てをしなければならないのか不満だらけだったのが、いざシングルマザーになると自分が稼いで来て、育児と家事をしていく大変さを身にしみてわかるものなのです。

 

夫に不満があっても生活費は持って帰ってくれるので、家で何もしてくれなくても、浮気をしていても生活は楽だった、そう感じる人が多いのです。主婦の不平不満のはけ口が離婚へと繋がるならよく考えてみるべきです。

 

  1. 3つの悩み

 

離婚後の悩みを大きく分けると3つに分けられます。

 

① お金の悩み

離婚してみて初めて、こんなにお金に苦労するなら離婚しなければ良かったと思う人は増えています。

 

実際に慰謝料や財産分与、養育費を見ても一般の会社員であれば何十年も楽して暮らしていける額は夢のまた夢です。すぐにでも働き始めないと生活に困ることになりかねません。でも就職も厳しいのが現実。パートやアルバイトでは給料も安いのが悩ましい問題です。

 

② 子育ての悩み

離婚は子供にも大きな影響を及ぼします。専業主婦だった母親が仕事に出て、帰りが遅いあるいは帰って来ても疲れて学校の話も聞いてくれそうにないなど、子供は微妙に母親の気持ちを感じ取ります。

 

結婚時は子供の勉強も見てあげられたのが、シングルマザーになった途端に余裕もなくなり、子供の勉強や学校生活での悩みすらも聞いてあげられないのが現実でもあるのです。

 

③ 手続きの悩み

離婚の最中から始まり、とにかく役所や日常の生活に関して変更届など手続きがこれほどしんどいとは思ってもいなかったのではないでしょうか。

 

例えば、健康保険・年金の変更、不動産・賃貸の名義変更、住民票変更、生命保険の受取人変更、金融機関の名義人変更、子供の転校手続きなどです。仕事が始まると時間が取れなくなりますから、早急に変更手続きを始めなければなりません。結婚する時はこんなに大変だったかな思うほどです。

 

これら3つの悩みがシングルマザーの肩に大きくのしかかって来るわけです。

 

☆まとめ

 

離婚前後から様々な悩みに直面します。

 

相手の金銭トラブルやDV、異性関係が恒常的なら離婚やむなしですが、ただ相手と一緒に居たくないなど安易に離婚をすることは、それだけ大きなリスクも受け入れざるおえないことは覚えておきましょう。

 

特に子供に対して目が行き届かなくなることで負担を背負わせることになるは避けたいものです。

 

離婚を決意するなら生活設計をしっかり立てて、計画を立ててから進めましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

タグ: , ,