ライフスタイル

離婚方法は4種類。

シンママStyle編集部

 

離婚をしようと思っても、なかなか同意を得られないなど、どうしたらいいかわからないということもあるかと思います。離婚する方法はいくつかあります。そこで今回は、離婚の種類についてお話します。

 

■離婚の種類

 

〇協議離婚

夫婦間で話し合いをし、離婚届を提出して離婚する方法です。

離婚する際に決めておかなければいけないことは

・子どもの親権はどちらが持つのか

・子どもの養育費のこと

・子どものとの面会交流のこと

・財産分与のこと

これらはきちんと取り決めをしておかなければ、後でトラブルになることもあります。

 

そのほかにも自分の住まいはどうするか、苗字はどうするか、仕事は?など考えなければいけないことがたくさんあるかと思います。焦らず、ひとつひとつ考えていきましょう。調停申立をする場合も同様に親権のことや養育費のことを取り決めることができるので、離婚することだけでなく、取り決めておかなければいけないことについても考えておく必要があります。

 

〇調停離婚

話し合いで決まらない場合には、家庭裁判所に申し立てをし、離婚成立すれば離婚届がなくても離婚することができます。ただし、あくまでも調停委員を通して協議するのが離婚調停なので、話がまとまらない場合は調停でも離婚が決定することはありません。

 

交代で調停室に入り話をするので、相手と直接話すことはありません。離婚調停は相手の住所地の家庭裁判所に申し立てをします。

 

〇裁判離婚

調停ではなしが決まらなければ、裁判になります。いきなり裁判で離婚を決定することはできません。必ず調停申し立てをした後に裁判になります。

 

協議離婚や調停離婚の場合は離婚理由を問われることはありませんが、裁判で離婚したい場合、法的な離婚原因が必要になります。

法的離婚原因とは

・不貞行為がある

・夫婦生活の拒否、扶養義務を遺棄など

・相手が3年以上生死不明

・相手に回復の見込みがない強度の精神病がある

・その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある(暴力、虐待、性生活の不満、配偶者の親族との不和、過度な宗教活動、犯罪行為による服役など)

 

他にも、夫婦関係が破綻し、改善の見込みがないという事実があれば離婚が認められます。

離婚調停の場合、相手の住所地の家庭裁判所に申立をしますが、裁判の場合は、自分(裁判を起こす人)の住所地の裁判所に提訴します。

 

〇審判離婚

審判離婚の大きな特徴は、相手に会わずに離婚できることです。電話会議ならば、裁判所が間に入って相手にこちらの意向を伝え、相手の言い分を聞くといったことができるので、裁判所に出向く必要がありません。

 

審判離婚は、DV被害にあって離婚したいなど、相手と会いたくない、会ってはいけない事情があるときに審判離婚という方法があります。また、相手が行方不明であるときなども審判によって離婚するという方法があります。

 

審判結果に不服がある場合には、審判書を受け取ってから2週間以内に異議申し立てをすれば、審判は失効になります。

 

☆まとめ☆

 

離婚の種類を紹介しました。基本的には二人で話し合ってお互い納得のいく形での離婚が一番ですが、紹介したように、相手が行方不明であったり、DVや虐待の被害がある場合には緊急の手段もあるということを思い出してください。また、話し合いではまとまらず調停申立を選んだとしても、調停には時間が要します。その間に環境や心情が変化することがあります。

 

どんな形で話を進めていくのがいいのか、各種方法の違いを考えて、よく検討してみて下さい。

 

 

(文/ぶー 画像/123RF)

シングルマザー向けの有益な情報をメルマガ配信します(無料)
メールマガジン登録はこちら

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyle編集部
シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!