ライフスタイル

離婚した元夫と絶縁したい! そんなときに考えるべきポイント

元夫にDVやモラハラ・浮気性などがあり、散々嫌な思いをさせられて心底嫌いになってしまうと、離婚後は一切関わりたくないと思ってしまいますよね。

とくに元夫のせいで精神疾患になってしまった場合などは、前向きに過ごすためにも完全に縁を断ち切りたいと考えることもあると思います。

今回は、そもそも「元夫と縁を切る」ことについての基本的な考え方と、縁を切る際に気をつけるべきポイントをまとめました。後半では、逆に元夫と良好な関係を築くためのノウハウをご紹介しています。

■離婚が成立した時点で法律上では他人になる

まず知っておきたいのが、離婚をした時点で法的な縁はすでに切れているということです。よく「絶縁状などを作って今後の関係を断ち切るべきでは?」と考える方もいますが、すでに縁が切れているため法的にこれ以上どうにかすることは基本的には難しいです。

◎子どもと元夫の縁を断ち切るのは難しい

夫婦の結びつき以上に、子どもと親の法律の結びつきには強いものがあります。実親に虐待やネグレクトを受け、特別養子縁組をする場合を除いて、戸籍状で親子の縁を完全に切ることはできません。また、たとえ離婚が成立していようと、子どもには親が亡くなった際の「相続権」も残されます。

親から子どもに対して相続をしない「相続排除」の手続きを取れないこともありませんが、その際、排除された相続人に子どもがいる場合は、その子どもに相続権を移されてしまうので、やはり親子間の縁を法的に完全に断ち切るのは非常に難しいことです。

◎絶縁するメリット

元夫との関わりを断てば、期日を過ぎてもなかなか支払われない養育費などにモヤモヤすることもなくなりますし、子どもの面会交流に関わる煩わしい連絡もなくなります。元夫の存在を断ち切る分、子どものために自分が頑張ろうというエネルギーもさらに湧いてくるはずです。

また、稀なケースですが、元夫が再婚により「もう子どもに会わない」と突然言ってくるケースがあります。これを聞かされた子どもはもちろん大変傷つきます。絶縁すれば、このように元夫の都合で振り回されることもなくなります。

■絶縁を選択する前に考えておくべきポイント

夫との絶縁したい場合に一番考えるべきは子どもの気持ちです。元夫が子どもに危害を加える恐れがあると認められる場合を除いて、あなたにとっては憎むべき存在の夫も、もしかしたら子どもにとっての父親は、世界で唯一のかけがえのない存在かもしれません。

それを無理に引き離すのは誰のためであるかを考えなければなりません。妻からしてみれば「あんな嫌な人間は子どもと縁を切ってほしい」と思うかもしれませんが、子どもの気持ちがおざなりになってはいないでしょうか。

子どもにとっても父親は憎むべき存在であるのかどうかを冷静に考える必要があります。また、縁を切りたいが故に養育費の支払いを拒否するのも原則アウトです。なぜなら、養育費とは子どもの権利だからです。

子どもが幼いうちは母親がそれを預かるケースがほとんどかと思いますが、本来は父親と子どもの間に発生しているお金であり、母親が勝手に支払いを拒否するのは本来は間違っています。

「絶縁のために子どもとの面会権を剥奪したら当然養育費ももらえなくなるのでは?」と思いがちですが、面会権と養育費は別物です。面会権を剥奪したとしても、相手に養育費の支払い義務は残ります。

ただ、一生子どもに会うなと言われると、養育費の支払い意欲も大きく削がれてしまうのは事実。もちろん、払わない方が悪いのですが、払わなくなった養育費を払わせるのは骨が折れます。絶縁を考える際は、このあたりのデメリットやリスクも込みで考える必要があります。

■シングルマザーの悩み、元夫が子育てに過剰な口出しをしてくる

離婚後シングルマザーになった人のなかには、元パートナーとの付き合い方に悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

親子ともに適切で円満なお付き合いを続けられるのが理想ですが、なかには元パートナーから子育てについて過剰なまでに口出しをされて困っているという方もいらっしゃるかもしれませんね。

かといって、子どもの父親はただ一人。前述したとおり邪険に扱うわけにもいきません。では、元パートナーの子育てに対する過剰な口出しはどう対処したらいいのでしょうか。

◎話し合いを重ねる

口出しをするということは、少なからず子どもを気にかけている証拠です。口を出すだけではなく育児に参加してもらい、実際どのような助けが必要なのか明確にしてあげましょう。

「ここからここまでは、父親にも子育てに参加してもらいたいけど、ここからは私と子どもの問題だ」という明確な指標がある場合は、元パートナーにしっかりそのことを伝えるのがおすすめです。

元パートナーは子どもにとってはたった一人の父親です。育児に参加してもらいながら、円滑な関係を築いていきましょう。

◎第三者に介入してもらう

・話し合いをしてもなかなか改善されない

・口出しの内容が度をすぎている

という場合は、第三者に介入してもらいましょう。元パートナーの実家との関係が良好であれば、元パートナーの両親に、そうでなければ共通の友人などにお願いするのがおすすめです。

