ライフスタイル

離婚に向けての意思表示。離婚通知書とは?

シンママStyle編集部

 

離婚通知書とは、相手に離婚を申し込む書面のことです。離婚を進めたい場合、相手との話し合いは不可欠ですよね。しかし相手にその気がなく取り付く島もない。

 

そんなとき便利なのが離婚通知書と言う訳なんです。では、その離婚通知書。一体どうやって作成するのでしょう? またどのようなケースのご夫婦に合った仕組みなのでしょうか?

 

■離婚通知書の効力

 

離婚通知書により、まずは相手に「自分が離婚したい」という気持ちをはっきりと伝えることができます。離婚通知書の中ではあなたは「申立人」です。

 

離婚の話を切り出しても相手にしてくれない男性にはうってつけの方法かもしれません。通知書では、弁護士を通じて様々な「離婚の仕方」を相手に提案することもできます。話し合って協議離婚がしたい。共有財産についての話し合いが必要で、2人では収拾がつかないから、調停人に仲立ちをしてもらうかたちで調停離婚がしたい。

 

他にも様々な問題が離婚にちなんで絡み合ってきます。

 

それらを弁護士と整理整頓し、1枚の通知書としてまとめることによって、自分がしたい離婚の仕方を相手に提案し、相談を始められるきっかけ作りとなります。しかし離婚通知書による裁判所や役所への召喚に、強制的な効力はありません。応じてもらえなかった場合は、弁護士と再度相談しなおすことになります。

 

■離婚通知書の作り方

 

まずは弁護士事務所に相談を持ち掛ける前に、あらかじめ相談内容を整理しておきましょう。

 

話したいことがまとまったら、離婚に強い事務所を検索。ゆくゆく裁判になったら弁護士の交通費は申立人持ちですので、事務所は遠すぎない方がいいかもしれません。

 

無料相談の時点で通知書を完成させるのはまず無理です。弁護士と相談を重ね、調停を行う場合であればその内容の整理。場所、日程など決めていかなくてはならないからです。

 

夫の不貞行為・DVなど、違法行為が明確な場合、それ相応の慰謝料の金額の設定も行わなくてはなりません。相談の際に、浮気の証拠。DV被害にあった日時や相手のとった具体的な行動も、メモとして持ち込みましょう。

 

以上をよく弁護士と話し合い、さらに申し立ての理由・動機など通知書の項目にチェックを入れて行く作業もあります。

 

■こんな夫婦におすすめ

 

まずどちらかが離婚したいと思っている。それに対し相手が応じない。長期そのような状態が続いており、協議離婚などできそうもないので、弁護士を立てて調停にもっていこうと思っている。

 

こういったきっかけや考えがあれば、離婚通知書により相手を動かすきっかけを作ることができます。慰謝料が発生すると前もってわかっている離婚の場合、当事者が逃げることが多いものです。

 

具体的な例を挙げると、浮気夫の場合です。浮気や不倫による不貞行為が妻にバレ、妻が離婚したい。妻が慰謝料を請求しますと言っていた場合、話に応じない。外泊してそのまま帰ってこないなどといった行動を取ります。

 

同じようなケースで家庭内別居状態の場合でも、離婚通知書は作ることができます。

 

ですが上記にもあるように、通知書で必ずしも相手を召喚できるとは限りません。しかし通知書が届くことによって、あなたの本気が伝わり、相手が冷静になって離婚について考えるきっかけ作りにはなるかもしれません。

 

調停が話し合いだけでなく、裁判になった際、慰謝料や財産分与のその金額によって、弁護士への報酬金額も上がりますので、よく計算して調停に臨みましょう。

 

☆まとめ

 

離婚したくても踏み込めない。なかなか相手が本気で話を聞いてくれない。別居が長すぎて相手が何を考えているかわからない。そんな夫婦でも、離婚通知書から始まって、円満離婚したケースも多々あります。

 

夫婦2人で話し合うことが唯一の離婚方法ではないので、うまく使って自分らしい離婚をしてくださいね。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!