ライフスタイル

離婚をする前の話し合いの重要性

シンママStyle編集部

 

今の世の中、人間関係が希薄になってきているように感じませんか? ネットが普及したのも要因の一つですが、人とのコミュニケーション不足が大きいように思えます。

 

ある人が、LINEはとても便利なアプリだと言っていましたが、何が良いのかと聞いてみると、話をせずにやり取りができることだそうです。

 

話をしたくない相手と、無料でメッセージ交換ができるというのがメリットだとか・・・。何か心が通わない気もしますけど、手っ取り早くていいのでしょうね。離婚という問題に直面した時も、まず最初は話し合いになります。

 

お互いの気持ちを吐露しないと原因も掴めませんし、離婚を回避する手立ても見つかりません。何もかも吐き出した上で話し合うのが理想でしょう。

 

今回は、離婚に於ける話し合いの重要性を探っていきましょう。

 

■現代の離婚の在り方

 

離婚をする方法は4つあり、協議離婚を除いては裁判での方法となります。

 

  1. 協議離婚

離婚件数の90%以上を占めるのがこの方法で、手続きも簡単で迅速に解決できます。

 

  1. 調停離婚

調停離婚とは、裁判所の仲裁人による離婚の解決法です。二人の話し合いでは解決できない為に、この方法を取ります。

 

  1. 審判離婚

審判離婚は家庭裁判所での離婚調停が不成立になった場合、裁判官の判断で強制的に離婚させることができます。実際のところは、離婚を命じられることは稀となっています。

 

  1. 裁判離婚

家庭裁判所の調停でも審判でも話し合いの決着がつかない場合、最終手段として離婚の訴えを起こします。裁判によって判決を下してもらうもので、慰謝料や財産分与なども離婚請求と共に行います。裁判になれば、法律によって裁かれます。

 

このように上記の4つの方法で離婚を成立させていきます。中でも協議離婚をするカップルがほとんどというのが分かりますね。それでは、協議離婚の詳細を見ていきましょう。

 

■協議離婚が選ばれる理由

 

協議離婚が選ばれる背景には、手続きが簡単でスピーディーであることが挙げられます。お互い意志が固まっている場合は、出来るだけ早く手続きを進ませていきたいですよね。決断してから一つ屋根の下で暮らすのはお互い気まずいでしょうし、新しい生活をなるべく早くスタートさせたいと思うものです。

 

協議離婚以外の方法で離婚する場合は、何回も調停を重ね、数か月要するのを覚悟しなければなりません。その点協議離婚なら要点を抑えていくことでスムーズに進んでいきます。子供がいる場合親権者を指定し、離婚届を市区町村の役所に提出することで成立します。これは協議離婚のメリットと言えるでしょう。

 

◆協議離婚の簡単な流れ

  1. まず二人で話し合いをする
  2. 親権や養育費、財産分与、慰謝料などの離婚条件を決める
  3. 公正証書を作る
  4. 離婚届を市区町村の役所に提出する

 

◆離婚条件の時効期間

◇養育費:支払い義務発生から5年間

◇財産分与:離婚成立から2年間

◇婚姻費用:離婚成立から2年間

◇慰謝料:離婚成立から3年間

 

■離婚を考えた時の話し合いの重要性

 

離婚を突然配偶者から切り出され、全く予想していなかった人も多いでしょう。そういう場合は、何故離婚をしたいのかをしっかり把握する事が大事です。

 

例えば夫から言われた時、妻は離婚事由によって改善の余地があるかもしれません。家庭生活に於いて不満がつのって別れたいと思っているなら、修復の可能性もあるからです。これがどちらかの不貞行為であるなら、難しい面が出てくるでしょう。

 

浮気や不倫などは離婚を早急に迫ることが多く、相手は別れることしか頭にないということが少なくありません。こういう場合は、時間を掛けて話し合いを持つことで、良い方向に解決することも無きにしも非ずです。

 

まあ相手を許せるかどうかというのが焦点となってきますから、寛容な判断も必要でしょう。身の危険を感じるようなDVに対しては、話し合いができない場合があります。協議離婚が難しいケースですから、裁判所を介した方が良いでしょう。

 

◆話し合うポイント

 

◇財産について

お互い新しい生活をスタートさせるには、財産が不可欠となってきます。つまり生きていく上でお金はとても大事なものです。そこでまず財産分与についての話し合いをしなければなりません。貴金属、生命保険、不動産、家具や生活用品といった細かな物まで、全て財産分与の対象となります。共有財産をどのように分けるか、リストアップして決めていきましょう。婚姻中に築いた財産は、法的には折半となっています。

 

◇親権について

子供の親権をどちらが取るかは、重要な話し合いの一つです。主に母親が親権を取る確率は高いですが、生活力が母親にない場合は父親となります。この場合揉めることが多いので、子供の意見も尊重し、慎重に判断しなければなりません。

 

なるべく調停や裁判にならないように、話し合いを重ねることで解決したい問題です。

 

◇子供の養育費について

母親が親権を取った場合、父親は養育する責任がある為、養育費を払わなければなりません。この話し合いも重要で、金額、支払い方法などを細かく決めておきましょう。

 

問題点として途中で支払いが滞るケースがとても多く、この対処法も考えておく必要があります。

 

◇慰謝料について

相手から精神的苦痛を受けた場合、慰謝料を請求することが可能となります。DVや浮気、不倫も含まれますね。相手に謝罪する意味のお金ですから、しっかり請求しましょう。相手の身勝手な事由なのですから、慰謝料を求めるのは正当な判断です。

 

■まとめ

 

このように、どのようなことでも話し合いを持つというのは大事ですね。特に離婚問題は話し合いによって、状況が変わることもあり得ますから、時間を掛けて話し合うのがベストです。協議離婚というのは簡潔で良いのですが、後にトラブルになる可能性も大きいです。「言った!」「言わない!」というようなことにならないようにしたいものです。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!