• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚を受け入れられない人に読んでほしい、今できることや離婚の受け入れ方

離婚を受け入れられない人に読んでほしい、今できることや離婚の受け入れ方

離婚はしたくないし受け入れられない方、今できることや、最終的に離婚となった場合にどうやって離婚を受け入れていったら良いか、一緒に考えてみませんか。

タグ: ,

 

夫からの突然の離婚宣告、驚きますよね。それと同時に、無気力、怒り、絶望、色々な感情が出てきて止めることが難しくなるほど、ショックも大きいものです。夫から離婚を切り出されて、すぐに離婚しましょう、というわけにはいかないものです。ほとんどの人が離婚を受け入れることができずに苦しい思いをします。

 

離婚はしたくないし受け入れられない方、今できることや、最終的に離婚となった場合にどうやって離婚を受け入れていったら良いか、一緒に考えてみませんか。

 

【離婚を切り出された時にできること】

 

まず、離婚を切り出された時に、なぜなのか理由を聞きますよね。その理由によってどういう行動をとると良いかが変わってきます。まずは離婚理由ごとにみていきましょう。

 

  1. 暴力や浮気、借金などの具体的な原因

 

どこまでが許容範囲かにも寄りますが、許容範囲を超えてしまったら、ただ許せないという気持ちだけしか残りません。自分が浮気や暴言をはいていた等について反省があれば、謝罪するしかありません。二度としない、という約束をするか話し合いで相手の気持ちが変わるのを待つしかないでしょう。

 

また、夫が浮気などをしていた場合は、完全に気持ちが相手に心変わりしており、妻への愛情は冷めてしまっていると考えましょう。

 

  1. 性格の不一致

 

多くの夫婦の離婚理由がこの性格の不一致です。すれ違いで起こるコミュニケーション不足なども含みます。もともとは意気投合したり相手のことがとても気に入ったりして結婚した夫婦です、すれ違いなどで話し合いができなかった分を取り戻せばどうにかなる部分もあります。お互いが歩み寄る努力をすることです。

 

しかし、心が離れてしまったらなかなか難しいです。「私と夫とは相性が合わなかったのだ」、と諦める覚悟も必要です。

 

【どうしても離婚を受け入れられない時にできること】

 

いろいろ自分の中で離婚を受け入れる努力をしてみても、難しいこともありますよね、まずは、話し合いを持つことです。そのために、まず気持ちを整理してください。どうして離婚を受け入れられないのかを真剣に考えてみましょう。多くの方が以下のような理由で離婚を受け入れがたいと思っています。

 

  • 経済的にも将来的にも不安

離婚をすると生活が一変し、経済的に苦しくなります。自分が働かないと家計は苦しくなりますし、すでに働いている場合でも、2馬力が1馬力で働くことになるので、収入は半減します。離婚前と同じような生活を維持できるのかという将来への不安も出てきます。

 

  • 子どもにかわいそうな思いをさせてしまう

離婚をすると、子どもに寂しい思いをさせてしまうだろうという心配があります。

 

  • 夫に未練がある、夫のことがまだ好きである

離婚をするほど嫌いではない、とか夫のことが好きであるとかいう場合も、夫と離婚によって離れてしまう不安から、離婚に踏み切ることが難しくなります。

 

  • わずかに期待をしてしまう

夫の心が完全に離れてしまっている場合でも、自分が良くなれば戻ってきてくれると期待があるうちは、離婚をすることができなくなってしまいます。

 

人により理由はそれぞれですし、全てあてはまるという人もいるでしょう。しかし、どうしても離婚は受け入れられないと思う時にはどうしたらよいでしょうか。

 

すでに話し合いを終えられている場合には、家庭裁判所などに相談して修復をはかることを試してみましょう。また、夫のことが信じられない場合は浮気調査に踏み切ってみる方法もあります。ただ、この方法を試したからといって夫の気持ちが戻ってくるという保証はありません。傷つくかもしれません。覚悟は必要でしょう。

 

最終的に、離婚は離婚届に印を押さないと成立しません。気持ちの整理がつかないと前に進むことができません。時間が解決してくれる部分もあります。納得ができるまで相手に待ってもらいましょう。

 

【離婚を前向きに受け入れるためにできること】

 

どうしても離婚しなければならないと悟った時、離婚を受け入れなければなりません。難しいですが、少しずつ試しにできるところから始めてみましょう。

 

  1. 夫への感謝を言葉にする

 

おそらく、離婚に至った夫婦の多くが、夫や妻への感謝の言葉を口に出してこなかったのではないでしょうか。夫婦だから言わなくても伝わる、という安心感もあるでしょう。しかし、言わなければ伝わらないのです。特に、男性にははっきり言わないと理解してもらえないことが多いと思った経験はありませんか。

 

離婚するのに今さら、と思われるかもしれませんが、それまでの婚姻期間を否定的なものや悲しいだけのものにしたくはありませんよね。夫と結婚した時の気持ちは確かに幸せだったし、一緒にいて楽しかったこともたくさんあったはずです。夫とともに得られた時間に感謝をして、夫に伝えましょう。

 

それは夫を喜ばせるためでも、離婚を諦めさせるためでもありません。実は自分のこれから歩む人生のためなのです。悔いや悲しみ憎しみが残る人生では、前に進めません。これから明るく人生を歩むために必要なステップなのです。

 

  1. だれかに話を聞いてもらう

 

信頼できる人にただただ話を聞いてもらいましょう。話を聞いてもらえるだけで、楽になる部分があります。離婚問題に限ったことではありません。近くに誰もいない人は、心理カウンセラーなどの専門家に相談してみましょう。

 

  1. 好きなことに没頭する

 

ある離婚経験者の方は、自己啓発本や趣味の本をひたすら読みあさり、それによって学ぶことも増え、気持ちの整理ができたと語っています。本に限らず、おいしいものを食べに行くことや楽しいことなど何かに夢中になれるものを見つけることで、気分が紛れて気持ちの余裕ができるかもしれません。

 

  1. 時間が解決してくれるのを待つ

 

だれしも、すぐに離婚を受け入れられないものです。今辛くてたまらないことも時間が徐々に癒してくれる部分があります。離婚を受け入れるには時間がかかるものです。時間の経過とともに、少しずつ冷静に整理して考えていくことができるようになります。

 

  1. 新しい出会いを探す

 

離婚したくないと思うのは、夫に未練や執着があるからかもしれません。男性は夫だけではない、と思って新しいパートナーを見つけるのも方法のひとつです。思い切って新しい出会いを探してみることで、離婚を前向きに受け入れられるようになるかもしれません。

 

【まとめ】

 

恋愛して結婚したのに、これといって決定打がないのに愛情がないという理由で離婚を切り出されると、精神的にも本当に辛いものです。離婚して人生をリセットするのには早い方がいいと言われますが、すぐに離婚を受け入れることが難しいものです。しかし、関係の修復が難しい夫であれば、一緒にいて本当に幸せなのかをよく考えてみましょう。今は離婚を受け入れられなくてとても辛いですが、前を向いていけば必ずその状態からは脱出できます。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

タグ: ,