もし自分の両親に間に入ってもらう場合は、元パートナーと両親の関係が良好なことが大前提です。関係が悪い人が間に入ると、話がこじれてしまうので注意してくださいね。

第三者に間に入ってもらう場合は、前もって間に入ってくれる人に元パートナーの言動を相談し、パイプ役の打診をしてくださいね。

◎聞き流す

話し合いでも改善が見られない場合や、子どもとの面会の少しの間だけ、我慢できる範囲内ということであれば、聞き流してしまうのも1つの手です。我慢できる範囲、子どもを思っての口出しであれば、「そういう考え方もあるよね~」と聞き流してしまいましょう。

ただし、子どもやあなたに危害が加わらないことが大前提です。危害が加えられる恐れがある場合は、弁護士や周りの人の手を借りましょう。

◎弁護士に間に入ってもらう

口出しだけでなく危害が加えられる場合や、子どもを無断で連れ出すなどといった行動がみられる場合は弁護士に間に入ってもらいましょう。親権者が母親にある場合は、無断で子どもを連れ出すと法に反する可能性もあります。弁護士に間に入ってもらい、子どもを返してもらいましょう。

それでもなお危害が加えられる、子どもの連れ去りが頻発するという場合は、最終手段として警察に相談することも可能です。しかしその場合は、元パートナーに前科がつく可能性があることを頭に入れておく必要があります。

■離婚後に元夫と良好な関係を築くためのポイントは?

離婚したあとも、子どもがいる夫婦にとっては養育費や面会交流、さらに言えば子どもの肉親であるという点で、夫婦の関係は完全に断つのは難しいものがあります。上述した通り、離婚後は元夫の顔は一切見たくないと考える女性は少なくありません。しかし一方で、離婚後に元夫と親友のように良好な関係を築いている人もいます。

仮に、今後良好な関係を続けられるとしたら、お互いをよく理解した者同士としてかけがえのない存在になれるかもしれません。また、いざとなったら子どもが頼れる親が身近にもう一人いるのは非常に心強いことです。

2018年に、元横綱の貴乃花が言った「円満で離婚する人はいない」という言葉が話題になりましたが、離婚をした夫婦が良好な関係を築くことはできるのでしょうか? ここでは、元夫と良い関係で居続けるためのポイントをまとめてみました。

◎お互いが自立していること

一度支え合っていくと決めた夫婦が、いきなり自立したもの同士として関わっていくのは簡単なことではありません。もともと身内だった相手だからこそ、甘えも出てきやすくなります。

初めは難しく感じられるかもしれませんが、お互いをもう家族ではないことを認めたうえで、程よい距離感を保つことが良好な関係を続けていくポイントです。

離婚について気持ちの整理がつかないうちは、無理に会わないのもひとつの手です。その場合は、今自分が幸せだと思えるようになってから会ってみましょう。

◎元に戻ろうとするのではなく新たな関係性を築いていく

良好な関係を築くためには、再婚を目指すのではなくて新たな関係性を構築していく気持ちが必要です。かつて仲が良かったときのように戻ったとしても、結局また同じ繰り返しになる可能性が高いです。また、一方的に未練を残している場合は、元夫が新たなパートナーを見つけたときにもう一度傷つくかたちとなってしまいます。

それよりも、夫ではない一人の人間としての関わり方を見つけていきましょう。一度は共に暮らした分、なんでも話せる良き理解者となれる可能性は大いにあります。

お互いが新たな関係性を築けたときに、もしかしたらその延長線上に再婚という選択も浮かび上がってくることもあるのかもしれません。

◎必要以上に連絡を取らない

良い関係を築くためには、離婚したことを受け入れなくてはなりません。ついつい今までの感覚で頻繁にメールや電話をしてしまったり、連絡がないことを怒ってしまったりしないように気を付けましょう。

とくに、相手にすでに新しい家族がある場合は「気がついたら自分が不倫相手になっていた……」なんていう泥沼の事態に陥る可能性も。

お互いに依存している状態ではなかなか前に進めません。一度家族という深い関係であったからこそ、良好な関係を築くためには適度に距離を取ることも大切です。

◎過去のことは水に流す

これが最も難しいのですが、離婚後に良好な関係を築くためには、これまで散々傷ついた嫌な思い出を一度水に流す勇気が必要になります。

「もう過ぎたことだからどうでもいいや」と思うことができたら、以前とは異なる素敵な関係を築けるかもしれません。そう思えるためには、離婚後の生活を幸せなものにする努力が必要になります。

☆まとめ

離婚すれば、夫婦間は割と簡単に法律上では絶縁できてしまいますが、子どもがいる場合はなかなかそうはいきません。この場合は、子どもの気持ちもしっかり組んで考えてあげることが大切です。ただ、元夫のモラハラやストーカーなどに苦しんでいる場合は、できる限り証拠を押さえて早めに警察に相談し、接近禁止命令などを出してもらいましょう。

(文/こまち 編集/シンママStyle編集部 画像/123RF)

カテゴリ:ライフスタイル

シンママStyleの編集部です。シンママStyleは毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします。

PREV

シングルマザーのための情報サイト、シンママStyleです。毎日忙しいシングルマザーのみなさんにお家探しから得する制度まで役立つ情報を毎日お届けします!