• HOME
  • ライフスタイル
  • 住まいがない??ちょっと待って!離婚をする前に準備しておきたい四つのこと

ライフスタイル

住まいがない??ちょっと待って!離婚をする前に準備しておきたい四つのこと

シンママStyle編集部

 

皆さんは衝動的 感情的になる事はありませんか?子育てにおいても感情的になるのは良くないとされており、それは生活をしていく上でもとても大切な事になりますよね。

 

離婚を考えている皆さんも一度冷静になって考えてみると、離婚するほどではないかもしれない、私にも悪い所があったのかもしれない…、と感じるかもしれませんよね。それでも離婚する!と意志の変わらない方はしっかりと計画を練って準備期間を設けましょう。

 

生活をしていく上で大切な衣食住 着るもの食べるもの眠る場所、そして生活をしていく上で大切なものはお金ですよね。お金が全てではありませんが、お金が無いと食べるものも洋服も住む家さえも借りる事ができません。

 

そこで今回は離婚をする上で考えたい五つの事をお話させて頂きます。

 

■仕事探しに保育所探し 離婚経験者の私が実際に経験した離婚までの道のり

 

離婚を考えている皆さんはすでに離婚準備や職探し、今住んでいる家を出るなら新しい住まいを探したりと着々と準備されているかと思います。

 

ですが、実際に離婚を経験した私が苦戦した手続きや出来事など実体験を含めてお話したいと思います。

 

離婚を決めた際、幸運な事に私には頼れる実家がありました。離婚理由はよくあるDVで、すぐに離婚する事ができました。その時は別れたい一心、離れたい一心で協議離婚(と言っても元夫には半ば無理やり離婚届を書いてもらいましたが…)公正証書無し、養育費の支払いは口約束のみでした。

 

もちろん、この時に公正証書の作成も考えましたが公正証書を作成しても払わない人は払わないですし、給与差し押さえをしても会社をバックレてしまえば終わりなので作成はしませんでした。

 

そして次は職探しです、もともとお仕事をされている方は心配いりませんが専業主婦の方が仕事を探して一人で育てていく事は簡単な事ではありませんよね。

私も学校を卒業後すぐに結婚し専業主婦でしたので、社会人経験0の資格も何もないまま世にでました(笑)。

 

そこでまず苦戦したのが言うまでもないですが職探しです。様々な職場を転々とした結果、最終的に飲食店の事務員という形で落ち着き理想と現実とのギャップに戸惑ったのを覚えています。そこから保育所探し等を進めていくわけですが、実家でお世話になっていると保育料や保育所に入るための点数も世帯で計算されてしまいますので、同じようにシングルマザーでアパートを借りている方にはやはり及びません。そこで、離婚をする前には①離婚時の公正証書の作成②離婚後の住まい③離婚後の働きぐち④保育所探しは絶対に考えておきましょう。

 

■母子生活支援施設や市営住宅 都営住宅も住居候補に入れてますか?まずはお子さんとの住まいを確保しましょう

 

実家や近くに頼れる方がいない場合は母子寮や市営住宅なども視野に入れてみてはいかがでしょうか?

 

児童福祉法38条により、母子生活支援施設は配偶者のいない女子又はこれに準ずる事情にある女子及びその者の監護すべき児童を入所させて、これらの者の自立の促進のためにその生活を支援し、あわせて退所した者について相談その他の援助を行う事を目的とする施設とするとされています。

 

上記にある通り、母子生活支援施設などを利用するのもまた一つの手段ではないかと思います。母子生活支援施設ではお母さんの突然の残業や休日出勤の際に保育を行ってくれる支援や、放課後や長期の休みでもお子さんの年齢にあった遊びや学習のサポートを行ってくれます。

 

母子生活支援施設に入所するためには現在住んでいる地域を管轄する福祉事務所での手続きが必要になります。また、施設利用にかかる費用は住民税や所得税の税額に応じて額が変わるようですので、是非一度考えてみてはいかがでしょうか。

 

 

(文/音葉 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!