離婚した後、連れ子の養育費を元夫に請求できるの?

離婚後に連れ子とアリで再婚。そのあとさらに離婚した場合、再婚相手に連れ子の養育費を支払わせることはできるのでしょうか?その支払い義務には、「養子縁組」と「扶養義務」。2つの制約がありました。詳しく見ていきましょう。

タグ: , ,

 

子連れ再婚後、再婚相手と思うように結婚生活がうまくいかず離婚。この時子供の養育費を、離婚後に請求することができるのでしょうか?

 

子の養育費というのは、基本的にその子の実の両親に対し生じるもの。子供と血のつながっていない2人目の夫に、その義務を生じさせるには、どうすればいいのでしょうか?

 

■離婚後も養子縁組があった場合

 

養育費とは、子に対する「養育義務」・「扶養義務」を具体化したものです。ですから第二の夫と子の間に、再婚と同時に「養子縁組」を行わないと、彼に養育費の法的な支払い義務は発生しません。

 

ですが養子縁組があった場合、離婚後でも養育費を請求することができます。

 

離婚後の養育費の金額に関しては、各家庭それぞれ。また再婚と同時に、養子縁組を組まなくてはならないという法律もありませんので、再婚前に当たり前のように養子縁組を組むのではなく、子の養育費・扶養義務・養子縁組について、本当に納得できるか、2人で相談しておくのが最善です。

 

■離婚と同時に養子縁組を解消した場合

 

離婚と同時に養子縁組も解消した場合の、連れ子と再婚相手の関係は他人同士です。再婚相手は養子縁組がなければ、子に対し養育費を支払う義務が発生しません。扶養義務がなければ、法的に養育費お請求することもできないでしょう。

 

ですが一緒に暮らしていた期間が長かったら、気持ちで繫がることも。離婚後も会って一緒に食事ができるような仲であれば、血が繋がっていなくても善意で連れ子に養育費を用意しているといったケースもあるようです。

 

ですがそれは信頼関係のもとに成り立っている金銭のやり取り。「養育費」と称して譲渡された金銭でも、あとで再婚相手が「やっぱり返してほしい」などと訴えてきた場合には、元は一緒に暮らした仲でも、法律上は他人同士と同じやり取りを行うことになります。

 

■連れ子の気持ちにも傾聴を

 

いくら当事者同士が仲睦まじくとも、連れ子も再婚相手を好きになるとは限りません。うちだってそうです。うちは子連れ同士で再婚したステップファミリー。彼は男の子1人。私は女の子3人を連れて再婚しましたが、私たちはお互いの継子に好かれていません。

 

何が言いたいのかというと、養育費に関し受け身な子らですが、彼らにだって意見はある。ということ。

 

子連れ再婚した後また離婚。そうなったときに子がすでに物事がわかっていて、「養育費」「扶養義務」といった言葉の意味が理解できている年齢だったら、親の一任で養育権の有無を決めずに、子と話し合いをすべきではないでしょうか。

 

もし元再婚相手が子にとって「隣に座るのもイヤ」な存在だったら、そんな人のお金で制服や教材を購入されたとあっては、進学に対し拒否反応を示すかもしれないからです。

 

困窮している場合を除いては、離婚後も養子縁組を残す・残さない、もしくは養子縁組を解消しても関係が続いていた場合、彼から金銭の援助を受けることには、慎重になった方が良いでしょう。

 

☆まとめ

 

もし、初婚の相手が離婚後に全く養育費を払わなかった場合、再婚相手には離婚後にも金銭の援助を受けたいと思うかもしれません。

 

再婚相手内面が成熟していて、理知的であれば、養育費を受け取ってもいいかもしれません。しかし、もし本当の親子のように仲が良くても血が繋がっていないことは事実。先々のことも視野に入れ、よく見極めて「受け取る・受け取らない」の判断をしましょう。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

 

タグ: , ,