• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚の財産分与で損をしないために「特有財産」について知っておこう

ライフスタイル

離婚の財産分与で損をしないために「特有財産」について知っておこう

シンママStyle編集部

 

離婚に向けて財産分与の準備を始めるとき、とりあえず今ある財産すべてを分けようとしていませんか?もしかしたら、それは分ける必要のないあなたの「特有財産」かもしれません。

 

逆もまた然りで、当然夫から分与されると思っているその財産も、夫の「特有財産」で分与されないかもしれません。

 

見積もりの時点で財産分与の対象になるもの、ならないものをしっかり把握しておかないと、損をしたり予定よりも分与された財産が少なくて戸惑う事態が起きるかもしれません。

 

今回は、財産分与の対象とならない「特有財産」を中心に、財産分与についてまとめました。

 

1.財産分与とは

 

そもそも財産分与とは、離婚に伴って夫婦共有になっている財産をそれぞれに分けることを言います。割合はそれぞれの家庭への貢献度によりますが、共働きでも専業主婦でも平等に1/2ずつであることが原則です。

 

例え妻が専業主婦で収入は夫が得たものであっても、家庭の支えがあってこそ得られたものとみなされるため、婚姻期間中の収入は基本的に夫婦共有の財産とみなされます。

 

財産分与は現金だけでなく家や車なども対象となりますが、所有名義などはあまり関係がありません。ポイントとなるのは、“婚姻中に築かれた財産”であるかどうかです。2人で協力して得た収入で購入したものであれば、所有名義が夫になっていたとしても財産分与の対象となります。

 

また、財産分与は、資産だけではなく負債も対象となり得ます。ローンや借金も同様に、家の購入や生活費の補填など、2人の共有財産のために借り入れたものであれば財産分与されます。

 

2.「共有財産」と「特有財産」の違いとは?

 

夫婦共有の財産であり、財産分与の対象となるものは「共有財産」と呼ばれます。一方、夫婦のどちらかのみに所有権があり、財産分与の対象とならないものは「特有財産」と呼ばれます。

 

この2つの決定的な違いとは、先ほどお話しした“婚姻中に築かれた財産”であるか否かになります。

 

例えば、婚姻中に2人で暮らしていた家でも、どちらかの親から譲り受けたものだったり、結婚前に購入してローン等の支払いも済ませていたものだった場合は「特有財産」にあたり、財産分与の対象にはなりません。どちらかの親から一部について資金援助を受け、残りを夫婦で負担した場合は、夫婦で負担した分についてのみ財産分与の対象となります。

 

また、結婚後に購入したものであっても独身時代に一方が築いた財産が資産源となっている場合は、こちらも「特有財産」にあたります。

 

同様に、どちらかが趣味やギャンブルに使い込んで作ってしまった借金なども財産分与の対象とはなりません。

 

つまり、配偶者とは関係がなく築き上げられた財産は「特有財産」に該当するため、財産分与の対象とはなりません。

 

3.「特有財産」であることを証明するために準備しておこう

 

特有財産を有しており、これから財産分与を控えている方は、できる限りそれが特有財産であることを証明する準備を整えておきましょう。

 

もしも夫婦間でこれらについて揉めた場合は、調停や裁判で争うことになるかもしれないので、証拠はできる限り集めておきたいところです。

 

最近は個人情報保護を理由に応じてもらえない場合もあるようですが、可能であれば昔の通帳履歴などを出してもらい、独身時代に築いた財産について証明しましょう。自分自身でも通帳の記帳を都度行い、過去のものをきちんと保管しておくなどして管理するのがオススメです。

 

また、家や車などを親から譲り受けた方は、そちらの購入時期や元の所有者などを証明できる書類を準備しておきましょう。

 

結婚中の夫婦には利用できませんが、婚姻届を提出する前に、現在所有している財産が夫婦一方に帰属するものであることを証明する「夫婦財産契約」を結んで登記することが可能です。日本ではあまり浸透していませんが、海外セレブの間ではよくある話なんだそうです。

 

再婚の機会があった場合や、子供の結婚の時にはこれを覚えておくと後々安心ですね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!