ライフスタイル

離婚歴を消すことはできる?転籍と分籍について解説します!

シンママStyle編集部

 

離婚歴を消したい、と思う人は多いでしょう。離婚をすれば、当然そのことは戸籍に残ります。離婚した後、その戸籍から抜ける方もそうでない方にも、夫婦ともにいつ誰と離婚したのかが記載されます。戸籍から抜ける方(夫が筆頭者である場合には妻になります)には、どこへ入籍したかがわかるようになっていますし、入籍した戸籍にも、いつどこの戸籍から移ってきたのかが記載されるようになっています。

 

離婚後、再婚を考えると、なるべく離婚歴は無い方が安心であるとか、離婚歴がわからないようにしてしまいたい、とか思うのもわかります。そのためにできる方法が2つあります。それが、「転籍」と「分籍」の2通りの方法です。その方法について解説します。

 

♦離婚をすると戸籍は本来どうなるの?

 

離婚をすると、例えば夫が筆頭者となっている場合、夫の戸籍欄に「離婚」」の文字が、そして離婚日と配偶者氏名が記載されます。また、この場合、妻の方は名前の横に「除籍」の文字が書かれます。

 

今は戸籍も電子化されており、「除籍」と書かれますが、それまでは、除籍された方の名前を×で消していました。離婚した人を「バツいち」「バツ2」などと呼ぶのは、これに由来しているようです。どちらにしても、双方の戸籍には、「離婚」の文字が明記されることになります。

 

♦離婚歴を消すための手段1 「転籍」

 

〇転籍とは?

「転籍」という言葉を知っていますか?転籍とは、簡単に言うと、「本籍地を移すこと」です。離婚をすると、夫婦どちらかが戸籍から抜けることになります。婚姻前の戸籍に戻るか、新しい戸籍を1人で作るかを選ぶ必要があるのです。離婚歴を残したくない場合は、本籍地を移すことで、新しく作られる戸籍には離婚歴が一切表示されなくなります。

 

ただ、離婚前と同じ市区町村に移してしまうと、本籍の欄だけが訂正されるので、離婚の文字は消えませんので注意が必要です。離婚の文字を新しい戸籍に書かれないようにするためには、他の市区町村を選ばなければなりません。

 

これは、戸籍から抜けた方だけでなく、筆頭者に関しても同じで、戸籍の筆頭者が別の市区町村に転籍した場合、新しい戸籍には離婚の文字は記載されず、除籍された方(夫か妻のどちらか)の名前も消えます。

 

〇転籍の注意点

しかし、これはあくまでも転籍をした後にできた現在の戸籍に関して、離婚歴が載っていないだけ、に過ぎません。転籍する前の除籍謄本を見れば、転籍前の事項を見ることができるため、離婚したことがわかるのです。

 

つまり、転籍をして新しい戸籍には離婚の文字が消えても、現戸籍(離婚前の戸籍)や除籍謄本(元戸籍に入っていた全員が除籍されたり転籍したりして除籍簿に移された謄本)には離婚の文字が残ります。

 

転籍前の戸籍は除籍として残され、以前の結婚や離婚、転籍情報が記載され、150年間保存されます。というのも、遺産相続などで戸籍の照会が必要になるためです。新しい戸籍には、どこから転籍になったかは記載されます。

 

そういう意味では、転籍をしても離婚歴を消すことはできず、転籍によって離婚歴が分かりにくくなった、と理解した方が良いかもしれません。相続など必要になった時には、戸籍をさかのぼって見ることが可能なのです。

 

また、子供がいる場合は、戸籍にある「子どもの父母欄」に元配偶者の名前が記載されています。せっかく転籍をしても、バツ印が消えるだけで、また子供がいるので離婚を隠すことは難しいでしょう。

 

転籍をすること自体は、とても簡単で、日本どこでも転籍先を選ぶことができ、かつ手続きも本籍地か転籍先の役所でできます。誰でも簡単にできるという意味では、一番良い方法と言えそうですが、子供がいる夫婦にはやってもあまり意味がないようです。

 

♦離婚歴を消すための手段2 「分籍」

 

〇分籍とは?

分籍という言葉は一般的にはなじみが薄いですが、戸籍を分けて独立させることをいいます。戸籍筆頭者でないことが前提になっています。というのも、筆頭者は戸籍のトップにいるため、そもそも分かれる元がないからです。

 

具体的な方法としては、離婚後、一度親元の戸籍に戻った後、離婚前の戸籍とは異なる本籍地か同じ本籍地と旧姓で分籍の手続きをします。これによって、バツ印は消えます。

 

〇分籍の注意点

分籍届を提出すると、その人が筆頭者である新しい戸籍が作られます。この戸籍には、作った時点からの記録になるため、離婚の記載はされません。

 

ただし、離婚後に実家に戻った時にできた戸籍には、離婚歴が残っており、消すことができません。分籍後は元の戸籍には戻れません。また、別の市区町村に戸籍が変わると、自分の戸籍に存在する市区町村が増えることになります。それによって、相続などの問題が発生した時に、全ての戸籍をさかのぼって集める手間がかかってくる可能性があります。

 

♦まとめ

離婚の文字を戸籍から消すことによって、新しい人生を明るく過ごすことができるきっかけにもなるかもしれません。そういう意味では、転籍などの方法は良い手段と言えますね。

 

ただ、いつか何かの形でばれてしまうかもしれない、と不安な日々を過ごすくらいなら、堂々とカミングアウトしてしまう方が楽とも考えられます。

 

子供がいる場合は、親権者でなければ、別途手続きをして子供を戸籍から外すことで表向きには隠すことができるでしょう。ただ、この場合も親権者の許可が要りますし、そう簡単なことではないようです。手続き自体は簡単ですので、必要かどうかをよく考えてみると後悔がないでしょう。

 

 

(文/ゆー 画像/123RF)

 

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!