ライフスタイル

借金も離婚の時に財産分与されるの?

シンママStyle編集部

Weight Scale, Balance,

 

離婚の際に、共有財産をそれぞれの持分割合に応じて生産する「財産分与」。しっかりと自分がもらうべき分はもらっておきたいところですが、実は借金も財産分与の対象となります。

 

ただ、夫がギャンブル依存や事業の失敗などで多額の借金を抱えてしまっている場合は、ときにはこれが離婚そのものの原因となりうるのに、財産分与で返済義務の一部が自分にも残ってしまうのだとしたら理不尽に感じてしまうと思います。

 

また、住宅ローンやカーローンが残っている場合も、財産分与における残債の扱いについて知っておきたいところ。今回は、財産分与における借金の扱い方についてお話ししていきたいと思います。

 

  • 財産分与とは

 

財産分与とは婚姻中に夫婦で築き上げた共有の財産を、離婚等で別離するに伴い分割することです。結婚してから協力して得た収入で購入したものであれば、たとえ夫名義の車や家であっても妻に分与されます。

 

一方、結婚前から所有していた車などについては共有財産とはみなされず、分与の対象とはなりません。

 

財産分与の割合は、財産への貢献度によって左右されます。ただ、原則では夫と妻それぞれ1/2ずつの割合となります。夫と妻の収入割合が異なったり、妻が専業主婦をしたりしている場合でも、家事分担による支えがあっても収入とみなされ、基本的には同等の割合となります。

 

  • 財産分与となるかどうかは「家族のため」に負った借金であるかがポイント

 

借金も財産分与の対象に含まれますが、全ての借金が分与されてしまうわけではありません。その借金の理由が、生活費の不足を補うためや、家族で使うための車・家のローン、子どもの学費などに充てるためであるような「家族のため」であれば、財産分与の対象となります。つまり、夫婦の共同生活のために負った借金であるかどうかがポイントです。

 

一方、夫のギャンブルや個人的な買い物、事業投資などに対する借金は、家族の生活のために負った借金ではないため、妻には分与されません。結婚前からの借金についても、同様の理由から分与の対象とはなりません。

 

  • 借金はプラス分の財産から控除されるのが原則

 

基本的には、借金は負債の状態のまま分与はされません。全ての分与すべき財産を洗い出し、まずはプラスの分から借金を清算します。そして、残った財産を割合に応じて分けるという形になります。

 

もしも、借金が財産を上回る場合は、そのオーバーローン状態の資産については分与されないというのが原則です。この場合は、借り入れたほうが今後も返還義務を負うという形になります。

 

財産分与に伴い、オーバーローン状態の不動産や車などの所有者が、現在のローン契約者と異なってしまう場合は、今後のトラブル防止のために返済義務者の変更手続きを取っておくのがオススメです。

 

  • オーバーローンも分与したい場合は

 

基本的に、夫婦の協議による財産分与について制限はありません。お互いが合意の上であれば、現時点で返済しきれないローンについて、今後も分担していく取り決めを行うことも可能です。

 

ですが、双方の合意がまとまらず調停に委ねようとする場合、現在の法律では、やはりオーバーローン状態にある資産は離婚によって分与されないという考え方が原則であるため、離婚調停や審判では認められないのが原則です。

 

ただし、実は住宅ローンなどの共有財産に対する負債などに対する考え方については、見解が分かれているのも事実。分割しないことで著しく不公平になる場合や、お互いが残債務の分割に納得している場合は、離婚後の紛争調停においては認められるケースもあります。

 

  • まとめ

 

借金の理由が夫の個人的な浪費によるものであれば、離婚後に妻に返済義務が付与されることはありません。ただ、家族で使うための住宅ローンやカーローンについては、離婚後のトラブルにもつながるので今後の返済義務などについては明確にしておきましょう。

 

 

(文/こまち 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!