手遅れになる前に向き合って!離婚が近い夫婦の特徴5選

今回は、離婚が近い夫婦に見られる特徴を5つご紹介します。当てはまるものがある方は、手遅れになる前に夫婦できちんと向き合う時間を作ってみましょう。

タグ: ,

 

最近夫と過ごす時間は取れていますか?家の中に居心地の悪さを感じてはいないでしょうか?

 

仕事や家事、育児に忙しかったり精神的に追い込まれていたりすると、夫との関係性の変化について考える余裕が無いかもしれません。でも、そうしたわずかな変化を見逃し続けていると、気が付いたときには夫の気持ちは離れ、取り返しのつかないものになっているかもしれません。

 

戸籍上は家族とはいえ元は他人同士であり、婚姻関係の持続にはそれなりの努力も必要です。

 

今回は、離婚が近い夫婦に見られる特徴を5つご紹介します。当てはまるものがある方は、手遅れになる前に夫婦できちんと向き合う時間を作ってみましょう。

 

1.喧嘩ばかりしてしまう

 

最近、顔を合わせるたびに喧嘩をしていませんか?「お互い疲れているから…」と割り切って考えているのは危険かもしれません。

 

口を開けば不満ばかりという家はお互いにとって居心地が悪いもの。一度時間をかけて話し合ってみましょう。この際相手に改善を促すだけでなく、相手を責め過ぎていなかったかなど、自分自身の行動を省みることも大切です。「喧嘩をしても翌日には持ち越さない」などのルールを決めておくのもオススメです。

 

2.会話が減る

 

喧嘩をするわけではないけれど、以前と比べてぐっと会話が減ったという方も要注意です。お互い心を許し、リラックスしている状態とも考えられますが、実は「妻は自分に関心がない」「話したいけれどどうせ聞いてもらえないだろう」など不満が溜まっている場合もあります。

 

会話をせずともリラックスして過ごせる関係性は素敵ですが、時には日常の些細な出来事を報告しあったり、相談しあったりできる関係であることも同じくらい大切です。

 

最近会話が少ないなと思ったら、積極的に自分の話をしてみたり、相手のことを聞いてあげてみてください。

 

3.生活リズムが合わなくなる

 

最近、ご飯を食べるタイミングもバラバラになったり、休日も別々に過ごすことが増えていませんか?子育中の夫婦や、共働きの夫婦においてはそのようなこともやむを得ない時があるかもしれません。

 

ただ、それが本当にやむを得ない状況から来ているのか今一度考えてみましょう。もしかしたら夫婦関係に不満があり、夫があえて1人の時間を作ろうとしている可能性も考えられます。この家庭内別居のような状態が続くと、気持ちもさらに離れてしまうかもしれません。

 

家庭の中で必ず一緒に過ごすように縛る必要はありませんが、「朝ごはんだけでも一緒に食べる」「土日のどちらかはなるべく一緒に出かける」など、夫婦で過ごす時間を意識して作ってみましょう。不満があってあえてそうしている場合は、早めにその原因を探ることも必要です。

 

4.帰宅時間が遅くなる

 

以前に比べて残業や飲み会がぐっと増えた場合も注意が必要です。先ほどの理由と同じく、家の中に居心地の悪さを感じていてなるべく帰りたくないと思っているのかもしれません。浮気や不倫を疑いたくなってしまいますが、必ずしもそうとは限りません。あえて残業をしたり飲み会を入れていたり、コンビニなどに立ち寄って時間を潰しているケースもあるようです。

 

むしろ、家庭に不満があって帰ることが億劫になっているのに、浮気や不倫の濡れ衣を着せられて責められてはますます家に帰りたくなくなってしまうはず。もしも、夫が家庭内で落ち着けていないのでは?と思い当たる節があったら、まずは家の中に夫の居場所を作ってあげることが大切です。

 

5.お金の使い方が荒くなる

 

今まで節約していた夫が、最近お金の使い方が荒くなったとしたらそれも要注意のサインです。家の購入資金や子供の学費など将来を見越して貯金をしていたとしても、離婚が頭にチラつき始めると、お金の使い方がいい加減になってしまうことがあります。

 

自分の身の回りのものを買い込んだり、飲み会などの交際費が急に増えたら、家庭への関心が薄れつつあるサインかもしれません。月々のお金の使い方について改めて話し合うと共に、理由を聞いてみましょう。

 

☆まとめ

 

離婚は相当な覚悟がいるもの。一度それを決意してしまった人の心を取り戻すのは大変です。できればそれを口にされる前に、兆候を見つけて早いうちに芽を摘んでおきたいところ。

 

夫婦生活を維持するのにはときに苦労も伴いますが、お互いの関係性について見つめ直す時間を大切にしてくださいね。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

タグ: ,