離婚後の出会いに求めるものとは?

今回は、離婚後の出会いについて考えていきましょう。

タグ: , ,

 

「出会いがあるから別れがある」なんて、普段はあまり考えることはありませんね。別れというのは突然やってきたりして、現実として受け止めがたいものです。まして身近な人やペットとの死別は、乗り越えるのに時間が掛かります。

 

二度と会えないと思えば思うほど悲しみは増していきます。永遠の別れは時が経つのを待つしかないのでしょうね。別れは別れでも、離婚によるものは覚悟の別れでもあります。その別れによって今までとは違う人生を歩むことになりますが、待ち受ける運命は様々です。

 

只離婚を前向きに捉えようとするケースは多く、シンママとして子供と生きていく決心は固いようです。それでも時には誰かにすがりたいと思うことがある筈です。

 

そんな時、頼れる人が傍にいてくれたら心丈夫ですよね。今回は、離婚後の出会いについて考えていきましょう。

 

■離婚後の心境とは?

 

離婚の形は様々であっても、別れてしまった事実に変わりはありません。一度は固く結ばれた男女であっても、別れは突然やってきます。それは受け止める人によって対処法は違ってくるでしょう。けれど離婚を選択するということは、寛容になれない、なり得ない理由があるからでしょう。

 

離婚後、「結婚なんてもうコリゴリ!」「再婚なんて考えられない!」と思う人もいれば、もしもチャンスがあればもう一度結婚してみたいと思う人もいるでしょう。

 

人の心は日々変化していくもので、再婚に否定的だった人が、思わぬ出会いで再婚に踏み切ったり、肯定的だった人が思い止まったりすることもあります。それを運命や縁だと言ってしまえばそうかもしれませんね。「縁は異なもの味な物」と言いますから…。

 

では離婚後の出会いに求めるものは何なのでしょうか?そして気持ちはどう切り替えれば良いのでしょうか?

 

◆女性らしく生きる

たとえ母であっても女性なのですから、常に女らしく行動したいものです。価値観や好みが違っても、自分なりに身なりを整えるのは最低限の身だしなみになります。子供がいればどうしても子供優先で、自分は後回しになってしまいます。けれどたまには自分の為に、化粧品や洋服を選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

おしゃれをするのは決して贅沢ではなく、アクセサリーを一つ付けるだけでも、心は軽やかになります。そしてプラス笑顔があれば、人とのコミュニケーションも上手くいくような気がします。離婚をしたことをずっと引きずっていては、笑顔にはなれませんね。

 

励ましのお決まりの言葉に、「ポジティブに!」がありますけど、言うのは容易いですが実行は難しいです。立ち直るには時間が必要です。「焦らずマイペースで!」と言われた方が、頑張れるような気がしますよね。

 

時が経てば自分を見つめ直すこともできますから、自分の人生をどう生きるか?女として、母としてじっくり考えればよいでしょう。

 

■離婚後の出会いを大切に!

 

シンママであることを恥ずかしく思ったり、周りの偏見の目で辛い状況にある人もいるのは確かでしょう。けれど今の時代は、昔のような「男尊女卑」の時代ではありません。

 

シングルの親に対しての公的な支援制度が充実しているのも、理解と寛容さがある証拠です。誰もが好き好んでシングルになるわけではありませんからね。

 

シンママの生き方に対して、最近の若い男性は真っ先に健気な女性だと思うようです。これは統計的にも立証されていることで、年上のシンママに憧れる男性がいるのも事実なのです。母性本能に惹かれるという説もありますが、子育てをしながら仕事も頑張っているママを守ってあげたいという心理が働くのだそうです。

 

そう考えると、離婚後の出会いを真剣に考えるのも悪くないのでは?と思います。

 

最近は男女の出会いを求める婚活サイトが増え、利用する人も少なくありません。ほとんど女性は無料で登録できて、セキュリティ対策もしっかりしているのが人気です。遊びではなく真剣にパートナーを探している男女の集いです。まずは踏み出してみる勇気を持ちましょう。

 

■まとめ

 

本当に縁とは異なもので、不思議な巡り合わせのような気がしてなりません。昔ハンコ屋さんから聞いた話ですが、縁とは自分が知らない大昔から繋がっていて、嫁ぐということも何らかのえにしによって引き寄せられた結果だということです。

 

何か不思議で怖いような気もしますけど、離婚があるということは、縁にも間違いがあるということなのでしょうか?やはり人生は摩訶不思議です。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: , ,