離婚は疲れる!?疲れない!?経験者が思う離婚の大変さとは

今回は離婚の手続きや話し合いで疲れる事や大変な事、またそんな疲れを感じ挫折しそうな時に大切な事をお話したいと思います。

タグ: ,

 

離婚は結婚する時より疲れてしまう、と聞いた事はありませんか?実際、離婚を経験した私は本当にその通りだなと感じました(笑)。

 

結婚する時と比べて精神的にも参ってしまう離婚手続きは周りの協力と支えがあったからこそ成しえたものだと今だから感じます。

 

そこで今回は離婚の手続きや話し合いで疲れる事や大変な事、またそんな疲れを感じ挫折しそうな時に大切な事をお話したいと思います。

 

■離婚前 離婚後 離婚してからも疲れるなぁと感じる事とは?

 

まず、離婚した事のある方も無い方も 結婚生活をしている中で離婚を考えた事の無い方はいないのではないでしょうか?些細な喧嘩から子育ての価値観の違いや不貞行為など色々と思う事もあるのではないでしょうか?

 

そんな離婚を意識し始めてから我慢を続けている現状こそが第一の辛いポイントだと思います。離婚へ踏み切れずに悩んで現状維持を続けている生活こそが我慢の毎日だと言えるでしょう。そして離婚を決意し行動に移すために夫婦で話し合いを設けなければなりませんが、そちらが上手くいかなければ調停離婚での手続きになりますよね。その為時間も体力も消耗すると言えるでしょう。

 

また、離婚が上手くいっても周りへの離婚報告や説明等がまためんどくさい作業になります。わざわざ離婚を報告する事はないと思いますし、仲のいい友人等はそもそもの経緯を知っていますので説明の必要はありませんが、私の場合で言うと離婚後勤めた先で離婚理由を聞かれた際にとても嫌な思いをしたのを覚えています。

 

あまり親しくない方や成り行きで話さなければならなくなった際の対処法を考えおくと焦らないで済むかもしれません。続けてDVでの離婚経験者の私の話になってしまいますが、DVで離婚した事を知らない周りの人たちが『もし、DVされたらどうする~?』など些細な会話や笑い話も苦痛で耳を背けてしまいました。これは離婚したという事実や現実に上手く向き合えているのかどうかも凄く大切になってくるかと思います。

 

そして、一家の大黒柱として働いていかなければならないプレッシャーと責任感、また働くためには子供を預けなければなりませんので保育所探しも必須になってきます。そんながむしゃらな日々が過ぎて落ち着いてくると、今度は離婚した事からくる寂しさがやってきます。

 

離婚理由にもよりますが、もしかしたら自分にも悪い点があったのかもしれない、もう少し反省できたのかもしれないという思いが出てくるかと思いますが、離婚を決意した時の事を思い出して頑張るしかありません。SNSや日記など少しずつでも記録をつけておくといいかもしれませんね。少し前の事でも大切な事を思い出すきっかけになります。

 

■離婚を経験したからこそ分かる事とは?必ずしも悪い事ではありません

 

離婚を経験すると計り知れない痛みや苦しみを味わいますよね。ですが、痛みが分かるからこそ他人へ優しくなれるというものです。

 

離婚するまでは専業主婦をやっていたが、離婚を機に資格取得を目指して専門学校へ入学し看護師や歯科衛生士など女性ならではの資格取得を目指して頑張っているという話も珍しい事ではありませんよね。

 

現在は資格取得を応援する助成金や給付金も豊富ですのでそういった制度を活用する、というのも一つの手ですよね。この様に離婚をきっかけに新しい人生を歩み目標や希望が生まれたというパターンも多いです。その根本にある思いはお子さんとの生活の基盤をつくるためや安定した収入を得るためなどお母さんとしての思いが大きいですが、その分資格取得にかける思いも人一倍と言えるでしょう。

 

以上を踏まえた上で離婚を前向きに、疲れた…と感じてしまったら一度休憩をしてみるのもいいかもしれません。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

タグ: ,