相手に勝手に離婚届けを出されてしまったらどうする?

もし、相手に勝手に離婚届けを出された場合、どうしたらいいのでしょうか? 今回はそんな離婚届けを勝手に提出されたときの対処方法などについて説明します。

タグ:

 

離婚は基本的に夫婦間で話し合って合意のもとで成立するものですが、一方が勝手に離婚届を出した場合でも、届け出が受理されれば、離婚が成立してしまいます。実際、私の知人にも、奥さんが勝手に離婚届けを出していて、家に離婚届けを受理したという通知が届いて初めてそのことを知ったという方がいました。

 

もし、相手に勝手に離婚届けを出された場合、どうしたらいいのでしょうか? 今回はそんな離婚届けを勝手に提出されたときの対処方法などについて説明します。

 

〇勝手に離婚できてしまう?

 

そもそも相手に何の相談もなく勝手に離婚することはできるのでしょうか? 離婚が成立するまでの流れを見ておきましょう。

 

協議離婚に必要なもの

  • 離婚届け

記入事項

・届け出の日付

・氏名、生年月日

・住所

・本籍

・夫婦それぞれの父母の氏名

・離婚の種別(協議離婚)

・婚姻前の氏に戻る方の本籍

・未成年の子の氏名

・同居の期間、住所

・同居中の世帯の主な仕事

・夫婦の職業

・届け出人の署名、押印

・証人の署名、押印

  • 身分証明書
  • 夫婦の戸籍謄本

 

以上を市役所にもっていき手続きをします。離婚届けの証人は離婚する当事者夫婦以外の20歳以上の人ならだれでも証人になることができます。また、離婚届けは夫婦のどちらかのひとりだけでも提出することが出来ます。

 

協議離婚は本来、夫婦間で協議した結果離婚することが決定したとみなされるわけですが、離婚届けを本人が書いたかどうかまでは判断されません。例えば妻が夫の記入欄も記入したり、代筆を頼んで書いてもらった場合でも、離婚届けに不備がない限り離婚届けが受理されれば離婚は成立してしまうのです。

 

このように勝手に離婚届けを出されてしまったらどうしたらいいのでしょうか?

 

〇一方的な離婚成立を防ぐ離婚不受理届

 

勝手に離婚届けを出されても無効になるように対策できるのが離婚不受理届です。離婚不受理届を出しておけば、勝手に離婚届けを出されても、その離婚届けは受理されないので、離婚は成立しません。離婚不受理届は申し出る本人が提出します。代理提出はできません。

 

離婚不受理届申し出に必要なもの

・離婚不受理届

・身分証明書(顔写真付き)

・認印

 

離婚不受理届取り下げに必要なもの

・取り下げ用紙(郵送での取り下げはできませんので、直接市役所に行って記入します。)

・身分証明書(顔写真付き)

・認印

 

離婚不受理届は、届出人が取り下げをしない限り無期限で有効です。取り下げは離婚不受理届を届け出た本人のみができます。離婚不受理届を届け出ていた本人が離婚届けを提出した場合は、離婚届けは受理されます。離婚不受理届の取り下げは不要です。

 

〇一方的に離婚が成立してしまった場合

 

離婚不受理届を出していなかった場合は、先にも説明したように、一方的に離婚が成立してしまう場合があります。そういった場合の離婚を取り消すためには、協議離婚無効確認調停を申し立てることで無効を主張することができます。

 

協議離婚無効確認の申し立てに必要なもの

・申立書

・夫婦双方の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)

・離婚届の記載事項証明書

・収入印紙1200円分(申立費用)

 

離婚が合意の上ではなかったことが認められれば離婚が無効になります。離婚の無効が確定したら、戸籍訂正の申請が必要です。

 

戸籍訂正の申請に必要なもの

・審判書謄本

・確定証明書

 

裁判所から交付される以上の書類をもって市役所で手続きします。

 

万が一、調停でも無効にならない場合は訴訟を起こし、そこで無効が確定した場合には

・判決書謄本

・確定証明書

をもって戸籍訂正を申請します。

 

☆まとめ☆

 

勝手に離婚されてしまうことがないように対策できること、無効にできることをお伝えしました。万が一離婚が成立してしまっても諦めずに無効を主張することで離婚は解消できます。ですが、一番は勝手に離婚をしないことが基本です。勝手に離婚すれば、離婚後もトラブルになる可能性があります。

 

離婚したいと思っている、相手に離婚をしたいと告げられた、そんなときは話し合いをして決めるか、調停を申し立てるなどして、正式に離婚の手続きをとるようにしてください。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

タグ: