• HOME
  • ライフスタイル
  • 離婚する時に問題になる住宅ローン連帯負債。どうやって解決するの?

離婚する時に問題になる住宅ローン連帯負債。どうやって解決するの?

離婚するとき大きな問題になる住宅ローンの連帯負債。夫婦一緒に組んだ住宅ローンは、離婚するときどのように返済していく事になるのでしょうか?

タグ: ,

 

結婚と同時に住宅購入。共働きだから住宅ローンはペアローンにしてスパッと返済してしまおう!そんなポジティブな気持ちで申し込んだ連帯負債。でも離婚しようと思った時にすご~く邪魔になるんですよね。

 

ペアローンが原因で、離婚話がうまく進まないケースも? 詳しく見て行きましょう。

 

■基本、放棄できないローンの連帯負債

 

夫婦2人でそれぞれが債務者となるいわゆる「ペアローン」。最近は夫婦共働きが増えていますから、住宅購入の際にペアローンで購入したという夫婦、多いのではないでしょうか?

 

ペアローンの利点は何といってもそれぞれがローン減税を受けることが出来ることですよね。また、借入額も1人でローンを組むケースよりも、多くの金額を借り入れることが出来ます。しかし2人が離婚するとなると、このペアローンは邪魔になります。2人が債務者である以上、別れた後も2人でローンを返していくのが原則です。

 

■債務を逃れる事が出来るケースは?

 

債務を逃れることが出来るのは、債権者、つまり銀行側がOKを出した時のみです。ですがカンタンに債務が無くなるという訳ではありません。

 

①自分と同等の返済能力を持つ保証人を立てる

②住宅ローン金額と同等価値のある担保を用意する

 

以上のどちらかの条件が必要です。しかも銀行の目はシビアです。保証人に関しては、きちんと返済まで安定した収入を見込める人物でなければ査定が通りません。

 

担保に関してのハードルも高く、簡単に債務を帳消しにすることは難しいと言えます。銀行との交渉に弁護士のお世話になるケースが多数と言えます。

 

では、自宅の売却を行って残りの債務を帳消しにする方法はどうでしょう? これにも2つの方法があります。

 

①一般売却

一般売却とは、普通に住宅を売却に出す事です。

これにも審査や条件があり、まずは残債務をその売却金で返済できる、もしくは売却金で残債務を消化できないいわゆるオーバーローンでも、現金で残りの金額を返済できるという見通しがついている時です。

 

 

②任意売却

任意売却とは、自宅を売却してもまだ尚オーバーローンが残っており、その金額を現金で返済することが出来ない場合に取る売却方法です。

 

任意売却の際には、債権者(銀行側)との相談をして、売却とオーバーローンの返済プランについて決めていく事になります。

 

以上が自宅を手放すことで債務やローンを軽減する方法です。

 

ですが注意したいのが、任意売却した後のリスクです。任意売価をした後の一定期間は、カードーローンなどの借り入れが出来ません。ブラックリスト者となるからです。任意売却後のマネープランも、しっかりと立てておきましょう。

 

■離婚の話がうまく進まない夫婦も

 

連帯負債が原因で、なかなか離婚話が進まないケースもあります。「売却方法は?」「査定後の売却金額が安すぎる」「オーバーローンになってしまう」そんな話ばかりしているうちに、肝心の養育費や慰謝料、その後の住まいの事についての話し合いに進めないのです。

 

離婚の準備期間を設けて、仕事や育児を考慮した離婚するタイミングを逆算していたとしても、離婚話の題材によっては相手の出方を予測できない事もあります。

 

連帯負債の場合は自分であらかじめ自宅の売却金額やオーバーローンにならないための経済計画、後腐れない解決方法を入念に仕込んでおく必要がありそうです。

 

☆まとめ

 

結婚した時はメリットだらけ。離婚するときはものすごくお荷物な連帯負債。夫婦2人で決めたことだから、出来れば2人で解決したいですよね。

 

離婚する際にはきちんとした相談が必要な問題です。ぜひ2人が冷静に話し合いができる環境で、話を進めて行きたいものですね。

 

 

(文/namiki 画像/123RF)

 

 

 

 

タグ: ,