ライフスタイル

離婚時に財産分与で貰ったものに贈与税は掛かるの?

シンママStyle編集部

 

婚姻時に、配偶者から貰った財産などには贈与税が掛かる場合がありますね。けれど特例や非課税枠などがあって、条件を満たせば贈与税は掛かりません。離婚の場合は財産分与という制度があって、これにも一応贈与税は掛からないことになっています。でも掛かる場合もあることを知っておきましょう。

 

今回は、離婚時の財産分与について調べてみましょう。

 

■財産分与とは?

 

財産分与とは、婚姻中に二人で築いた財産を分け合うことです。お金や貴金属、不動産などが対象となってきます。割合は、財産形成にお互い努力したという判断で折半となっています。基本贈与税は掛かりませんが、例外もあります。

 

■財産分与の種類

 

一般的に財産分与というのは、二人で築いた財産を分けるということです。そしてその意味合いとして3つに分けることができます。

 

◆清算的財産分与

これは二人で作った財産を公平に折半するということです。お金、貴金属、不動産など全ての財産を分配するという考え方です。

 

◆扶養的財産分与

離婚によって、夫婦の一方の生活が維持できなくなるのを防ぐ為のものです。路頭に迷わないように援助するというのが目的となります。病気であったり、生活が困窮している配偶者に対して認められます。

 

◆慰謝料的財産分与

財産分与と慰謝料は別に請求するものですが、お金が絡む為、財産分与として請求する場合もあります。浮気やDVなどの慰謝料は進めるのに時間が掛かりますから、証拠集めなど早めの行動が必要です。

 

■財産分与で土地や家屋を貰った場合

 

あくまで財産分与として貰ったのですから、土地でも家屋でも税金は掛かりません。それから、不動産を売買や贈与で取得すると、「不動産取得税」という税金が掛かってきます。取得してから数か月後に納付書が送られてきます。ですが財産分与に於いては、この税も納める必要はありません。

 

但し、取得後には登記をしなければなりませんので、「登録免許税」という税が発生します。名義変更には不可欠なものですから、専門家に依頼するのが良いでしょう。

毎年固定資産税を支払うのも必須となってきます。

 

■財産分与で贈与税が掛かる場合

 

◆財産が多過ぎる場合

二人で協力して作った財産でも、余りにも多い場合は贈与税の対象となります。その形成の経緯や事情も考慮して貰えますが、けた違いのケースでは難しいです。贈与税を払うのは免れないでしょう。

 

◆課税を免れる為に離婚をした場合

離婚の原因は様々で、浮気やDVなどが上位を占めています。中でも性格の不一致という要因も増えつつあります。ですが明確な理由がないのに離婚するケースがあります。この中に、贈与税を免れる為の離婚が含まれています。

 

つまり財産分与の定義が、贈与税の対象外というところに目をつけた行為なのです。税金を免れて財産を守ろうとする不当行為ですから、許されるわけがありません。制度を悪用すれば、必ずしっぺ返しにあいますね。

 

■まとめ

 

婚姻中に夫婦間で贈与があれば、基準を超えると贈与税が掛かってしまうということですが、案外知らずに贈与を行っているケースもあるのではないでしょうか?

 

貴金属なども、結婚指輪は贈与ではなくて、婚姻中のプレゼントの宝石には贈与税が掛かってしまいます。保険に関しても、契約者、被保険者、受取人が別々の場合、贈与税が掛かってきます。例えば母親が契約して、被保険者の父親が亡くなって、受取人の子供が保険金を受けとる場合です。難しいですよね~

 

財産分与も今でこそ、折半になっていますが、昔は妻が30%程度だったそうです。生活費を切り詰めて財産を残したとしても、それを妻の功労とは認めて貰えなかったのでしょうね。今の時代は支援制度も充実していますから、離婚となっても様々な知識を身に着けて、上手く制度を活用しましょう。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!