離婚すると、子供の相続権はどうなるの?

離婚によってシンママになった場合、元夫が亡くなったら相続権はどうなるのでしょうか?夫婦は別れてしまうと他人になりますが、子供にとっては親であることに間違いありません。それなら父親が亡くなれば、相続権はあることになりますよね。色々ルールがあるようですから調べてみましょう。

タグ: ,

 

離婚によってシンママになった場合、元夫が亡くなったら相続権はどうなるのでしょうか?夫婦は別れてしまうと他人になりますが、子供にとっては親であることに間違いありません。それなら父親が亡くなれば、相続権はあることになりますよね。色々ルールがあるようですから調べてみましょう。

 

■相続人とは?

 

相続人というのは法律で定められていて、法廷相続人と言います。婚姻関係にある場合、被相続人(亡くなった妻か夫)の配偶者は法定相続人ということになります。あくまで正式な婚姻関係であって、事実婚では相続人の資格はありません。夫婦に子供がいなければ、配偶者のみが相続人となります。

 

◆子供がいる場合

被相続人に子供がいる場合は、その子は第一順位の相続人ということになります。子は直系卑属の親族であって、子が既に亡くなっている場合は、子の子が代襲相続人となって遺産を相続できます。つまり孫に引き継がれるということですね。

 

また子は胎児や非嫡出子も含まれ、非嫡出子に関しては、認知された非嫡出子のみが相続権を得ることができます。

 

◆直系卑属(子や孫)がいない場合

被相続人に子や孫がいない場合は、父母や祖父母が第二順位の相続人となります。

 

◆直系卑属(子、孫、父母、祖父母)がいない場合

被相続人に子や孫がいなくて、父母や祖父母が既に亡くなっている場合は、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の相続人となります。兄弟姉妹が亡くなってしまっている時は、兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲相続することになります。

 

◆第一順位である子には代襲相続⇒再代襲がある

子が亡くなっている場合は孫に相続権が移り、その孫の子へと相続権が移っていきます。

直系である限り再代襲が認められています。第三順位である兄弟には再代襲はありません。甥や孫の後はないということです。

 

■離婚した元配偶者は相続人にはなれない

 

一般的に考えられる相続権の例は、夫が亡くなった場合、遺産は妻が1/2、子が残りの1/2を人数分で分けます。それが離婚によって、元妻には相続権が与えられていません。

 

相続権はあくまで直系に有利なようにできていますね。離婚後でも子供に相続権が与えられるのは、シンママにとっては有難いことかもしれません。例え自分に相続権がなくても、子供には遺産が分けられるのですからね。

 

元妻には離婚時に財産分与というものはありますが、それは婚姻時に二人で築いた財産を分けるということです。子供に相続権があっても、シンママにすれば何かモヤモヤ感が残りますよね。

 

婚姻時には、妻として母として頑張ってきたのですから…。もし元夫が再婚をすれば、その配偶者に相続権があるということになります。

 

婚姻関係が長くて、ずっと夫を支えてきた後の離婚なら、やはり納得がいかないという気持ちになるのではないでしょうか! 法律は時に敵になったり、味方になったりするように思えます。

 

■まとめ

 

私の近しい人は、子供達が巣立った後に離婚を決意しました。傍から見れば何の問題もないような家庭に映っていたのに、原因は定かではありません。只舅が頑固な人で、世話をするのも大変だったこと、夫が我が道を行く人だったことなど様々な要因が重なっていたようです。

 

これから二人で第二の人生を!という時に、離婚をするというのは余程のことがあったのでしょう。その後元夫は再婚し、血の繋がらない子と孫が入り浸っています。元夫には実子もいますから、相続で揉めることがないように遺言書を書いているそうです。相続権がなくても、遺言書があれば相続権を得られる場合はあります。

 

時々聞く話ですが、ペットの犬や猫に財産を残す為に遺言書を書く人がいます。今の世の中、「子は鎹(かすがい)」より「ペットは鎹」なのでしょうか?

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,