• HOME
  • ライフスタイル
  • 貯金0でも離婚できる?答えはYESです!貯金0離婚で気を付けたい事とは

ライフスタイル

貯金0でも離婚できる?答えはYESです!貯金0離婚で気を付けたい事とは

 

離婚を考えているけれど、専業主婦で自分自身の貯金がなくて踏みきれないでいる…出来婚で勢いのままに結婚しちゃって貯金も手持ちもないけど離婚を考えているという方いらっしゃいませんか?

 

離婚経験者の私は完全に後者でした。若気の至りとはまさにこの事だと言わんばかりの勢いで結婚、もちろん貯金なんて全くなしの貧乏生活を過ごした上で離婚を決意!貯金がなくても離婚は出来ますが、その際の注意点や離婚経験者の実体験を踏まえながらお話したいと思います。

 

■離婚をする私は不幸なの?行動に移す事が大切です、よく考えて実行しましょう

 

多くの人たちは離婚を考えている状況を不幸だと思いがちですが、そうではありません。離婚をしようか悩んで行動に移せば後は忙しさで不幸を考えている暇すらありません。多くの人は考えているだけで行動に移せず、その生活や現状を我慢して過ごしているから不幸だ、辛いなと感じてしまうのです。

 

行動に移してしまえば後はいい方向に自分自身が進んでいけばいいのです。簡単な事ではないからこそ、大きな幸せが待っていると思います。

 

そして、上記でもお話しましたが確かに貯金0でも離婚はできます。ですが少なからず周りや家族の助けが必要になるでしょう。誰も頼れる人がいない場合はどうしたらいいの?と言う方も安心してください、行政でも様々な支援や援助あります。まずは離婚をするにあたり弁護士さんを雇うとなると、かなりのお金がかかってしまいますよね、そこは無料の弁護士相談会や出張会、法テラスなどを活用するのがいいでしょう。

 

また、弁護士さんにお願いせずに自分自身で出来る事はやってしまうと弁護士費用の節約になりますよね。公正証書の作成など当事者同士で行う事の出来る事はしてしまった方がいいですよね。

 

■別居期間を設ける場合と設けない場合、離婚後貰えるお金や自分自身での生活費の確保方法とは?

 

別居期間を設けるとその期間は婚姻費用の請求が可能です。離婚経験者の私は元夫には内緒で離婚の準備を進め、実家への帰省中を利用し婚姻費用は貰いながら着々と職探しや母子手当等の申請方法、友達や家族の協力を得ました。

 

この様に、別居期間を設ける事ができれば金銭的に多少は困る事はなく離婚準備が進められます。

 

ですが、別居期間を設けずに離婚をしてしまう事でもメリットが存在します。1番は元夫とすぐに赤の他人になる事ができ、お母さん自身のストレスを軽減する事ができますよね。

 

また、離婚する際にどうしても住居を借りる費用が準備できない、実家など頼れる人が場合いないは住んでいる地域の母子寮など行政的支援を考えましょう。母子寮ではお母さんへの就労支援や子育て相談、お子さんには年齢に合わせた教育をしてくれます。そこで生活が安定するまでお世話になるというのも一つの手だと言えますよね。

 

また、養育費や慰謝料など元パートナーからいただけるものは受け取るのがお母さん、そしてお子さんの将来の為になります。

 

また行政では無利子での貸し付けなども行っており、審査は色々ありますが(一世帯に1回まで等)他の金融機関で借りるよりも良心的に借りる事ができます。この様な支援を利用し、お子さんとの生活を整えていくのもいいですよね。

 

そして、ひとり親家庭のお母さんには母子手当(現 児童扶養手当)が支給されます。月額満額¥42,500で金額は毎年多少の変動がありますが、受け取る事ができます。今までは年に3回、4月、8月、12月の支給でしたが、2019年11月分からは年6回、1月3月5月7月9月11月の支給に変更になると厚生労働省から発表されており、より生活費として活用しやすくなります。

 

一人でお子さんを育てるのは多少の努力ではできません、ですが周りの助けや行政の支援を上手く活用し楽しい子育てができるといいですよね。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

 

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!