離婚相談は市役所で出きるのでしょうか?

市役所は様々な手続きで利用する頻度が高いですし、公的な書類なども必要となってきますから利便性も良いでしょう。今回は、市役所での離婚相談について調べてみましょう。

タグ: , ,

 

離婚について悩んでいる時、身近な人に相談するのもいいですが、やはり明確な判断や法的な知識を得るには、専門家に相談するのが一番です。

 

最近では、離婚カウンセラーがいるNPO法人などに相談する人も増えていますが、市役所の無料相談を利用するのが手っ取り早いかもしれません。

 

市役所は様々な手続きで利用する頻度が高いですし、公的な書類なども必要となってきますから利便性も良いでしょう。今回は、市役所での離婚相談について調べてみましょう。

 

■市役所の窓口での離婚相談とは?

 

市役所の中には、「無料の法律相談」を行っている所が多く見られます。法律に関することであれば、様々な身の上相談をすることもでき、離婚問題では、原因となるDVや浮気などの相談も可能です。予約が必要となってきますので、事前に問い合わせをし、日時をしっかり確認しましょう。広報誌にも相談に関する情報が記述されています。相談時間はほとんど30分以内に設定されていますから、相談したい内容を書き留めておくとスムーズに進めることができます。

 

相談時間が短い為に、本題に入る前に終わってしまうことも考えられます。市役所での無料相談は、あくまで入り口にすぎませんが、アドバイスを受けることで方向性を決める指針になる筈です。

 

■市役所で相談する注意点

 

相談するには電話予約が必須ですが、直ぐにでも相談したいがために訪れる人がいます。これはルール違反ですし、予約は必ず取らなければなりません。

 

そして予約を入れていたとしても、遅刻をすることで相談ができないケースもあります。無料相談ができるということで、早くから予約を入れたりして、スケジュールは直ぐに埋まってしまいます。予約時間は厳守するのがマナーでもあります。

 

◆相談にのってくれる人とは?

市役所での相談を行ってくれる人は、ほとんど弁護士でカウンセラーの場合もあります。

勿論離婚問題の知識はありますが、弁護士には専門分野というものがあって、必ずしも離婚問題に精通しているとは限りません。法律相談という窓口ですから、離婚以外にも様々な問題の相談に乗るわけです。

 

自分が思っているような答えが返ってこないかもしれませんが、それは仕方がないでしょう。離婚の決断によって、正式に弁護士に依頼することになれば、その時に離婚問題に詳しい弁護士を選べばよいでしょう。

 

離婚と一口に言っても、親権、不動産、訴訟問題など、色々な専門分野に分かれます。相談する弁護士の専門的な知識によって、どのように経過していくのかは相談者も未知かもしれませんね。そんな方法があったのだ!ということもありますからね。

 

■市役所以外で気軽に相談できる所

 

市役所の無料相談以外にも、ひとまず相談できる所はあります。

 

◆メールで無料相談する

ネットで検索すると、メールで離婚問題を相談する所が幾つか出てきます。

文章を書くのが得意な人には適していて、相手に上手く伝われば判断材料になります。

けれど上手く伝わらない場合は、相談した意味がないかもしれません。

言葉のチョイスは難しいですから、メールでは伝わりにくいのでしょう。

 

◆電話で無料相談する

メールが難しい場合は、やはり電話相談が伝わりやすいでしょう。

離婚問題を無料で電話相談できる所も幾つかあるようです。弁護士事務所でも24時間対応している所があって無料で相談できます。

電話なら顔を見られることもありませんし、要点だけを聞くことも可能です。

面談するとどうしても感情が露わになってしまうので、ポイントだけというのは難しくなります。その点電話の相談なら、相手に表情をみられることもないですからね。

取っ掛かりには、電話相談も有効です。

 

 

■まとめ

市役所では様々な法律相談を行っているようですね。私の区では、広報誌で詳細に情報を開示しているので、利用者も多いようです。

 

まずは市役所の無料相談を受けてから、本格的に弁護士を依頼する人が少なくないです。

 

今の時代はネットで知識を知り得ることも可能ですが、専門的な分野になると難しいです。アドバイスを得る意味としては、市役所の無料相談は心強いでしょう。

 

 

(文/たぬこ 画像/123RF)

タグ: , ,