ライフスタイル

離婚して同情されるのってどう?

シンママStyle編集部

 

離婚の辛すぎる経験で心が折れて泣いてばかりいる人は多いものです。離婚前には思ってもみなかった現実の生活。子供を抱えて途方に暮れる日々が始まり、落ち込んでばかり。

 

でも立ち直れる時は来ます。同じ痛みを知っている離婚経験者や友達などあなたを応援してくれる人は周りにいるはずです。

 

  1. 同情してくれる友達、励ましてくれる友達の存在

 

色々悩んで離婚をしたあなたはまだ傷が癒えていないのか毎日落ち込んで泣いてばかりいる生活を送っていませんか?

 

同情してくれる友達に感謝はしても、心のどこかでどうせ他人事だと思っているのではないか?離婚経験も無い友達に本当に自分の気持ちがわかっているのか?同情されればされるほど惨めな気持ちになりそう。どうせ一人ぼっちなんだ。そんな気持ちになっていませんか?

 

明確な離婚理由があって離婚したのなら気持ちの整理は早く着くのですが、そうでない場合は後悔や未練が残るものなんです。

 

そんな時に寄り添ってくれる友達の存在には感謝しましょう。確かに当人にしか分かり得ないこともあるでしょう。でも落ち込んでばかりいるあなたに、友達が気にかけてくれる優しさに素直になってみてはいかがですか?

 

  1. 重すぎる同情

 

会社などでやたらと離婚したことについて聞いてくる同僚とかいますか?確かに重たい存在ですよね。興味本位で何かと聞いてくる人は適当にあしらっておく方が無難です。本当の友達なら必要以上には離婚については触れないはず。

 

ただそうした状態も時間が解決してくれます。人の噂は七十五日と言いますから。その時が来るのを待つしかないですね。

 

  1. 離婚後の気持ちの整理

 

離婚前はかなりのエネルギーを離婚に使い、離婚後はなんとも言えない孤独感に押しつぶされそうになりますよね。

 

そんな時に同情の言葉ではなく、食事や買い物に付き合ってくれる友達の存在は大きいものです。普段と変わらない接し方がかえって心を落ち着かせてくれるものだから。

 

きっと周りの人もどう言ってあげればいいのか、どう付き合えばいいのか最初は戸惑っているものなんです。

 

ある意味、同情は簡単です。離婚直後は同情も嬉しいのですが、人間は勝手な面があり、次第にそれが重く感じることもあります。普通に接してくれるのが一番なんですよね。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!