ライフスタイル

離婚すると相続関係はどうなる?

離婚によってシングルマザーになった場合、元夫が亡くなったら相続権はどうなるのでしょうか? 夫婦は別れてしまうと他人になりますが、子どもにとっては親であることに間違いありません。それなら父親が亡くなれば、相続権はあることになりますよね。いろいろルールがあるようですから調べてみましょう。

■相続人とは?

相続人というのは法律で定められていて、法廷相続人といいます。婚姻関係にある場合、被相続人(亡くなった妻か夫)の配偶者は法定相続人ということになります。あくまで正式な婚姻関係であって、事実婚では相続人の資格はありません。夫婦に子どもがいなければ、配偶者のみが相続人となります。

◎子どもがいる場合

被相続人に子どもがいる場合は、その子は第一順位の相続人ということになります。子は直系卑属の親族であって、子がすでに亡くなっている場合は、子の子が代襲相続人となって遺産を相続できます。つまり孫に引き継がれるということですね。

また子は胎児や非嫡出子も含まれ、非嫡出子に関しては、認知された非嫡出子のみが相続権を得ることができます。

◎直系卑属(子や孫)がいない場合

被相続人に子や孫がいない場合は、父母や祖父母が第二順位の相続人となります。

◎直系卑属(子、孫、父母、祖父母)がいない場合

被相続人に子や孫がいなくて、父母や祖父母が既に亡くなっている場合は、被相続人の兄弟姉妹が第三順位の相続人となります。兄弟姉妹が亡くなってしまっている時は、兄弟姉妹の子である甥や姪が代襲相続することになります。

◎第一順位である子には代襲相続⇒再代襲がある

子が亡くなっている場合は孫に相続権が移り、その孫の子へと相続権が移っていきます。直系である限り再代襲が認められています。第三順位である兄弟には再代襲はありません。甥や孫の後はないということです。

■離婚した元配偶者は相続人にはなれない

一般的に考えられる相続権の例は、夫が亡くなった場合、遺産は妻が1/2、子が残りの1/2を人数分で分けます。それが離婚によって、元妻には相続権が与えられていません。

相続権はあくまで直系に有利なようにできていますね。離婚後でも子どもに相続権が与えられるのは、シンママにとってはありがたいことかもしれません。例え自分に相続権がなくても、子どもには遺産が分けられるのですからね。

元妻には離婚時に財産分与というものはありますが、それは婚姻時に二人で築いた財産を分けるということです。子どもに相続権があっても、シンママにすれば何かモヤモヤ感が残りますよね。

婚姻時には、妻として母として頑張ってきたのですから…。もし元夫が再婚をすれば、その配偶者に相続権があるということになります。

婚姻関係が長くて、ずっと夫を支えてきた後の離婚なら、やはり納得がいかないという気持ちになるのではないでしょうか。法律はときに敵になったり、味方になったりするように思えます。

■相続するのはプラスの財産とは限らない

「遺産を相続する」と聞くと、何となくまとまった大金が入ってくるようなイメージを持ってしまいますが、必ずしもそうとは限りません。相続される遺産のなかには、借金も含まれる可能性があります。

つまり、元夫が借金にまみれていたとしたら、その負の遺産が子どもに相続されてしまうのです。

ただし、この相続を回避する方法はいくつか存在します。まずは「相続放棄」をしてしまうことです。相続をそもそもしないと意思表示をすることによって、プラスの財産も得られなくなりますが、借金も背負う必要はなくなります。

ただ、相続放棄をしても負の遺産は消滅するわけではなく、ほかの人に相続権が移りますので、そのあたりの人間関係には注意しましょう。

また、「限定承認」をするのも手です。これは、相続した遺産の範囲内のみで借金を相殺すればいいという方法です。この方法は、相続したもののうちどうしても手放したくないものがある場合に有効です。

例えば借金が3000万円で、プラスの遺産が500万円相当の貴重な芸術品だったとします。この場合、3000万円の借金の返済に対してこの芸術品を当てれば、残りの負債は追わなくていいというものになります。ただし、もし自分の貯金などのなかから、この芸術品の価値相当の500万円を納めることができれば、この芸術品を手放さないという選択も可能です。

このように、借金などの相続に対してはさまざまな手段がありますが、事前放棄などはできないため、あくまでもそのときになってから対応する必要があります。相続の開始を知った日から3カ月以内に、単純承認・限定承認・放棄のいずれかを意思表示しなければなりません。

これをせずに期限が過ぎてしまうと、相続権はまた別の人に移ります。そうなると、関係者がどんどん増えてより大きなトラブルにつながることも考えられますので、早めの対処を心がけましょう。相手家族との交渉でトラブルが起きそうな場合は、弁護士に間に入ってもらうことも可能です。

■まとめ

筆者である私の近しい人は、子どもたちが巣立った後に離婚を決意しました。傍から見れば何の問題もないような家庭に映っていたのに、原因は定かではありません。舅が頑固な人で、世話をするのも大変だったこと、夫が我が道を行く人だったことなどさまざまな要因が重なっていたようです。

これから二人で第二の人生を!というときに、離婚をするというのは余程のことがあったのでしょう。その後元夫は再婚し、血のつながらない子と孫が入り浸っています。元夫には実子もいますから、相続で揉めることがないように遺言書を書いているそうです。相続権がなくても、遺言書があれば相続権を得られる場合はあります。

(文/たぬこ、千尋 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!