離婚を考えると頭痛がする、、離婚問題を早急に解決するには?

今回は離婚問題が原因で引き起こされる頭痛の原因やその解決法、離婚する際に気を付けたいポイント等をお話したいと思います。

タグ: ,

 

離婚について考え始めると頭が痛くなってしまいますよね。すんなり話が進んでいるならまだしも、相手と揉めてしまったり離婚を拒否されてしまうと頭痛がするほど悩み、体調を壊してしまう可能性もあります。

 

ストレスと頭痛や対象不良は密接に関係しており、頭痛と一言でいってもたくさんの種類があります。その中でも、離婚問題でのストレスが原因で引き起こされる頭痛は慢性頭痛と言っていいでしょう。慢性頭痛とは、機能性の頭痛で緊張型頭痛 片頭痛の両方が含まれており、その中には体質的要因のほかにも心理社会的要因(ストレス)が原因のものも多いとされています。

 

そこで、今回は離婚問題が原因で引き起こされる頭痛の原因やその解決法、離婚する際に気を付けたいポイント等をお話したいと思います。

 

■離婚問題による精神的ストレスからくる体調不良とは!?離婚が成立すれば治るのか…

 

離婚を経験した事のある方や、夫婦生活において不満を感じている方なら一度は経験した事のある事だと思うのですが、日頃の生活や夫に対するストレス、また離婚の話し合いが上手く進まない時などに体調不良や頭痛を感じた事はありませんか?

 

それは慢性頭痛と言って立派な頭痛になるんです。上記でも説明した通り頭痛とストレスは密接に関係しており、離婚問題で感じているストレスや夫婦生活で感じている夫へのストレスが蓄積されて体調不調を起こす方も少なくありません。

 

ですが、この様なストレスは簡単に解決できるものではありません、出来るものならとっくに解決していますよね。これは離婚が成立したからと言って解決されるものではなく、夫婦生活で不満に思っている事を夫が直してくれたら治るものでもありません。

 

離婚が成立しても、お子さんがいる場合は養育費や慰謝料など金銭が絡んでくると話し合いが長引く可能性がありますし、夫が嫌な所を直してもまた次から次に気になる所がでてきますよね。

 

この様に、夫婦生活で生じるストレスの原因は相手側が一方的に悪いわけではなく、自分自身もある程度相手を許容する事が必要になってきます。

 

自分自身が変わる事により、相手が変わってくれる事を望むのもいいですが、そもそも人と付き合うという事はその人に変わる事を望んでいるのではなく、ありのままのその人と付き合うという事でもありますので、今一度自分の体調と相談しながら考えてみるのもいいかもしれません。

 

■離婚をする際に気をつけておきたいポイントとは?これだけは押さえたい大切なポイント!

 

離婚経験者の私が離婚をする際にとても大切だなと感じたこと、それは養育費です。現在の日本では養育費を払っている割合はおよそ2割だとされており、「元夫の逃げ得」状態というのが現状です。

 

公正証書があれば元夫側の給与の差し押さえが出来るというのは皆さんももう知っていますよね。ですが実際にこの方法をとろうと考えると、とてつもない時間の浪費と体力を消耗してしまいます。そして、元夫の居場所が分からなければ元夫の住んでいる地域の家庭裁判所が把握できませんので、まずは居場所探しから始まります。

 

ですが最近では養育費支払い保証サービスを実施している会社や、市が養育費を立て替えて支払い、委託会社に養育費の回収を依頼するという制度も実施されています。

 

実際に、養育費は支払っていないのに平気で新しい家庭を築いている人や、子供の事を完璧に忘れて独身に戻ったように楽しんでいる人が多いのも事実です。子供の貧困が問題になっている今、新しい制度や離婚時の養育費の取り決めをしっかりと行うことがお子さんの為、自分自身の為になるのではないかと思います。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

タグ: ,