離婚時の贈与税を考える前に、夫婦間の贈与って?

税には様々な種類があって、生活していく上で必ず納めなくてはならないものです。市税や固定資産税、自動車税などは身近な税ですが、贈与税というものは余り馴染みがありません。けれど、知らずに贈与税の対象になることを行っている場合があるようです。離婚時にも関わってくる贈与税ですが、今回は夫婦間の贈与について調べてみましょう。

タグ: ,

 

税には様々な種類があって、生活していく上で必ず納めなくてはならないものです。市税や固定資産税、自動車税などは身近な税ですが、贈与税というものは余り馴染みがありません。けれど、知らずに贈与税の対象になることを行っている場合があるようです。離婚時にも関わってくる贈与税ですが、今回は夫婦間の贈与について調べてみましょう。

 

■贈与税とは?

 

贈与とは、贈与者が財産の一部を無償で相手に贈ることを言います。そして貰った相手つまり受贈者が課せられる税金を贈与税と呼びます。お金や不動産を無償で贈ることで、一定金額以上の贈与に対しての税金です。

 

■夫婦間の贈与って?

 

贈与という意味と税金が伴うのも分かってきましたね。一定の金額は110万円のことで、それ以上だと贈与税の対象となります。そうなると妻は夫から生活費を貰っているわけですから、贈与税が掛かるのか?となりますね。でもそれは大丈夫なのですよ!

 

夫婦間の特例として、生活費や教育費に贈与税は掛かりません。特例の内容は、「夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者からの生活費や教育費に充てるために取得した財産で、通常必要と認められるもの」となっています。

 

110万円ということは、月10万円でもうオーバーしてしまうということですものね。贈与税の対象とならないというのは、もっともだと思えます。

 

この他にも結婚生活が20年以上経っている夫婦の間では、不動産の贈与に特例があって2,000万円までは贈与税が掛かりません。

 

自宅を購入するための資金を贈与したとしても掛からないのはラッキーですよね。このように夫婦間の贈与には特例がありますから、しっかり把握しておきましょう。

 

■夫婦間の贈与で注意する点

 

◆余り高価な物は贈与の対象になる

生活費や教育費は贈与になりませんが、夫から妻に高価な宝石などをプレゼントした場合はどうなるのでしょうか?どうもこのケースでは贈与税の対象になるようです。つまり110万円以上の宝石などをプレゼントした時には贈与となります。

 

◆内縁関係の場合

内縁関係は夫婦とみなされませんから、特例を受けることはできません。生活費や教育費であっても、年間110万円を超えると課税対象となります。

 

◆妻が自分名義で貯金していた場合

お金でも貴金属でも年間110万円を超えなければ贈与にはなりません。では妻が夫に内緒でへそくりをしていた場合は?年間110万円以上貯金をしていたら、贈与となるのでしょうか?この場合も贈与にはなりません。何故なら夫が知らなかったということは贈与ではないからです。贈与はあくまでプレゼントするという意味合いですからね。

只せっかく貯めたへそくりも、夫の死後、財産の対象となって相続税の課税対象となります。法を知らないと、「骨折り損のくたびれ儲け」になるかも~です。

 

■贈与税を申告しなかったら?

 

110万円を超えたのに申告しなかったらどうなるのでしょうか? 知っていて税金逃れをする場合と、全く知らなかった場合がありますが、不動産や貯金は税務署には筒抜けだと理解していた方が良いでしょう。

 

貴金属など物品の場合は知られることは少ないですが、申告義務はありますね。もしも無申告が発覚すれば、無申告加算税というのが課税されます。

 

■まとめ

 

如何ですか?夫婦間の贈与って特例や非課税枠があって、ラッキーな面もありますね。でも離婚を考えている人には、この贈与税はどう影響してくるのでしょうか?

 

離婚をして、元夫の財産を分けて貰うと贈与税というものが発生するのでしょうか?これは掛からないというのが答えになりますが、又色々な制約も出てきます。

 

離婚後は贈与ではなくて、財産分与という形になります。次回財産分与について詳しく調べていきましょう。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: ,