離婚後に元夫が元妻の生活費を支払う義務ってあるの?

離婚した後も夫は妻に生活費を支払うことができるの?離婚後は他人。同じ空間にいるのもイヤ!相手がそんな人間であってもお金はお金。子供がいたら生活費はいくらでも必要になります。離婚後の妻の生活費についてご紹介します。

タグ: ,

 

離婚の際には、慰謝料・養育費・財産分与など、様々なお金が動きますが、離婚後の妻の生活費についてはあまり触れられることはありません。離婚後に元夫が元妻の生活費を支払う義務はあるのでしょうか?

 

もし支払ってもらえるのだとしたら、どのような形で受け取ることができるのでしょうか?

 

■基本、元夫に支払い義務はない

 

離婚するとともに、籍を外れ、結婚していた2人は他人になります。男性は、1回結婚したらパートナーの生活を一生支えなくてはならないといった法律もありません。

 

ですから、基本的に離婚後も生活費を支払う義務はないのです。婚姻時に妻が専業主婦で、まったく所得がなかったとしてもそれは同じことです。

 

しかし納得いかない!元々は婚姻関係にあったんだから、どうしても元夫には生活費を出してもらいたい!と、本格的に相談ができるのは弁護士事務所です。

 

しかし、すでに決裂した後で生活費を請求するのは非常に難しい事。離婚後、自分の生活費はお互いに自で負担することになります。

 

■生活保護を受けていてももらえないの?

 

よく、「困窮しているから」「子供もいて思うように働けないから」と言って、離婚時に約束した月額の養育費プラス、生活費の工面を元夫に相談する方がいます。

 

相手が承諾すればOKなのですが、こちらが生活保護を受給していた場合は、相手の支援により保護費が減額します。

 

生活保護というのは、支援してくれる親族もいない、資産も全くない世帯に支給されます。審査は毎月あり、その月に元夫から金銭の支援を受けたとわかれば、次月の保護費より同額を減額されるのです。

 

元夫という支援者からの金銭の受け取りがあったので、保護費は満額必要ないという役所側の判断です。

 

どうやって支援を受けたかの確認を行うかというと、通帳を役所まで持参しての自己申告。

「証拠が残らないように受け取れば大丈夫・・・」と、手渡しなどで受け取り、受け取っても役所に申告しない受給者もいるようですが、保護費は税金。

 

生活保護という制度自体も、自立を前提とした一時的な措置ですので、世間様に恥ずかしい行為であることは間違いありません。

 

■どうやって元夫から生活費を支援してもらったらいいの?

 

一緒に暮らしているとき、彼はどんなところにお金を使っていましたか? 衣・食・住のほかにも、ギャンブル、娯楽など目に見えないものにお金を使う人もいますよね。

 

もし彼が自分のお小遣いを減らして、家族旅行や子供へのプレゼントを優先していたような方なら、生活費の相談ができるでしょう。

 

そして相手に生活費を出してもらいたいと思たっとき、それだけの資金や能力があるかどうかも冷静に判断してください。また互いの関係が凍結しているのに生活費を要求するのは難しい事です。

 

まずは今の状況や、生活費がなぜ必要なのかを話し合い、信頼を得たうえで金銭のやり取りに進みましょう。

 

☆まとめ

 

離婚する前から生活費の算段つけておきましょう。もし子供を将来大学まで行かせたいと思ったら、それこそ長期的な将来設計が必要となってきます。

 

しかし自分が病気になったり、働けない体になったときは、頼れるのであれば元夫にお金の相談をするのも1つの判断。もちろん一時的な生活保護の受給だって、選択肢の1つに入れておきましょう。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

タグ: ,