突然離婚を切り出された時に心得たい3つの対応

今回は、突然離婚を切り出された時に取るべき3つの対応についてまとめました。

タグ:

 

「顔を合わせると毎日のように喧嘩をしている」「最近めっきり会話が減った」「夫が家に帰ってこない」…このような分かりやすい兆候があれば、「この結婚生活は長く続かないかも」と予感できるかもしれません。

 

ですが中には、表立った問題がなく平穏無事に暮らしているつもりだったにも関わらず、突然離婚を切り出されるというケースもあるようです。今と変わらない日々がずっと続いていくと思っていたところにこのような話を持ち出されると、パニック状態に陥ってしまうかもしれません。

 

ただ、離婚を拒否するにせよ受け入れるにせよ、最初の対応はとても大切です。今回は、突然離婚を切り出された時に取るべき3つの対応についてまとめました。

 

1.まずは冷静になる

 

予想もしていなかったところに突然離婚話を持ちかけられてパニックにならない人はいないでしょう。でも、詳しい話や今後の話をする前に、まずは冷静になりましょう。「気持ちの整理がつくまで少し時間をちょうだい」というのも手です。

 

泣いてすがられても、相応の覚悟を持って話してきた相手に響くとは限りません。離婚を受け入れるにしても、ただ離婚届に判を押せば良いだけでなく、財産分与などの現実的な問題も考える必要があります。子供がいる夫婦なら、養育費や面会交流などについても取り決めをしておかなければなりません。

 

パニック状態でこれらを瞬時に判断するのは難しいものがあります。結論を求めるよりもまずは自分自身が話し合える状態になるまで、時間をおいて冷静になることが大切です。

 

2.理由を聞き出す

 

ある程度気持ちが落ち着いてきたら、離婚したいと考えるようになった理由をしっかり聞いてみましょう。もしかすると自分に反省しなければならない点があったり、話し合い次第で解決の糸口が見えてくる可能性もあります。

 

注意したいのは、離婚理由が取ってつけたようなもので到底こちらが納得できるようなものではないときです。このような場合は、浮気や不倫の可能性を疑ってみましょう。ここでバレれば、慰謝料を請求される可能性があるので、適当な理由をつけてそれを隠したまま離婚をしようと考えているのかもしれません。ただ、話し合いの場で勘繰って問い詰めてしまうと、押さえておきたい浮気・不倫の証拠を隠されてしまう恐れがあるので、まずは冷静に向こうの言い分を聞くに留めましょう。

 

3.考えがまとまるまで時間をもらう

 

相手の言い分がどうであれ、離婚は夫婦双方の合意があることが基本です。こちらに不貞やDVなどの余程の非がない限り、調停や裁判でも一方的な言い分の離婚が認められることは滅多にありません。

 

まずは、自分の考えがまとまるまで時間をもらいましょう。その間、必要であれば何度でも話し合い、しっかりと自分の気持ちを伝えることも大切です。

 

離婚をするのもしないのも人生における重大な選択。どちらの答えを出すにしても、自分自身が納得できるまで考え抜きましょう。

 

もしも相手の浮気・不倫を疑っている場合は、この間に証拠集めを行っておくのがオススメです。ガードが緩い夫であれば自分で証拠を集めても構いませんが、裁判などで有利になるように確実に証拠をつかみたければ、探偵などのプロに頼むのがオススメです。

 

離婚を拒否するにしても進めるにしても、この証拠があるのとないのとでは大きく変わってきます。今まで離婚したいの一点張りだった人が、浮気・不倫の動かぬ証拠を突きつけられると我に返り、気持ちが変化するケースもあるようです。

 

☆まとめ

 

予想もしていなかったところに離婚宣告をされると、目の前が真っ暗になりつい感情的になってしまうと思います。でも、離婚は心理的な面に加えて、養育費や慰謝料、財産分与など、今後の人生にも大きな影響を与える可能性があるものです。

 

何も考えたくないほど辛い気持ちに襲われるかもしれませんが、相手の気持ちと自分の正直な気持ちに向き合い、時間をかけて考えてみてください。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

タグ: