ライフスタイル

離婚したらどうなる?と不安なあなたへ

 

離婚を考えている人の中には、離婚をするとどうなるのか?生活は?仕事は?育児は?住む所は?そもそも離婚して生きていけるのかと色々な不安が頭の中をよぎっているのではないでしょうか?

 

でもこのまま今の夫と暮らしていくには辛すぎる。夫婦関係が冷め切って、罵り合うような環境に子供がいて果たして幸せと言えるのか?いっそ思い切って離婚をして出直そう、そう考える人もいるでしょう。

 

そこで後悔しない離婚について考えてみませんか?

 

  1. 離婚したい理由をよく考えてみる

 

離婚したいと思うにはそれなりの理由があるはず。でも離婚までしなくても別居して冷静に考えてみる方法もありますよね。

 

離婚の理由としてよく言われるのが、性格の不一致、浮気、DV、ギャンブル、借金、働かないなどが主な理由です。その中で相手の起こす行為には何かしらかの原因があるかもしれません。

 

ただ、浮気、DV、借金は夫婦の関係を阻害する大きな原因になるために離婚に至るケースが高いと言えます。

 

  1. 離婚して後悔するケースとは

 

勢いで離婚をして後悔しないようにするためにも、離婚経験者がどういったことで離婚を後悔するのか抑えておく必要があります。後悔する原因としては大きく分けて、経済的な問題と子供に関する問題が大きな要因です。

 

  • 経済的な要因

 

母親が何か資格を持っている、婚姻中も正社員として働いていたなどがあれば別ですが、専業主婦だったり、特に資格もないといきなり働いて生活していくのは容易なことではありません。

 

慰謝料や財産分与なども一般的なサラリーマンだと金額は多くは望めません。養育費に至っては滞ることも多いのです。

 

  • 子供に関すること

 

これまで夫婦でなんとか子供を養育していたのが一人で行うことになり、目が行き届かなくなることもあります。また一人だと、思った以上に負担が大きく、父親がいない不憫さも感じることになるのではないでしょうか。

 

  1. 後悔しないために

 

離婚をして後悔しないためには、離婚後の生活設計をしっかり立てておくことです。収入をどうやって確保するのか、子供が小さければ保育園を探しておけなければなりません。仕事と育児が両立できる職場かどうかも確認しておきましょう。

 

見通しが立たないまま安易に離婚をすることは後になって後悔することにつながります。

 

できれば離婚をしないでやり直しができないかもう一度考えてみるのも大事です。冷却期間が必要なら実家に戻るとか、別居をしてみることも冷静に考える時間を持つことができるので有効な手段でもあります。

 

また相手方の親と交流があるなら、そこから相手との関係修復も可能かもしれません。復縁は夫婦だけではどうしようもない時は親戚や友人・知人、女性専用のカウンセラーなど相談してみるのもいいでしょう。

 

一人で悩やまないことが大事なのです。

 

☆まとめ

 

離婚をして幸せに暮らして行ける人もいますが、後悔する人もたくさんいるのは事実です。

 

離婚をどうしようかと考える時には、先々の計画をしっかり立てておくことが大切です。民間の賃貸住宅を借りるだけでも母子家庭だと不利になることもあります。収入が安定しないことが大きな原因なのです。

 

特に子供が小さい時は会社で働くにも、子供の体調の異変で早退や欠勤が起こりがちです。そうした状況に対応してくれる職場かどうか、場合によっては正社員での就職が厳しく、パートやアルバイトで生活することもあります。その場合、時給制なので収入に大きく響くことになります。

 

できれば資格を持つなど、就職に有利な条件があればいいのですが。なければ働きながら取得を目指すことも可能です。

 

離婚をしても後悔しながら生きていくことは辛いことです。一時的な感情で離婚などしないよう、現実を見つめて冷静に離婚を考えましょう。

 

 

(文/ルーミス 画像/123RF)

 

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!